アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

THE WHOLE OF THE LAW

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「昔のことと今のこと、実相に近いことをちゃんと言えて、考えられている。そういう人がいたら、それは教養のある人だと言える」

By 吉本隆明


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。



*昔取り損ねた杵柄

 今に始まった事ではないが、またGDBに乗りたくなったのである。まぁ何ちゅーか、GDBは色々とやり残した事があって、やっぱ何だかんだ降りた事を惜しんでるトコがあるのである(^_^;)降りて10年経った今でも「もっとちゃんとしたチューニングを施せばより気持ち良く走れたのではないか」とか「もっと上手に乗れてればもっとクルマの魅力が分かったのではないか」とか「ワタクシの今のドラテクだとFSWは何分出せるか、筑波2000筑波1000はどのぐらいのタイムが出せるのか」とか、ぜひとも実践してみたい事が色々あるのである(´ヘ`;)よく色んなソースで「最初のクルマはショボいモンを選ぶべき」ってあるのは、こういう時に悔いを残さない為ではないかとも思うのである。



 ただ何ちゅーか、是非とも知りたいとは思うけど、ソレに対してカネが出せるかと問われたら、答えは「ノー」なのである(笑)もう14年前のクルマとはいえGDBは決して安くないし、買ったとしてもメンテ云々レストア云々で更にカネがかかるし、チューニングに出したらソコから更にカネがかかるのである。でもってカネがかかるだけでなく、中のモンも色々と古いのである。アイドリングストップも付いてないし、アクセルはワイヤー式だし、リアビューモニターは無いし、オートライトも無いし、当然だけどアクティブセーフティなんてモンは無い。今時のクルマに慣れてしまったワタクシは、恐らくGDBのこのアナログ性には耐えられないだろう事が容易に予想付くのである(爆)


*高級エアガン宣言

 今のニッポン製品に必要なのは、ブランド化。ワタクシはマジでそう考えている次第である。ちゅーのも「高性能なモンを安く」って方針は、人件費の高騰と共に最後は必ず破綻するモンだからである。スバルやら日産やらスズキやら三菱やらの不正諸々も正にコレであり、高性能と低価格をムリヤリ両立させようとすると、必ず何かを犠牲にするか、或いは何処かで不正するしかなくなるのである。だからニッポンの産業が取る道は「超良いモンを高く売る」であり、ソレ即ちブランド化である。ポルシェなんかが良い例だけど、ポルシェは1台売る度に売値の2割強の利益が出るのだから、数を追いかける必要が無いのである。クルマじゃないけど、今のニッポンでソレを上手くやってるのが東京マルイなんじゃないかと思うのである。



 先日ネタにしたマルイのMk46Mod0だけど、コレが正にブランド商法の一つなのである。他所じゃ追いつけない技術力と品質を以って、捌ける数は少なくても利益率で儲けるって作戦である。安くてソコソコのモンを売ってたら、中華銃にコスパで負けてしまうのである。だから中華銃じゃ逆立ちしても出せないクォリティーを出して、ブランド力を背景にして高く売る。正に高級品の売り方そのものである:



何せ公式でココまで言い切ってるんだから、マルイは自分達のブランド力に相当自身があるって事であろう。ワタクシの予想では12〜13諭吉と(トレポン除いて)エアガンとは思えない値段だけど、ソレでも売れるだろう事は容易に想像できるし、多分プレミア感を出すため&在庫をダブつかせないために出荷台数を絞ってくる事であろう。繰り返し言うが、コレが「超良いモンを高く売る」って事である。


 昔のマルイは「エアガン界のトヨタ」だったのだが、今のマルイは明らかに「エアガン界のメルセデス・ベンツ」を目指してるのである。何ちゅーか、つい38年前に【モビルフォース ガンガル】を作ってたトコと同じ会社だとは思えんのである(笑)だから巷に溢れてる安物の中華銃は出回るがままにしておいて、マルイはマルイでそういうモンには目もくれない顧客相手に商売していくつもりなのであろう。トヨタも【来年出る新型スープラは安くない】って堂々と言い切ってるぐらいだから、トヨタがやるんだったら他も追随する事になるであろう。上級国民だけが国産品を持つ事が出来て、下級国民は安い外国製を愛用する事になる。今ヨーロッパでそうなってる事が、ニッポンでも間もなく起こるのではないかとワタクシは睨んでるのである。


*出でよカスタムショップ

 でもってマルイ製エアガンの高級化の次に登場するモンを、ワタクシの独断と偏見と妄想で予測してみたのである(笑)ソレは「カスタムショップの出現」である。エアガンに明るいロンマニアの方ならご存知かと思われるが、マルイの鉄砲は性能が良いとは言っても、やっぱ基本は量産品なのである。やっぱどうしても造りや精度に粗が出るし、材質はコストを考えて質を落としてあるし、組み立てもバイトやパートのおばちゃんとかがやってたりするのである。だからカスタムの余地があったり、ガンショップのカスタム云々があって栄えたりするのである。ただソレをやってるのはあくまで部外者であり、ソレをネジ1本に至るまで自社の製品を知り尽くしたマルイ自体がやったら面白いんじゃないかという話である。


 分かり易く言うと、ギターに例えるならフェンダーギブソンのカスタムショップ、クルマに例えるならベンツAMGBMWのMみたいなモンである。量産品のノウハウをベースにして、ソレを厳選されたパーツと熟練の職人が組み立てるって感じである:

  • 量産品の中でも特に厳選された精度高いパーツや、スペシャルモデル専用の高品質パーツを用いて組み立てられる
  • 組み立てるのはマルイ公認の熟練カスタムビルダー達で、商品一つ一つにビルダーのネームプレートが(外からは見えないトコに)刻んである
  • 作られるのは通常カタログには無いスペシャルモデルであり、実射性能も耐久性も段違い
  • マスタービルダーが一つ一つ丹精込めて作るので、本数も少なく値段も高い
  • 更に上のモンを求める顧客に対しては、オーダーメイドで独自仕様を提供できる

まぁ要するに、トレポンで言えば【MOVE】がやってる事を、マルイが直々にやるって事である。マルイ本体が出来ないのであれば、ベンツとAMGのソレみたく、外部のチューニングショップを傘下に抱え込むってやり方でも良いと思うのである。もしもマルイが今後も高級化を進めていくのなら、行きつく先はココじゃないかとワタクシは考えているのである。さて妄想話を延々としても面白くないだろうから(笑)そろそろお暇しようと思う今日この頃であった。