アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

WOLVES WITHIN

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「他人事は冷めたくとも済む。自分に対する考は炎を潜った鉄のようにあらねばならぬ」
By 斎藤茂吉

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*社会不適合者の、社会不適合者による、社会不適合者のための居場所
 古今東西、どんな国や社会や集団においても、ソコに合わないヤツってのは必ず一定数存在するのである。でもってそういうヤツの一部はテメェを受け入れてくれない世の中を憎むようになり、そして”坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”のメンタリティーでフツーの人等が所属するモンや好きなモンまでも否定し憎むようになるのである。ワタクシの知る限り、反ワクチン運動とか自然環境保護だとか動物愛護だとか弱者少数派地位向上とか、そういうのの過度なのにハマるヤツってのは、大概そういうヤツである。根底の部分で人間や世の中を憎んでるから、話し合いだとか折り合いだとかが付かないのである。

youtu.be

 話し合ってダメならソイツ等は排除しなければならないのかと問われたら、ワタクシの答えは「ノー」である。世の中に合わないヤツが出るのは人間ならばフツーの事であり、異論の出ない社会はフツーではないのである。こういうヤツ等に対し「言うのは自由だけど違法行為や主権侵害はダメだよ~( ̄∀ ̄)」って注意して、質問されたらこっち側の正当性をちゃんと説明できるように勉強しておいて、後はスルーするだけである。ソレが熟成した社会ってヤツであり、言論の自由の真の意義なのである。たとえ気に入らなくてムカつく言葉が多くても、そういうのが全く無いよりもずっと健全で有意義なのである。

*The他人事
 気が付いたらあと数日で東京五輪が開幕である。でもってその東京五輪の音楽作ってるヤツが【障害者の同級生相手に酷いいじめをしたとか何とか】でえらく盛り上がってるみたいであるが、コレに対するワタクシの見解は「直接の関係者でないのなら放っとけ」である。無論、SNSなり何なりで怒りを表明するのは個人の自由であるが、レコード会社なり五輪委員会なりにクレーム入れるのは違うと思うのである。加害者に対し(合法的に)復讐して良いのは、後にも先にも直接の被害者だけである。全く関係無い第三者に復讐権は無く、第三者による加害者への攻撃は「いじめっ子に対するいじめ」に他ならないのである。

youtu.be

 言っちゃ悪いが、この問題は何処まで行っても小山田ってヤツといじめられてた人の間の問題であり、第三者に口を挟む権利は無いのである。第三者に出来る事は精々小山田の作品を買わない事や、小山田が出演してるメディアのスポンサーの商品を買わない事や、小山田の出るイベントをボイコットするぐらいである。加害者が悪いからと言って加害者に対し違法行為や主権侵害をしてしまったら、ソレは加害者に対する加害であり、いじめっ子に対するいじめなのである。正義の為?古今東西、戦争やってきたヤツ等ってのは、勝者も敗者も皆テメェの事を正義だと思ってやってるのである。

youtu.be

 あの「なんでこんなヤツが音楽なんて云々」って言うけど、言っちゃ悪いがミュージシャンとか芸能人とかスポーツ選手だなんて大概そんなモンである。社会不適合でソレ以外何も出来ないからこそソレに全人生を突っ込む事が出来て、全人生を突っ込んでるからこそフツーの人には辿り着けない境地まで辿り着いてしまうのである。じゃあそういうヤツからソレを奪ったらどうなるかって、当然だけどロクな事にならないのである。ソレしかできない社会不適合者に(違法行為や主権侵害が無い限り)ソレで成り上がるワンチャンを与えられるのが、ワタクシは熟成した豊かな社会だと思う次第である。

