アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

WRITTEN IN RED

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く」

By イマヌエル・カント


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*オファーを求めて三千里

 当初は数ヶ月に一回はあった発達障害関係の講師や執筆のオファーであるが、ココ2年ほど全然来なくなってしまったのである(^_^;)無論、今年の分もまだ全然来ていないので、ソコんトコ抜かりナシである(笑)まぁ講演料でフェラーリ&印税でランボルギーニ乗る事を夢見てたワタクシとしては些か寂しい希ガスのであるが、まぁコレばっかりは仕方ないのである(爆)でもまぁ無かったら無かったで、ソレはソレで良い事だとワタクシは思うのである。何故なら需要が無いって事は、ソレ即ち「発達障害に関しての知識はもう十分足りてる」って意味とも捉えられるからである。そういう意味でワタクシやその他の当事者による講演や執筆の依頼が減ってるのならば、ソレは進歩であり喜ばしい事だと思うのである。



 ワタクシの理想として「発達障害はハゲやチビやブサメンや音痴と同じレベルで語られるのが望ましい」というのがあるのである(笑)つまりそうなってるのは自己管理不足とかそういうのではないって事を言わずとも皆が分かってて、そうだったとしてもフツーの人と隔たりなく交流できて、且つ対処法やインフラも充実してるからソレで人生躓く事も無いって感じにである。今の世の中にブサメンや音痴の当事者による講演会や執筆活動が存在しないのと同様に(爆)発達当事者によるその手の活動は次第に消滅していくのが望ましいとワタクシは思うのである。こういった当事者活動でメシを食ってる、言うならば”プロ当事者”が大勢居るって事は、ソレ即ち不健全な状態であるとも言えるのである。あとワタクシには仕事も社会的地位もあるんで、プロ当事者しなくったってカネには困らんのである。


*発達当事者あるある

 だからその手の活動が無くなったからと言ってワタクシは悲しくも何とも無いし、ソレをバリバリこなしてる他の当事者さんを羨ましいとは思った事が無いのである。一般社会の中で成功してフツーの人達からモテモテで大金稼いでスーパーカー乗り回す当事者が居たら嫉妬するだろうけど(笑)そうでないなら羨む理由は無いのである。何でいきなりこんな話したかと言うと、ネットで【発達障害の自助グループに参加したけど苦痛でした】って記事を読んで、ソコから思う事が色々出てきたからである。リンク先の当事者さんの話であるが、ワタクシも思わず「そうそう、マジでコレなのよ。ワタクシも色々あったんだよなぁ(´Д`;)」って唸ってしまったほどである(爆)


 ワタクシもこの手のグループのオフ会には何回か参加したのであるが、まぁ酷いのが少なからず居るのである(´Д`)言っちゃ何だが「ココに集まった人達は同じ当事者だから、発達障害を理解してるし許容してる」を「ならば発達特性バリバリでも嫌われないし、自分のやりたい事をやりたいように出来るッ!」って思い込んで、ホント要らん事を言っちゃう&やっちゃうヤツが多かったのである:

無論、中には少数だけどソコんトコを弁えて態度やマナーのシッカリした人も居て、そういう方とも細々ながら関係を保ってたりはしてるのである。そういう人達と互いに高め合うために意見を交換するという趣旨ならば、ワタクシは大歓迎した次第なのである。が、やっぱ多くは当事者が各々好き勝手言って、他人よりも自分を優先してしまうのである(-_-;)流石にワタクシも我慢しきれずに「ソレは違うんじゃね?」と言ったのであるが、多勢に無勢ってヤツである。気が付いたらマトモな人は一般社会に居場所を見つけて来なくなり、ワタクシも気が付いたら行かなくなってしまったのである。


 ソコに集まった当事者の人達が過去に色々あって生き辛かった&現在進行形で色々問題抱えてるのは、同じ当事者としてワタクシも類似の経験をしたから十二分に分かるのである。が、だからと言って、ダメな事をして良いという免罪符にはならないのである。たとえ発達当事者で生き辛かったとしても、ダメなモンはダメなのである。古人が「親しき中にも礼儀あり」って言ったように、同じ当事者同士でもルールやマナーやエチケットは守る必要があるのである。こう言うと「世間は当事者を尊重すべし」って言われそうだけど、ソレに対しワタクシは「じゃあその反対も然りだよね」って答える次第である。一般社会を尊重するってのはどういう事かと言えば、一般社会のルールやマナーやエチケットを守る事がソレなのである。


*社会へ帰ろう

 そう、ワタクシが何に一番反対してるかって、当事者が当事者だけの世界に籠ってしまう事に反対してるのである。その世界は微温湯で、ソレなりに居心地は良いんだけど、ソコに居たって何も成長できないし、何も生み出さないからである。当事者が目指すべき場所、作るべき居所は一般社会の中にあるべきであり、その中にこそ成長と発展があるのである。だから当事者を当事者の世界に繋ぎ止めるようなイベントやグループは要らないと思うし、当事者の世界でメシを食おうとするプロ当事者は無用の存在だとも思っているのである。最近よく「横の連携ガー」って話を聞くけど、カネも権力も無くて絶対数が少ないヤツ等が横に繋がったトコで何を生み出せるんだって話である。ソレで世の中が変わるんだったら、今頃改正安保法案は否決されてた&安倍内閣はとっくの昔に無くなってたからである。



 こういう書き方をすると「じゃあ立ち上がる気力や勇気の無い人、能力や魅力や環境に恵まれない人はどうするんだ?」って聞かれるけど、ワタクシはソレに対し「ナマポ貰ってどうぞ」と答える次第である(笑)ぶっちゃけた話、能力や魅力や環境ってシロモノは、やる気さえあれば後天的に何とかなるのである。が、気力や勇気が無いヤツはどうにもできんってのが正直な感想である( ̄〜 ̄)だったら気力や勇気が湧いてくるまで待つか、待ってる間に経済的に困窮するならばナマポで凌ぐっきゃないのである。前にも言ったけど、ワタクシは大富豪でも聖人でもないので、他人に割けるリソースには限りがあるのである。ならばソレを無駄なく使いたいってのがワタクシの正直な感想である。さて今日はもう遅いので、お暇しようと思う今日この頃であった。