アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

SUPERSHITTY TO THE MAX!

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「今のままでも、いいんだ。と、私たちは、どうしても現状維持になりやすい。未知の世界は不安です。しかし、人生のロマンを求めるならば、勇気を出して新しいチャンスをつかむ事です」
By 鈴木清一

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*モタスポの春は何時ぞ
 ニッポンのモタスポの注目度の低さは、ソレを取り巻くインフラと比較すれば異様。今回【トヨタがWRCで1-2-3フィニッシュを決めた】のニュースが殆ど話題にならなかった事で、改めてそう思うのである。大谷翔平は4打数4三振でもニュースになるし、藤浪晋太郎に至ってはたった一球のデッドボールでスポーツ新聞の一面を飾れるのに、この差は一体何なんだと思わされるのである(笑)トヨタを筆頭にこんだけ有名な自動車メーカーがあるにも関わらず、国内に鈴鹿FSWといった立派なサーキットが複数あるにも関わらず、未だF1やWRC*1MotoGPのチャンピオンを一人も生み出せてないし、国民のモタスポへの注目度もえらく低い。コレを異常と言わずに何と言えば良いんだって話である。


WRC 2019 Rd.10 ドイチェランド ハイライト動画 | TOYOTA GAZOO Racing

 これと対照的なのがフィンランドで、フィンランドはクルマ産業が存在しない&国内に世界的に有名なサーキットも全く無いのに、キミ・ライコネンミカ・ハッキネントミ・マキネンユハ・カンクネンマーカス・グロンホルムといったチャンピオンを次々と生み出せてるんだから、実に大したモンである。ワタクシは自分で実際にモタスポやってる&プロドライバーとの交流があるから知ってるのであるが、ニッポンのモタスポ環境は決して悪くなく、ドライバーの質だって中々のモンがあるのである。問題はモタスポに対するニッポン人の関心が低い事であり、ソレ故にカネが動かないのである。ニッポンにはカネが潤沢にあるけど、カネはあるだけじゃダメなのである。カネはその業界の中で流動してないと意味が無いのである。

*戦いの場は宇宙へ?
 つい最近【アメリカが宇宙軍を創設した】んだそうである。多分モニター前のロンマニアの方々の中には、この「宇宙軍」って言葉に対し激しいトキメキを感じてる方も少なくないのではないであろうか(笑)まぁネットの普及で人工衛星の存在がワタクシ等の生活に欠かせなくなって、衛星及びその関連インフラの有無が国民の生死にも直結するようになった以上、ソレを敵から守る為の軍事組織が必要となるのは自明の理といっても過言ではないのである。こう言っちゃ大変悲しいのであるが、ワタクシ含め「宇宙軍」って言葉に激しいトキメキを感じてた人が望むような展開ってのは、ワタクシ等が生きてる間には見られそうにないのである(爆)


宇宙戦艦ヤマト 第01話「SOS地球!!甦れ宇宙戦艦ヤマト」

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 戦闘シーン(OP~戦闘1)

 宇宙軍というと、多分こういうのを想像してた&期待してた人が殆どなのではないであろうか。ソコんトコはワタクシもそうなので、安心してほしい次第である(笑)多分本国アメリカでも「ジェダイとフォースが云々」「デス・スターとスター・デストロイヤーが云々」「エンタープライズグリンゴン人が云々」って盛り上がってる事が容易に想像できるから、時間のムダだと思うので敢えて調べなかった次第である(爆)ロボットや宇宙船は兎も角、宇宙用BDUを装着した宇宙軍特殊部隊兵士が宇宙用鉄砲で宇宙戦をするってシチュエーションも、現代の技術だとまだまだムリそうである(^_^;)


Moonraker 1979, Laser Battle scene 720p

Call of Duty: Ghosts - Space Scene

 まぁ戦争関連でワクワクするのはアレなのであるが、でもオタクの性としてワクワクを抑えられないからしゃーないのである(笑)でも技術の進歩ってのは、何時だって途方もない憧れから生まれてくるモンである。レオナルド・ダ・ヴィンチの飛行機械が正にソレだけど、そういう果てない夢を見て、出来る事から一つずつクリアしてく事は、科学を先に進める上で非常に重要なのである。クルマだって今でこそ1500馬力のクルマが市販されているが、世界最初のクルマはたった1.5馬力しかなかったのである。だから何だかんだ人類は宇宙を征しちゃうんだろうなってワタクシは半ば確信しているのである。

*ニッポンでモタスポを流行らせる方法
 サブタイにはそう書いたものの、コレぞという素晴らしいアイディアは全然浮かんでこない次第である(^_^;)一応トヨタがモタスポ参戦やらスポーツカーの市販やらで頑張ってるのは分かるのであるが、どうも他メーカーのノリが悪い&盛り上がってるのは既に好きな人達だけって感じなのである(´・ω・`)以前から何回も「アイルトン・セナみたいなニッポン人のモタスポのスーパースターが誕生する事」ってソレも、周りを見渡す限りだと居そうにないのである:

世界中が泣いた!最速の貴公子!その素顔 アイルトン・セナ 1
ちゅーのも、スーパースターってのは実力もそうだけど、時代にも左右されるからである。時代がスターを求めていて、ソコにマッチしたヤツが現れた時、ソイツはスーパースターになれるのである。でも今の時代、豊か過ぎて誰もスターなんて必要としていないのである。

 そう、いくら「不況ガー」「格差社会ガー」と叫ばれていても、ニッポンって他所に比べればまだまだ全然恵まれているのである。ニッポン人の不満ってのは精々「今まで1リットルちゃんとあった牛乳が900mlになった(●`ε´●)」レベルであって、何処を探しても牛乳が無いというガチのソレじゃないからである。そうするとどうすればいいかって、地道に景気を回復させて経済を活発化させるっきゃないのである。上記でも言ったように、経済ってのはカネの量で決まるのではなく、カネが如何に循環するかで決まるのである。循環するから失ってもすぐまた得られるし、クルマみたいなデカい買い物にも大胆になれる。やっぱ世の中カネだなとつくづく思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190904235804j:plain

*1:一応PWRCでは新井敏弘がチャンピオンになったが、最上位ではまだ居ない