*反キャンセルカルチャーのススメ
 小山田に対する辞任要求云々ってキャンセルカルチャーとか言うらしいけど、まぁ何ちゅーか21世紀らしい話である。ネットやSNSの進化で全く無名な個人が安全地帯から匿名で攻撃し易くなったのもだけど、一番はやっぱり「今の時代は大”憎まれっ子世に憚る”時代だから」って事であろう。自由主義が浸透して、ネットで自由に様々な配信が出来るようになると、エキセントリックで頭が切れて口の上手いヤツが型破りなやり方で成功する機会が増えて、マジメにコツコツやってきたヤツから富と名声を奪うようになってしまったのである。スティーブ・ジョブズ然り、イーロン・マスク然り、ニッポンだとホリエモン然り、ひろゆき然りである。

youtu.be

 マジメにコツコツやるしか出来ない凡人からすれば不愉快極まりない話であるが、でも相手が合法的にやってる以上は何を言っても「嫉妬乙」で片づけられてしまうのであり、その間にも成功者は資産を増やし続け、凡人の仕事やカネはドンドン奪われていくのである。ソレに対するアンチテーゼが成功者に対するキャンセルであり、法で倒せない相手に対して「正義の連帯」の元に集団で立ち向かうって事であり、ネットやSNSが連帯と共感共鳴を容易にしてるのである。正義は出身や家庭や宗教や社会や教育により変わるモンであり、極論を言えば一人ずつ違う。正義を振りかざす前に、先ずはソレを考えてほしいと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210718234131j:plain

THIS LIFE IS ALL WE HAVE

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「若さが幸福を求めるなどというのは衰退である」
By 三島由紀夫

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


スポーツカーは余裕を以って
 もうこのネタもいい加減飽きられるだろうが、マジでコレが最後だから勘弁してほしい次第である(笑)先日も述べたけど、やっぱ90年代国産スポーツカーってのは理解があって余裕のある人間が楽しむのが最適なのであり、やっぱ金銭的にも余裕的にもリアルタイムであの時代を生きた人(40代~50代)向けなのである。でもワタクシの知る限りでも、やっぱあの時代のクルマに憧れるのって、大概20代の若い子なのである。じゃあその子等がクルマに詳しいかと言われたらそうではなく、大概がアニメだとかマンガだとかゲームだとかに影響を受けて憧れた子達なのである。

youtu.be
youtu.be

 この前ネタにした盗難FD3Sオーナーも22歳とかだったから、やっぱそういう事なんじゃないかなとも思うのである。でも残念な事にマンガもアニメもゲームも、あとチューニング雑誌もチューニングショップも、90年代スポーツカーを維持する事の大変さや面倒臭さを殆ど一切語らないのである。ただ単純に「クルマは楽しいッ!」とか「チューニングは面白いッ!」とか言うだけで、ソコに潜む各種問題を一切取り上げないのである。そしてナイーブな子が貯金降ろして生活切り詰めてまで購入して、余裕が無いが故に危機管理がガバガバなソレが窃盗団の絶好のターゲットになるのである( ̄~ ̄)

知らないと恥をかくバッテリーの大問題
 こう書くと「折角の若者の夢ガー」とか「強い気持ちガー」とか言うけど、でも夢や強い気持ちがあるからと言って、考え無しに行動して良いって事じゃないのである。考え無しに行動して痛い目を見て「ソレでも○×が好きだッ!止められないッ!」っていう鋼の意志を持った若い子って実は少数で、大概はポッキリ折れてその反動で嫌いになってしまうのである。ワタクシ等オッサンはソレが分かってるからこそ、若者に熟考を促すのである。さて話は変わって、と:

何だかEUの方で【2035年からガソリンエンジン完全販売禁止になる】との事であり、新車派のワタクシの人生最後の一台はEVで間違いなさそうな状況である(笑)でもってワタクシが予想してた通り、EV路線が急加速した理由は、どうやらネックであったバッテリーの全個体電池(及びソレ以降)への移行が上手く行きそうだからっぽいのである。ワタクシは別にICEが大好きなワケでもEVが嫌いなワケでもないので、技術革新は逆に楽しみだったりするのである。

ワタクシは何だかんだ結構忙しくてニュース諸々を追うヒマが少ないので、こうやって簡潔に世界情勢を述べてくれる本は結構読んだりするのである。時折フェイクをブッ込んでくるのがアレだけど、ソコを分かってれば情報やデータそのものは有用で正確なので、参考資料として使うには便利なのである。この手の政治や社会を扱う本に関して言える事は「最後は自分の頭で考える」という事である。

