アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

CRUCIFICADOS PELO SISTEMA

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「それぞれの個人には、この世で身にあった仕事がある。その仕事に就けるかどうかが重要なことだ」

By ナサニエル・ホーソーン


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*漁師のススメ

 今回はロクにネタが無いので、退屈な”本業”についての話をするとしようジャマイカ(笑)最近はやや減ってきた感じだが、未だにワタクシんトコには講演や執筆や取材の仕事が舞い込んでくるのである。何ちゅーか、今まで地味に築き上げてきた機会や出会いや残したモンが功を成してきて、ソコからちょくちょく仕事が舞い込んでくるのである( ̄ー ̄)まぁその度に「この世界を支配してるのは資本主義です。資本主義社会では、何よりもカネがモノを言います。だからワタクシ等アスペルガー当事者が社会的な地位を得るためには、就職してカネを稼いで税金を納めるのが一番なのです。納税額が大きければ大きい程、政治家たちはより長く話を聞いてくれます」って言ってるから、皆ドン引きして機会が減ってきてるんだろうが(爆)


 授人以魚 不如授人以漁。中国の哲学者である老子の言葉であるが、ニッポン語に訳すと「ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。しかし魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える」ってトコであろうか。ワタクシはコレこそが、現代のアスペ当事者にとって一番重要な事だと思うのである。確かに福祉やら何やらで魚を貰い続けられるのであれば問題ないが、ワタクシは世の中そんなに甘くないと考えてるからである。平常時ならソレで良いかも知れんが、非常時にはどうするんだって話である。今の世の中みてりゃ、この先ニッポンが未来永劫(軍事的にも経済的にも社会的にも)平和でいられるなんて思えないからである。憲法九条?護送船団方式?終身雇用?寝言は寝て言えである。


 あともう一つは「魚を貰う状態が当たり前になると、その後必ず”もっと魚をよこせ”と言うようになるから」である。人間というナマモノは基本的に強欲で怠けモンだから、要求は絶対にエスカレートするモンなのである。メディア各種の印象操作で「障害者=清らかで弱い人達」みたいなイメージを植え付けられてはいるが、当事者であるワタクシは「ンな事ぁ無い」と反論する次第である(笑)当事者側は要求をエスカレートさせる一方で、そうなると健常者側も「何で俺達が汗水流して獲った魚を、一滴の汗も流してない連中にタダであげなきゃいけねーんだ(◎`ε´◎ )」ってなるからである。テメェを棚上げして相手に聖人君子を要求するほど、ワタクシは厚かましくなれんのである。


*機械がもたらす貧困

 こうやって発達障害ネタに移行すると、聡いロンマニアの方々ならば「発達障害って昔からあった事なのに、何故ココ数年で問題化してきたの?」って疑問を抱くはずである。もしも疑問を抱かないのであれば、貴方のロンマニア指数はまだまだ低いって事である(笑)コレに関するワタクシの答えは「技術が進歩してオートメーションが進んだ結果、当事者でも出来る仕事が激減したから」と言ったトコである。まぁコレは健常者もそうなのであるが、ワタクシ等アスペ当事者には特に顕著に表れるのである。電車の切符切りが自動改札に変わったり、タバコ屋が自販機に取って代わられたり、本屋やCD屋もアマゾンやダウンロードに変わられて、簡単な仕事って日に日に無くなっていってるからである。


 そ、人間としては歓迎すべきモンであるはずの機械の進化が、逆に人間の貧困化を加速させているのである。例えば昔なら100人の人間が1日8時間働いて100の収入を得ていたモンを、機械が導入され1日24時間連続稼働で3倍の収入を得られるようになったとする。本来ならば「働かずに収入が3倍になってラッキー( v ̄▽ ̄)」ってなる筈だけど、残念ながらそうはならない。何故なら3倍に増えた収入は、全て機械の所有者のモンになってしまうからである。機械に取って代わられた100人は3倍になるどころか、全く働いてないのでゼロである。儲けは大幅アップしたけど、その儲けは機械の所有者と機械にまつわる人(機械設計者、技師、オペレーター等)だけが得られて、単純作業の人々は隅に追いやられる。コレが資本主義ってモンである( ̄〜 ̄)


 そう、昔は非効率的とは言えど上記100人がやるような仕事が沢山あったから、取り敢えず食うには困らなかったのである。が、機械化が進行してきて職が無くなってしったのである。かと言って機械関係者になろうと思っても、一人前になるためにはコミュ力とか臨機応変力とか空気読解力が必要になる。そう、ソレ等の能力に生まれつきの問題を抱えてるワタクシ等アスペ当事者はソコで詰んでしまう→結果としてニートやら引きこもりやらになってしまうってワケである。実を言うと、ワタクシもその一歩手前まで来ていたのである(笑&実話)故にワタクシは「当事者も健常者も”どうやればワタクシ等当事者が機械関係者になれるのか”について大いに論じようジャマイカ」って言っているのである。


*ノーモア政治話

 こういう事を書くとサヨク的なヤツが「資本者が全てを独占する世の中のが間違ってる。資本主義をブッ壊そう。金持ち共を痛めつけて富を奪おう」みたいな事を言い出してきて、ルサンチマン故にソレに同調してしまう当事者も少なくないのが現実である(-_-;)無論、ワタクシはそんな戯れ言は全く以って信じていない。何故かと言えば古今東西、全ての国民が平等で豊かだった国なんて存在しないからである。人間ってナマモノが生まれつき不平等で、不平等故に実力や能力の差がある以上、貧富の差は必ず生じるモンなのである。そういった実力差や人間の業とかを否定して何もかにも真っ平にしようと思ったら、ソレこそ不自然ってモンである。そう、サヨクは不自然だからダメなのである。


 だからワタクシは「人間の業は忌むべきモンではなく、受け入れて向かい合って不断の努力をするモンである。故に大事なのは”格差の中でどう生きていくか”である」と主張してる次第なのである。大事なのは政治体制がどうとかじゃなく、どんな政治体制でも生きていくための気概であり能力であるのである。でもってソレはワタクシ個人でどうにかなるモンじゃないから、皆で考えようジャマイカって主張してるのであるが、こういうと何故だか「成功した当事者の話はアテにならない」とか「名誉健常者の戯言だ」とか言われちゃうんだなコレが(^_^;)ワタクシに言わせれば「私は○○、お前は××」って人を勝手にカテゴライズする事が思考狭窄に他ならんのだが、コレ以上話すと限が無いので(笑)お暇させてもらう今日この頃であった。