アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

OBJECTION OVERRULED

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「勝つというのは生き残ることだ。五分の魂を失わないで生き残ること。それが勝つということだ」

By アラン・シリトー


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*勝利は生者の為にある

 何かの問題に直面した時、大事なのは正しいか否かではなく、生き残ったのか否かという事。コレについては色んな考えがあると思うが、ワタクシはそう考えてる次第である。人権や民主主義がグローバルスタンダードになってるのは、ソレが普遍的正義だから?否、世界を支配してる主要国家の価値観がソレだからである。もしもの話、中国が世界を支配する事に成功したら、間違いなく全体主義権威主義がグローバルスタンダードになるであろう。ソレが【3年前に電通の新入社員が過労自殺した件】についてのワタクシの見解である。ワタクシの意見は松本人志同様「死んだら負け」である。こう言うと「この事によって国民の多くが電通に怒りを覚えるから、死はムダではないッ!」って言われるだろうけど。ソレに対してもワタクシは「怒るだけでしょ」って答える次第である。



 コレに対し怒ってる人は確かに大勢居るが、その中で「電通が宣伝してる全てのコンテンツをボイコットしようッ!」って感じに具体的に行動を起こしてるヤツが何人居るであろうか。ワタクシの知る限り、そういうヤツやそういう活動は見た事が無いのである。電通からの反撃も怖いし、ソレより何より死んじゃった子の家族じゃないから、ソコまで本気にはなれんのである。言っちゃ悪いが、いじめとかパワハラとかの自殺が持つ影響力なんてその程度であり、故に何人死んでも途絶える事が無いのである。だから理不尽でも生き残るしかないし、生き残ってれば自分含め周りの皆もハッピーになれる機会も得られるのである。繰り返し言うが、どんなに清く正しくとも、死者は決して勝者にはなれんのである。勝者になれるのは、今も昔も生者だけなのである。


*五等分の織戸学

 ワタクシは前々から言ってるのであるが、いじめやパワハラとかを完全に防ぐ方法は2つしか無いのである。1つ、社会に出ないor人との関わり合いを持たない事。2つ、いじめ警察やパワハラ警察みたいなのを組織して、全ての学校や会社を24時間365日監視するかである。無論、どっちもムリである。だからある程度は自分で身を守るか、悪者になる事を覚悟の上で戦うっきゃないのである。さて話は変わって、と:


織戸学も特集で言ってるけど、今じゃもう「クリッピングポイントまでブレーキを残す」って走り方は過去になりつつあるっぽいのである。あと「ブレーキは最初にドカンと限界ギリギリまで踏む」もそろそろ過去のモンになりつつあるのである。あともう一つの特集であるS2000だけど、生憎ワタクシは過去を振り向かない主義なんでパスである(笑)あと新型スープラの試乗記も出てきたので、来年の今頃は新型スープラのチューニング記事が載るんだろうなって思っちゃうのである。



「コレの何が面白いの?」と問われたら「実はワタクシにも良く分からん」と答える次第である(笑)ワタクシの場合、マンガを選ぶ基準において一番大きな要素を占めるのが「何となく」である(爆)好きなジャンルも特に無いし、好きなマンガ家も特に居ない。何となくで選んで、何となくで読んで、気が付いたら何となく読み続けてる。まぁマンガなんてそんなモンである(核爆)

 

*ニッポンらしさって何ですか?

 今回のパワハラ云々もそうだけど、何故ニッポンにおける労働や経済の話が何時も不毛に終わるって、答えは実に簡単。ソレはズバリ「ニッポン人は本音では資本主義社会や民主主義やグローバル経済を望んでいないから」である。資本主義社会じゃ能力のある人がガンガン出世して格差が出来る&出来ないヤツはクビ切られるのが当たり前だし、民主主義においてはデジュール上全ての人に平等に権利や義務があるのが当然だし、グローバル経済においては人材が国境を越えて出入りするのが自然なのであるが、ニッポン人は何れも望んでないからである。皆がほぼ平等に稼ぎを得られる事を、先輩後輩が存在する縦社会を、ニッポン人だけでニッポン国内だけで全てが完結する環境を、ニッポン人の多くは望んでいるからである。


 でも今のニッポンの行政や法律のシステムってのは欧米式を基にしていて、ソレ即ち欧米式の価値観(資本主義、キリスト教的博愛主義)をベースにしてるって事なんだから、齟齬が生まれるに決まってるのである。基本的に自己責任な事に関しても「政府がちゃんとやってくれなかった云々」で民衆が怒るし、政治家も民衆のニーズに迎合するような形で法案を作る。だからその齟齬を何とかするには「ニッポン的な価値観云々は法よりも価値が下にある」って事を徹底するしかないのである。でもコレが実に難しく、戦後の経済成長で自分自身に強い自信を抱いてしまったニッポン人には受け入れ難い・・・って話をすると限が無くなってしまうので(笑)もうお暇しようと思う今日この頃であった。