衰退を受け入れよう
 話は戻って、まぁチューニング業界側やメディア側の意見も分からなくはないのである。純内燃機関(以後ICE)時代の終焉が目の前に迫ってるのに対し、チューニング業界はEVやHVに対する新商品や新サービスを提供できないままだからである。その衰退を一日でも遅らせるために、ネガティブな情報は出来るだけ出したくないのであろうが、ワタクシはソレは逆だと思うのである。良い事ばかり言って後で大変な事になった時、オーナーは「騙されたッ!」って憤慨して、その反動でアンチと化してしまうのである。

youtu.be

 車両盗難情報サイト見ればS15の盗難情報がアホほど出てる以上、S15に優先して付けるパーツは中より上のセキュリティーなのであるが、でもソレはちゃんとしたトコでやると相当に高額なのである。でもこの動画観れば分かるように、そんな事は一言も言わないのである。確かにソレ言うとビンボーなヤツには敬遠されるけど、でも長い目で見ればソレでも尚選んでくれる人の方がクルマを永く愛してくれるし、その分ショップにカネを落としてくれるモンなのである。少数で良いから理解があってカネ払いも良い客を押さえる。コレこそが衰退する産業において重要なのだと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210716234305j:plain

IN DREAMS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「伝統行事というものは面倒臭いようだが、一種のゆとりのようなもので、自然や祖先の霊と共生しているような和やかな気分にさせてくれる。しかし、これも次第に衰えたり、画一化したりして、つまらなくなっている」
By 水木しげる

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*幸運を過信すべからず
 前回ネタにした盗難されたFD3Sだけど、どうやら見つかったっぽいのである。SNSで拡散されてメディアに取り上げられて犯人が足付くのを恐れたのか、或いは犯人の手際が悪かっただけなのかは不明であるが、一つだけ確実に言える事は「このFD3Sオーナーは運が良かった」って事である。ちゅーのもコレがガチの手練れだったら、幾ら探しても見つかりっこないからである。夜が明ける前にヤードに持ち込まれて、誰にも目撃される事無くフレームごとバラバラにされて、今頃コンテナの中に積み込まれて海の上だったろうからである。

youtu.be

 あと更に幸運だと思ったのは、オーナーの取り戻したクルマの内装の写真であるが、粉末消火器をブチ撒けられてなかったトコがである。コレが手慣れたヤツの仕業だと、車外車内の指紋を消す為に車内やらエンジンルームやらボディやらに粉末消火器をブチ撒くのである。そうなったらどうなるって、粉末が隙間という隙間に入り込んで、一発廃車である。だから今回の件、オーナーはそのホームラン級の幸運に感謝すべきであり、ソレを見ていたSNSの住人はセキュリティーや保険といった危機管理を徹底すべしなのである。

*憧れは憧れのままに
 でもって今回の件で、ワタクシは自身の信念を更に強固なモンにしたのである。ソレは「やっぱ90年代国産スポーツカーは面倒臭いから(゚⊿゚)イラネ」という信念である(笑)一番新しいモンでももう20年経ってるから色んなトコのレストアが必要だし、クルマの色んな装置が古くて使い勝手が悪いだろうし、性能を出し切る為にはチューニングしなきゃだし、値段が高騰してムダに高くなってる上に、上記の盗難問題で更にカネが掛かるのである(´ヘ`;)軽くて走りは爽快なんだろうけど、ソレ以上の面倒臭さにワタクシは耐えられそうにないのである(笑)

youtu.be

 確かにゲームだとかアニメだとかマンガだとかでこの時代のクルマがカッコ良く描かれてて憧れるっちゃ憧れるのであるが、現実を見るに「余程の覚悟と気合が無い限り、憧れは憧れのままにしておいた方が賢明」ってのがワタクシの結論である。ワタクシ的には購入後の維持運用保全を考えたら現行車が一番コスパに優れてると考えるし、現行車が旧車に対して走りがつまらないのかと問われたら、ワタクシの答えは「ノー」である。結局かかる費用は然程変わらないor車種によっては旧車の方が掛かるんだから、なら新車で良いんじゃねって話である。

youtu.be

 夢が無いって言われればソコまでだが、今のワタクシにとってスポーツカーはもう「夢」ではなく「現実」なのである。現実だからこそ、現実的に考えて乗るクルマを決めてるだけの話である。だから不便でコスパの悪い旧車に興味が湧かないし、外車でも右ハンドルを積極的に選ぶのである。あとワタクシがクルマに目覚めたのは90年代が終わった後だからあの時代をリアルに追体験してないし、リアルタイムで頭文字D湾岸ミッドナイトにハマってなかったので、あの時代に対する憧れだとかいうシロモノが無いのである。

