アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

INCOMING DEATH

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「近いものは遠いものを説明する。一滴の水は小さな大海である」

By ラルフ・ワルド・エマーソン


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*もしも自分の町に〇×があったら

 もし自分の好きなモンが、自分の住んでる町にあったら、どんなに幸せな事か。趣味人やってるロンマニアの方ならば、誰もが一度ならずと妄想した事であろう(笑)ワタクシももし富士スピードウェイ鈴鹿サーキットがワタクシの住む町にあったとしたら、間違いなくガンガン通い詰めていたであろう(爆)歌舞伎属性のあるロンマニアの方ならば「もしも歌舞伎座が云々」だし、阪神タイガース属性のあるロンマニアの方ならば「もしも甲子園が云々」ってなるであろう。まぁ実際はソコまで近くなっちゃうと「まぁ明日以降何時でも行けるんだから、今行かなくっても別に良いや( ̄∇ ̄)」ってなっちゃう事が容易に想像できるから、御殿場市鈴鹿市への移住はできるけどしない次第である(核爆)


 ソレでもやっぱ「好きな事が同じ町で存分に楽しめる」ってシチュエーションには、どっか憧れを感じるモンがあるのである。でもって実はワタクシの住む町に、その内の1つが実現してしまったのである。ソレがコレである:

そう、ワタクシが住む牛久市内において、遂に【サバイバルゲームフィールドEDGE】という名のサバゲーフィールドがオープンしたのである。今回ココで【RETRASH】主催の貸し切りサバゲー定例会が開催されてて、ワタクシも誘われたので、一度ぐらいは実際に見てみようと思い立ったワケである。


*オラが街のサバゲーフィールド

 オープンそのものは半年前から既に行われていたのであるが、漸く今回実際に足を伸ばしてみようと思い立ったワケである。でもって分かってた事ではあるが、兎に角近いのである。ワタクシん家から道なりに約5キロ、クルマでたったの8分。体力と気合いさえあれば、徒歩でだって行けない事は無いのである。でもって場所も、ワタクシが仕事上で使う道路のすぐ近くである。HPの”アクセス”ってトコで出てきた地図を見て、パッと見だけでアクセスルートが分かっちゃったぐらい地元なのである(笑)さて中はどんな感じかというと:

まぁ今時の有料フィールドの例に違わず、屋根と机と椅子付きのセーフティーエリア、自販機と電子レンジとお湯と電源、水洗トイレと手洗い場、女性用更衣室兼休憩所、広々とした駐車場、50m級のシューティングレンジは完備である。ちゅーか、コレ等を備えてない有料フィールドなんて、今後存在しなくなるのではないであろうか。


必須ではないけど、あると非常に便利なのがコレである。真冬になると厚着してても結構寒いので、雑談するために焚火は欠かせないのである。


簡易的だけど、机の脇にはガンラックが設置してあって、コレがあると鉄砲を置くのに便利なのである。


 とまぁ、フィールド外はこんな感じである。後発のフィールドだけあって、今までの有料フィールドを参考にして作ったって感じである。でもってサバゲーフィールドが乱立してる今、一番重要な事は何か?ワタクシは「個性化」だと思うのである。その個性があるのか否か、今度はフィールドに入ってみてみようと思うのである:

竹藪竹藪アンド竹藪、コレがこのフィールドの最大の特徴ではないであろうか。ワタクシも今まで色んなフィールドに行ってきたが、この様に竹藪が主体のフィールドは初めてである。フィールド内に砦が数ヶ所ある&クルマやらドラム缶やらのオブジェがあるのは、コレまた今までの色んなフィールドを参考にして作ったのであろう。


あとワタクシ的に気になったのは、ジープを用いたオブジェの多さである。クルマをバリケードとして使うフィールドは数多くあるが、ココまで多くの、しかも同じ車種でってのは初めてである(^_^;)何ちゅーか、フィールドマスターの趣味なのであろう。なんかすんごい高そうな希ガスのであるが、まぁ野暮なツッコミはしない事にしようジャマイカ(笑)


*新兵器投入

 さて、ゲームの模様を・・・と言いたいトコだけど、今回はネタを出し惜しみさせてほしい次第である(笑)今回ココへ行ってみたのは我が町のフィールドだって事もそうだけど、新兵器(?)の投入実験の為である:


今まで使ってたサバゲー用のブーツが古くなった&ミリタリーブーツは重たくて硬いので、特殊部隊のソレに倣ってトレッキングブーツにしたってワケである。コレの慣らし&使い勝手の良さを見るために、今回サバゲーに参加したってワケである。


あとはドサクサに紛れて買ったプーマのドライビングシューズもどきである(笑)本格的なドライビングシューズだと足幅が狭くて色々と不便なので、踵が丸まってるカジュアルシューズにしたのである。


でもって、今回の獲物は前回と変わらないモンを持ってきた次第である。サバゲーブームが峠を過ぎたタイミングで新たにオープンしたこのフィールド。そのネガを補って余りあるだけの”何か”があるのか、ソレは次回以降話していこうと思う今日この頃であった。