アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

UNCONSCIOUSLY CONFINED

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「教員と教育者とは違う。教員とは教科指導を行い、学力テストの得点を引き上げるのに必要な人である。一方、教育者とは”世の中から忘れられた子供の中に価値を見出せ”という心のささやきに、耳を傾ける人である。そして生徒に自分の一部を差し出し、それによって、こちらが与えたものより遥かに多くのお返しを受ける人だ」
By スーザン・カニンガム・ユーカー

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*真のリベラルは何処へ
 リベラルが劣化してサヨクになってしまったのはニッポンだけかと思ってたのだが、でも【香港デモへの支持を表明したプロゲーマーが賞金はく奪&トーナメント参加禁止】になった例を見ると、諸外国もあんま変わらんみたいである┐('~`;)┌ハリウッドスターで「トランプくたばれッ!」「アメリカに未来は無いッ!」って叫ぶヤツは星の数ほど居るが、でも香港デモを支持したり中国共産党にノーを突き付けてるのは、ワタクシの知る限りリチャード・ギアぐらいなモンである。中国がアメリカに続く世界最大級の映画市場で、中国マネーも相当数アメリカに入り込んでるらしいから、所詮リベラルなんてこんなモンである┐(´∀`)┌


'Blitzchung' suspended by Activision Blizzard over Hong Kong support

リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放 だが…

 まぁ何ちゅーか、レーガンクリントンもブッシュ親子もオバマも「中国がこのまま経済成長を続けていけば、やがて民衆が自由を求めるようになって民主化の道を歩むだろう」って大マジで考えてたんだと思うのである。だから30年前の天安門事件に対しても甘々な対応をしてたし、自由化を促すために経済交流もガンガン行ったんだと思うのである。でも結局「腹さえ膨らませ続けられさえすれば、自由が無くとも民衆は満足する」って結論に達したのか一層独裁路線を進めてしまって、気が付いたら中国マネーで雁字搦めになってしまったって話である:

【深層NEWS】香港で大規模デモ 中国が圧力強める背景
まぁでも中国のやり方って、発展途上国では理に適ってるのである。ああいう地域って法やルールを順守する意味や価値が分かってないから、ヘタに民主主義を持ち込んだって余計に混乱するだけなのである。だから中国含め、独裁的に経済を成長させるのが実は一番効率が良いのである。極一部の先進国と、その他多くの発展途上国。正に21世紀になってからの世界の大問題の一つである”二極化”がここにも表れているのである。

*ホントに良いモンが欲しけりゃカネを出せ
 でもってこの二極化の波ってのは、もう確実にニッポンにも押し寄せてきてるのである。一億総中流の時代は終わって、もう他の先進国同様に「カネを使って良いサービスを得られる少数&国家衰退のせいで質の落ちた公共サービスしか受けられない多数」に分かれてしまってるのである。少数はカネを使ってホントに良い学校でモノホンの教育を受けさせて貰って、カネの無い多数は義務教育で【教師が教師をイジメるようなダメ学校】で最低限の教育を受ける事になってしまうのである。そう、子供の教育にカネをかけなきゃいけない理由は教育の質もだけど、こういうアホ学校やアホ教師やアホ同級生からの悪影響から子供を守る為でもあるのである。


教師いじめで校長会見「今後子どもに指導させない」(19/10/09)

 まぁこう言っちゃアレだけど、この手の学校に更生を期待するなんてムリな注文だと思うのである。いじめ問題は何十年も前からあって、何か起こる度に毎回の様にニュースで大騒ぎして、校長及びその他に謝罪会見させて、遺族が世間に対し「もう二度とウチの子のような事を起こさないでください」ってアピールしたけど、果たして世の中良くなったであろうか?残念ながら答えは「ノー」である。コレは世の中が悪いだとか行政が悪いとかではなく、人間の性なのである。いじめ云々を本気で無くそうと思ったら、学校の至るトコに監視カメラを配置する&監視員を巡回させるしかないのであるが、コスト的にも人権云々的にもムリな話である。


松本人志「本気の顔1」 いじめ問題を語る

 じゃあ親の立場としてどうすればいいかって、答えは自ずと「こういうアホ学校に子供を入学/入職させなきゃいい」になるのである。ちゃんとした学校なら確実に安全というワケではないが、少なくとも将来安泰だから公務員になった意識低い系のアホ教師が運営してる学校よりかは間違いなく良いと言えるのである。でもってカネがあれば何かあった時に真っ先に弁護士に相談できるし、他の学校への転入転出も容易になるのである。そうカネってのはルサンチマン云々あるが故に色々悪く言われる事があるのであるが、使うトコでちゃんと使えば身を守る為の優れた道具になるのである。安全の為に使うカネは惜しむな、コレが安全に関するワタクシのジャスティスである。

*二極化を受け入れる
 そう、全ての国民に完全な安全を提供するなんて事は、ニッポンどころか何処の国だって出来っこないのである。国が保証するのは最低限のソレだけであって、最高のモンが欲しければ後はテメェでカネなり何なりを使って得るしかないのである。世知辛いが、世の中の富ってのは全ての人に最高のモンを用意できるだけの量は無いのである。もしも中国の全国民がニッポンと同レベルの豊かさを享受しようと思ったら、ソレだけで地球の資源が枯渇してしまうのである。だからホントに良いモンを得ようと思うのなら、競争に身を投じてでも得るしかないのである。そしてソレは教育だとか医療だとか就職だとか、そういう分野にしても然りである。

 でもニッポンにおいては、こういうワタクシが言うような「二極化しゃーない論」はどうもウケが悪いみたいである(笑)まぁバブル時代の一億総中流幻想がまだ根強く残ってるってのもあるけど、やっぱ二極化により社会が分断されるのを恐れてるんじゃないかと思うのである。ニッポンは所謂「和の国」であり、格差はあると言っても”和の範疇”に収まってる→金持ちも貧乏も一応仲間って建前が通用してたからこそ”一億総中流”に皆仲良く収まってたのである。でもこのまま二極化が進めば上も下も”和の範疇”を超えてしまい、そうなったら始まるのが社会の分裂である:

貧富の格差はなぜ広がるのか?
そうなると今も若干そうなってるような「世の中が悪いんだから、弱者が強者を一方的に攻撃するのはしゃーない」って考え方が益々強くなって、ソコから分裂が更に強くなって、後はその悪循環である。ソレがイヤだから、ニッポンは何が何でも建前を守ろうとしてるんじゃないかと思うのである。さて明日も色々忙しいので、もうお暇しようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191010235646j:plain