陰キャルサンチマン
 あと言っちゃアレだが、ワタクシはあの時代とあの時代のクルマを美化するヤツに余り良い感情を持ってないのである。コレは個人的見解なのであるが、あの辺りを過剰に美化するヤツってのは、概してテメェに酔ってるからである。コスパが悪くても生活切り詰めてクルマに注ぎ込む俺カッコ良い、不便で古いと分かってても好きでい続ける俺カッコ良い、絶滅危惧種であるMTを巧みに操る俺カッコ良い等々。そういう自己陶酔的ナルシスト的なトコが、ワタクシ的には気に入らないのである。

youtu.be

 まぁワタクシも人の事言えないから分かるのであるが、コレって要するに陰キャルサンチマンなのである(笑)オタクがよくやる「物事の上っ面しか見てない陽キャDQNと違って、物事を深く理解し愛する俺は尊いし偉い」的な主張する手段の一つとして、90年代スポーツカーが選ばれてるのである。でもよくよく考えてみれば、そのオタクも実は他のオタクと共感共鳴し合ってて、知らず知らずの内に「オタクとしての同調圧力」を他の陰キャにかけているのである。真に個性的な人間になるのは実に難しい、改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210714234838j:plain

RAREFORM

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「良い作曲家はまねしたりしない。盗むのだ」
By イーゴリ・ストラヴィンスキー

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*水と安全はタダに非ず
 海外のセレブやVIPがクルマに一番求めるモンは何か?答えは「防御力」である。ちゅーのもガチ格差社会の諸外国、特に途上国みたいな治安のクソ悪いトコでは、セレブやVIP及びその家族は誘拐や強盗のターゲットなのである。だからそういう国々で販売するロールスロイスとかベントレーとかベンツってのは、ニッポンには無い防弾防爆オプションってのがあって、万が一テロリストがAK-47やRPG-7を撃ち込んできたとしても耐えられる&逃げられるようにしておく必要があるのである。だから安全やライフラインの確保にかけるべき手間をかけないってのは、ソレ即ち自殺行為なのである。

youtu.be

 ニッポンだとすぐに「悪いのは犯罪者なのに、何故我々が気を付けなければならないッ!」とか「警察ガー」って言うけど、法治国家であればある程に警察の出来る事は限られてしまうのである。だから理不尽だとは思うが、警察の力の及び難いトコに関してはテメェで最大限自衛するっきゃないのである。幸いニッポンは途上国とは違って警察が腐敗していないので、適切な自衛と防犯さえできてれば犯罪に巻き込まれる確立はかなり落とせる筈である。警察や行政が保証する安全はあくまで最低限のモンであり、より良いモンが欲しければカネを払うべきなのである。

*カーセキュリティーのススメ
 何だかSNSFD3Sが車両盗難された一件がクルマクラスタの間で賑わっているが、この件に関するワタクシの意見も上記である。ひじょ~~~に世知辛い話であるが、あの時代の国産スポーツカーが「安くて速い」時代はもう終わってしまったのである。グランツーリスモワイルドスピードの影響で海外人気がうなぎ上りになり、しかも生産終了しててパーツが貴重になった今、もう昔みたいに安全に乗れるシロモノじゃなくなってしまったのである(-_-;)だから守ろうと思うのなら、ソレなりのコストをかけるしかないのである。

