アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

PANOPTICON

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「人は自分自身になりさえすればいいのだ。これが、わしの基本的なメッセージだよ。自分をあるがままに認めた瞬間、すべての重荷、山のように見えた重荷が、嘘のように消えてしまうのだ。すると人生が喜びそのものになり、光のお祭りになるのだよ」

By バグワン・シュリ・ラジニーシ


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


サバゲーはビジネス

 サブタイは書いて字の如くである。昔のサバゲー界といえば「愛好家の、愛好家による、愛好家のための世界」だったのである。銃やミリタリーが好きな人が、同じく好きな人のために細々とフィールドやショップやメーカーを運営する。大きく儲かりはしないけど、その代わり急速に縮む事も無い、良く言うとマニアな世界、悪く言うと日蔭モンの世界だったのである。ソレがマルチカルチャー化に伴い日蔭モンの趣味じゃ無くなり、サバゲーマー人口がが急激に増えていって、あっちこっちにフィールドが出来上がり、気が付いたら「サバゲーはビジネス」って認識に変わっていったのである(^_^;)サバゲーの”サ”の字も知らないけど、儲かるからサバゲーフィールドを運営する。そういうヤツは今や珍しくも何とも無いのである。


 そうすると当然「好きだから」って理由だけでやっていけなくなるワケである。何故なら人間ってナマモノはカネのためならば、好きでない事でも死に物狂いでやるからである。ワタクシの周囲の古参のサバゲーマーの中にもこの風潮を嫌い、昔を懐かしむ方も少なくないのである。が、ワタクシは常々言ってるように、ワタクシはこの流れはアリだと考えてる次第である。確かに資本主義が入ってくる弊害は少なくないけれど、同じかソレ以上に良い事もあるからである。色んな人や色んな業界が参入する事により競争が激しくなり、ソレに伴い新しいサービスや新しい技術などが生まれ、ソコから従来に無かったサバゲーの当たらな可能性が見えてくるし、実際ワタクシもソレを幾つも見てきたからである。


*春の祭り

 損も新しい可能性の一つが、サバゲーにおける祭りである。フィールドが増えて、サバゲーマーも増えて、ソレに携わる業者の数が増えて、ソコから競争が生まれるからこそ、何処も最高のサービスを提供しようとして催しモンが進化し続けるのである。コレってサバゲーが昔みたいに日蔭モンの趣味だった時代には、そんなモンが行われるなんて夢にも思えなかった事なのである。でもってその一つとして:

先日行われた【GARDENフェス2016】に参加してきたワケである。昨年の秋にも開催されたソレが、今回は春にも開催される事になったのである。前回は楽しませてもらったので、今回も当然の如く馳せ参じたってワケである:


朝は早めに来たつもりだったが、ソレでもこの賑わいである(^_^;)今回は200人超だったので、前回同様4チームに分けて、2チームずつ1回20分で回していってるのである。


結構広い筈の駐車場も、ご覧の通りすぐに満杯になってしまうのである。




サバゲー好きとクルマ好きの親和性は高く、この様に気合いの入ったクルマも少なくないのである。他にも色々あったのだが、限が無いので省略する次第である。



駐車場にあった自衛隊の廃棄車両である。自衛隊車両はAWDが基本であり、悪路走行性を高めるためデフは全てデフロックされている。コレ豆である。


そんな色とりどりのクルマの中で、圧倒的な王者のオーラを放つ一台を見つけたのである(笑)外見に手を加えるなんて小物のする事だと言わんばかりのノーマルルックといい、たとえ小排気量でも負ける筈が無いと言わんばかりの余裕といい、正に王者の佇まいである(爆)もしロンマニアの皆様の中でこのオーナーさんに会う機会に恵まれたのなら、その王者然としたカリスマ性に魅入られないようワタクシは警告する次第である(核爆)


 さて、今回は祭りである、祭りという事は、当然ソレを盛り上げるために色んな人達が集まってくるモンである。昔のサバゲーイベントといえば、精々普段よりも多めの人が集まってくる程度であったが、今はそんなモンじゃないのである。結構色んなトコが来てたのであるが、その中でワタクシ的に気になったトコを紹介するとしようジャマイカ


ミリタリーライターの上矢ゆい氏率いる上矢商会のブースである。ココではグアムでの実銃射撃ツアーの宣伝をやってたのである。ワタクシも実銃撃ちに行ってみたいと前々から思ってるのだが、ワタクシは色々忙しいのに加え、元々の引きこもり体質が災いしてる次第である(笑)


雑誌【ピースコンバット】のブースである。今年初めにクリス・コスタが来日してたので、ソレ関連のDVD及びグッズを扱ってたのである。



茨城石岡の【インドアフィールドBLITZ】のブースで、電動ハンドガン用のカスタムスライドを扱っていたのである。



ショットガンを専門に扱う【フリップ好きのカスタム工房】さんのブースである。たかがショットガンされどショットガン、上級者が扱うと恐るべき武器と化すから、ホント怖いのである。


実はワタクシん家からさほど遠くないトコにある【RETRASH】さんのブースである。ワタクシも依然店舗に立ち寄った事があるのだが、結構品揃えが凝ってて良かったのである。



茨城県鉾田市にある【AliceGear】というショップのブースである。ココの何が凄いかって、シャッチョが熱狂的なロンマニアだという事である(笑)そして志を同じくするロンマニアならば、この「ロンマニアである」という事だけで、ココで売られているものがどれだけ素晴らしいかが理解いただけると思うのである(爆)ソレ以上ワタクシから言う事は何もないが、強いて言うならば「何故【トップシークレット】のステッカーがソコに?」といったトコであろうか(核爆)




米軍御用達の【セラコート】をニッポンにおいて展開している【鈴友株式会社】のブースである。最近はMOVEでもセラコートを扱うようになった&東京マルイの製品でも採用されるようになったので、セラコートには今後お世話になるかもなのである。


懸垂ではなく、ぶら下がりチャレンジである。1分までは耐えられる人が結構居るのだが、コレが2分以上になると途端に難しくなるのである(^_^;)因みにワタクシは景品であるPS3PS4の両方を所有してるから挑戦しなかっただけで、決してやったら恥をかくからではない事を念のため記しておく次第である(笑)


ブースの展示品ではないが、ニッポンでは売られてない、アメリカ本国でのモンスターエナジードリンクの全ラインナップである。ニッポンでは6種類しか売られてないが、実はこんなに種類があるのである。


 もちろん察しの良いロンマニアの方ならば、ワタクシがネタをケチって動画の準備をしてない事などお見通しの筈である(笑)ただ今回は新しい催しモンがあったので、ソレにまつわる動画が撮れた事だけを伝えておくとしよう。やっぱサバゲー業界が大きくなって競争が激しくなると、自ずとこうした分野への需要が増え、ソレ以外にも新たに色々と生まれてくるって事を切実に感じたのである。そういう意味でも、やっぱワタクシは昔と今のサバゲーを比べると「やっぱ今の方が良い」と答える次第である。業者側や運営側からしたら大変なんだろうけど、客としての立場ならば快適な事この上ないからである。さて今日はもう遅くなってしまったので、さっさと寝るに限る今日この頃であった。