youtu.be

 納車されたら真っ先にクリフォードやパンテーラの上級モデルをセキュリティー専門ショップでインストールして貰って、良い保険にフルオプションでガッツリ入って、駐車場はシッカリ選んで、ソレでも盗られたら素直に諦める。90年代のスポーツカー、特に第二世代GT-RとかRX-7とかスープラとかの人気モデルを買うんだったら、このぐらいの事はしなくちゃならんのである。所謂リスクヘッジってヤツであり、安全をカネで買うというのはこういう事なのである。ひじょ~~~に世知辛い話であるが、安くて安全なモンなどこの世には存在しないと考えるのが吉である。

youtu.be

 来るかどうかも分からんクルマ泥棒の為に、ン十諭吉かけてカーセキュリティーをインストールするのは勿体無い?もしそう思うヤツが居るのなら、ソイツは安全保障の何たるかを理解してないヤツである。何も起こらないから大丈夫?何も起こらないのは警察等が常日頃から警戒してるから悪人が手を出さないだけの話であり、悪人は常に我々の中に潜んでるのである。そして我々の中に潜んでる悪党は、隙あらば我々に牙を剥いてくるのである。だからカネを払って起こりうる隙を潰すってのは、決してムダな投資ではないのである。

*純正セキュリティーと諦念の境地
 だからワタクシがメーカーに望んでるのは、メーカーの方でプロショップと同等かソレ以上のセキュリティーを純正か、或いはオプションで用意してくれる事である。純正セキュリティーが弱いのは施工法が全車同じ→1台を解析すれば全て分かってしまうからであり、ソレをプロショップがやってるのと同様に一台毎に違うようにするのである。高額なオプションになってしまうと思うが、ソレでもやる価値はあると思うのである。特にトヨタとレクサスは他と比べ盗難率が群を抜いて高いんだから、やれば良い値段で売れると思うのである。

youtu.be

 あとどんなにセキュリティーを上げても100%完璧にゃならないんで、保険という最後の砦は忘れてはならないのである。だから90年代国産スポーツカーってのはプレミアが付くのに対し保険がショボいから、ワタクシは乗りたくないのである。プレミア価格の付かない限定特別車じゃない現行モデル→車体もパーツも大して儲けにならない車種を選び、セキュリティー関係をシッカリさせて保険をガッツリかけて、万が一盗まれたら素直に諦めて下りた保険で買い換える。そういう諦念の境地が今後は重要になってくるんじゃないかと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210712234452j:plain

FORGING A FUTURE SELF

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「漫画とかアニメーションばかり見ていると、基礎になるものがなくなる。基礎がトトロでは困る」
By 宮崎駿

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*近未来(゚∀゚)キタコレ!!
 ワタクシはレースそのものには基本的に興味無いが、レーシングカーそのものは好きなのである。ちゅーのもレーシングカーってのは、未来の市販車だからである。セミMT然り、ディフューザー然り、カーボンブレーキ然り、レースで磨き上げた技術ってのは後々市販車にも活かされるから、レーシングカーを見るのは楽しみなのである。ココ最近はそういう要素が減ってきて退屈だったのが、この【プジョー9X8】見てまたワクワクし始めてしまったのである:
youtu.be
ぶっちゃけワタクシはプジョー車なんぞアウトオブ眼中だったのであるが、コレを見て将来的には考えても良くなったのである(笑)リアウィング無しでどーやってダウンフォースを獲得するのかがメチャクチャ気になるのであるが、ソレを楽しみに待つのもレースの醍醐味なのであろう。

 こういう革新的なレースカーが出る度にワクワクさせられるのであるが、今回は「WEC」「革新的なマシン」の2つのキーワードからとんでもないモンを思い浮かべてしまったのである(^_^;)日産属性のあるロンマニアの方ならば速攻で分かっただろうと思うが、日産モータースポーツ最大の黒歴史といっても過言ではない、あの悪名高い【日産GT-R LM NISMO】である:
youtu.be
だから革新的なマシンと言われても、一歩間違えばこういう事になる可能性があるって事なのである(^_^;)ただまぁ、こういう型破りな挑戦をするヤツはワタクシは嫌いじゃないのである。勝ったら「革命(゚∀゚)キタコレ!!」って楽しめるし、負けても「アイツ等マジでバカだったよなぁ~(ノ∀`)」ってネタに出来るからである(笑)

*マンガvsアメコミ
 何だか今、ニッポンのマンガがアメリカでウケていて、アメコミを駆逐しそうな勢いなんだそうである。コレには色んな理由があるけど、ワタクシはその一つに「マンガとアメコミじゃターゲットにしてる層が全く違うから、ソコに新鮮味があってウケた」と分析する次第である。アメリカじゃアメコミやカートゥーンってのは、基本的にガキかバカ向けに作られてる、いわばレベルの低いヤツ向けの娯楽なのである、ガキやバカ向けだからこそ内容もワンパターンで深みに乏しく、ガキやバカだからこそ影響されて行動に即座に移すような可能性がある故にポリコレ等の制限が厳しいのである。

youtu.be

 でもってニッポンの場合、そういう偏見というか固定概念というモンが存在せず、且つ創成期に手塚治虫だとか石ノ森章太郎だとか赤塚不二夫とかいった文学や映画でも成功しただろうクリエイターがマンガを描いてた事もあって、大人や頭の良い人にもウケるようになってるのである。そういう下地があるからこそ今に至る後継者達もそういう前提でマンガやアニメを描くようになり、結果としてアメコミやカートゥーンとは違った独自の文化が育ったんだと思うのである。よーするにどっちが優れててどっちが劣ってるかではなく、単純に文化の違いなのである。

youtu.be

 だからニッポンのマンガでエロ描写や過激な表現が少なくないのは、読者への信頼があるからなんじゃないかと思うのである。描く側が「ニッポンの読者はバカでもなけりゃガキでもないから、このぐらいの描写でアホな事なんかやらかさない」って信頼してるからこそ、ああいう描写が成り立ってて受け入れられてるのだと思うのである。ニッポンでも最近はポリコレだとかフェミニズムなんかに影響されてマンガ的描写を叩くヤツ等が増えてきたけど、ニッポン人はダメなヤツ等だったらとうの昔にアメリカみたくコミックコードが出てきてるってモンである。

*文化と階級社会
 何故ニッポンでそういうのが成り立ったかって、やっぱ明確な階級社会が無かったからだと思うのである。上層の教養ある人間もマンガを楽しむという前提があるからこそ、マンガに複雑さや芸術性が織り込まれるのである。ソコんトコ欧米はバリバリの階級社会で、アメリカもどっちかというと階級社会である。上層と下層で生活レベルも文化レベルも教養レベルもクッキリ分かれてて、読む本も観る映画も食うメシも行く学校も買い物行くトコも乗るクルマも全然違うのである。でもってアメコミやカートゥーンってのは、基本的に下層の娯楽なのである。

 でもってこういう社会ってのは、上と下のレベル差が凄いのである。とんでもない天才や超人が多く出るのと同時に、予想の遥か斜め下を行くホームラン級のバカもウジャウジャ居るのである。ニッポンで聞く「欧米はこんなに進んでる云々」ってのは大概上層の話で、そして「欧米はこんなに自由云々」ってのは大概下層の話である。ニッポンとは基本的に社会構造が異なるのである:
youtu.be
だから「アメコミはポリコレ塗れで退屈」って言われるのも、アメコミを読む層を考えればしゃーないんじゃないかとも思ったりするのである(^_^;)文化はスポーツとかとは違って優劣は無く、あるのは生まれた土壌による違いだけ。改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210710234247j:plain

UNTAMED HANDS IN IMPERFECT WORLD

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「喜びのない労働は下賤だ。悲しみのない労働も下賤だ。労働のない悲しみは下卑ている。労働のない喜びも卑しい」
By ジョン・ラスキン

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*上層をねらえ!
 前にも述べたと思うが、上層と下層でクッキリ分かれてて層間の行き来が殆ど無いのが階級社会であるが、例外が1つだけあるのである。ソレは「才能のある下層の人間は特別扱いを受けた上で上層に迎え入れられる」という事である。有名なのがが学業優秀な下層人が上層人の作った財団や企業の奨学金を受けて一流大学で学んで上層と同じキャリアを歩むってヤツであるが、その他芸術だとかスポーツだとか軍務だとか、思ったより色々あったりするのである。だからパトロン文化とかスポンサー文化だとかが存在するのであり、そうした成り上がりが尊敬されるのである。

youtu.be

 だから欧米人はスポーツ選手やミュージシャンとかいった人々をバカにしないし、スポーツや音楽や芸術などのイベントをこよなく愛するのである。世の中にはエッセンシャルワーク以外でカネを得る事をバカにするヤツが少なくないが、ワタクシに言わせればエッセンシャルワーク以外のモンでカネを稼げる余裕があるってのは、ソレ即ち先進国としての視野の広さと余裕なのである。何故途上国で犯罪率と失業率が高いかって、エッセンシャルワークの才能が無いヤツやエッセンシャルワークが合わないヤツの為の居場所が無いからとワタクシは思うのである。

*ロックンロール魂は何処に
 こう書けば、ワタクシが【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021の開催中止】についてどう思うかが何となく分かって頂けると思うのである。この件に関してワタクシが首を傾げたのは「茨城県医師会って、NRAやナントカ学会みたいな強力な圧力団体でも何でもねーぞ( ̄~ ̄)」ってトコである(笑)主催者が元々やる気が無くて中止の大義名分を求めてたか、或いは実は茨城県医師会はヤバかったとか(爆)関係者ではないワタクシにゃ知り得ない事である。ただ一つだけ言えるのは「ロックって名称の割にはロックしてねぇなぁ( ̄へ ̄)」ってトコである(核爆)

youtu.be

 ロックは本来、反抗の音楽である。世間から弾かれたヤツや世の中が合わないヤツが苦情が来るレベルの爆音をかき鳴らして、お前等は狂ってるって声に対し「クレイジーロックンローラーにとっては褒め言葉だぜッ凸( ̄∀ ̄)」って言い返すのがロックなのである。だから主催者は「医師会なんぞクソ喰らえッ!俺達のロック魂は誰にも止められねぇッヽ(`Д´)ノ」って強硬開催するのがロックらしいやり方なのである(笑)まぁでもコレはニッポンに限った話じゃないけど、今時のロックは楽器にカネがかかり過ぎる&若者が貧しくなってるせいか、もうオタクか裕福な子がやる音楽になってしまってるのである。

youtu.be

 だからまぁ、数十年前のロックンローラーが持ってたような反抗心やハングリー精神を今の若いロッカーに求めるのは難しいであろう( ̄~ ̄)でもまぁこの件や4回目の緊急事態宣言で改めて分かったのは、新コロ禍で一番厄介なのは新コロウイルスそのものではなく、大規模な集団ヒステリーと、そのヒステリーに便乗して大衆をテメェの目的の為に煽る狡賢いヤツなのだという事である。ぶっちゃけ新コロそのものはワクチンが出た時点で十中八九収束したようなモンだし、治療薬の登場もソコまで待たされる事は無いであろうが、不安や恐怖に効く治療薬やワクチンは未だ存在しないのである。

*音楽は賎業に非ず
 でもまぁ、ニッポン人の新コロに対するビビりっぷりは異常だと思うのである。MLBやF1の中継観れば分かると思う(州や国によって違いはある)が、向こうはまだ1日6000~7000人とか感染者が出てるのに、ソレでも「ワクチン打って重症者や死亡者は激減したからイベントおk」である。自己責任の概念があるのもだけど、やっぱスポーツ等に対する敬意や愛着もあるんだろうと思うのである。やっぱ人間、食って働いて寝るだけじゃ豊かにならんのである。スポーツがあり、芸術があり、遊びがあり、ソレで初めて豊かだと言えるのである。

youtu.be

 ニッポンの場合は「新コロ=忌諱すべき穢れ」的な潔癖思想がある、集団主義的な考え方が根強いのもだけど、やっぱ未だに「エッセンシャルワーク以外のカネ稼ぎ=賎業」って考えがあるからじゃないかと思うのである。だから「音楽イベントよりも人々の健康の方が大事」だとか「金メダルの事しか頭にない脳筋共の4年間の努力なんか知ったこっちゃない」っていう、賎業で儲けて有名になるヤツへの嫉妬と怒りが少なからずあるのである。違法性と主権侵害が無い限り、職業に貴賎は無い。だから皆で支え合って妥協し合うしかないと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210708235327j:plain

THE PARAGON OF ANIMALS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「悩みを笑い飛ばせるようにならないと、年をとったときに何も笑えるものはなくなる」
By エドガー・ワトソン・ハウ

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ラジコン、はじめました?
 ワタクシがガキの頃、ラジコンはちょっとしたブームだったのである。丁度チョロQもブームになっていて、そのちょっと後にミニ四駆も流行り出したのである。当然ワタクシもラジコンを欲しがったのであるが、小坊だったワタクシにはラジコンは高価過ぎたのと、組み立て云々があったりして敷居が高く、親からも「ちゃんとムダなく使い切れるのか?」と問われ、当時自信の無かったワタクシは購入を断念したのである(´・ω・`)アレから三十数年、今となっては自分の稼ぎで余裕で買えるのであるが、次なる問題は「で、何処で走らすの( ̄▽ ̄;)」なのである。

youtu.be

 でもって今回、走らせる場所が見つかりそうな流れになってきたので、今度こそ(?)ラジコンをやり始めようかなと思い立った次第である。やるんだったら、もうオフロード一択である。ワタクシがガキの頃にラジコンボーイ好きだったのもだけど、オンロードは実車でやってるからってのがデカいのである。逆に実車だとオフロードはやるトコが少ないので、丁度住み分けができるって話である。何時やり始めるか&何を買うかは全然決まってないが、その時はまたお知らせする次第である。

*久々のネタ切れ
 サブタイであるが、書いて字の如くである(笑)ココ暫くは色んなジャンルで世の中が騒がしかったからネタには困らなかったけど、流石に一段落した今、ネタを使い果たしてしまったって話である(^_^;)マジでネタが無いのかと問われたらソコまでではないが、ウケるかと問われたら話は別である(爆)では、何時ものヤツである:

アスペルガー医師ロンのど〜でもいい話・その181:二つに一つ

ある夫婦が夜ベッドで寝ていると、夫が突然泣き出した

妻「どうしたの?」
夫「10年前のこと覚えてるか? 結婚前だってのに、お前15歳で子供ができちまっただろ」
妻「もちろんよ。忘れてるわけないでしょ」
夫「そしたらお前の親父さんが怒鳴り込んできたよな、『責任とって娘と結婚するか、それとも刑務所行きか、二つに一つだ!』って」
妻「ええ、よく覚えてるわよ」
夫「あのとき刑務所を選んでりゃ今日から俺は自由だったんだ!」

アスペルガー医師ロンのど〜でもいい話・その182:神のみぞ知る

アラブ人の青年が、大学入学試験を受けた。
しかし、彼はどうしても1つの問題を解くことができなかった。
そこで彼はやむなく答案用紙に答案用紙に、「アラーのみぞ知る」と書いて提出した。

数日後、合否の通知が届いた。そこにはこう書かれていた。
「アラーは合格ですが、あなたは不合格」

アスペルガー医師ロンのど〜でもいい話・その183:最も人気のあるスポーツ

バレーボールブラジル代表監督「バレーボールはブラジルで最も人気のあるスポーツだ」
インタビュアー「サッカーの方が人気あるんじゃないですか?」
バレーボールブラジル代表監督「サッカーはブラジルにとって宗教だよ」

アスペルガー医師ロンのど〜でもいい話・その184:釣り

おばあさんが公園を散歩していると、少年が芝生で釣りざおをかまえていました。
少年は針をじっと見つめたまま動きません。
変な子だと周りの人もちらちら見ています。

そのうち腕に力が入らなくなったのか、釣り竿を落として倒れてしまいました。
「坊や!大丈夫?」
「うん…。ボク、お腹がすいてしょうがないの」
「まあ!かわいそうに。おばあさんと一緒にいらっしゃい」

おばあさんは少年を気の毒に思い、レストランに連れて行きました。
おいしいものをいっぱい食べさせて、子供の気分をほぐそうとニコニコしながらたずねました。

「坊や。さっき釣り竿を持ってたけど、どれぐらい釣れた?」
「えーと、今日はおばあさんで6人目だ」

・・・といった今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210706235146j:plain