アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

GRUME

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「野球選手が野球を好きなように、プロビジネス選手(=ビジネスマン)はビジネスが好きでないといけない」
By 三木谷浩史

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*儲けて何が悪い
 モノ作りニッポン、ニッポン人はホントこの言葉が好きである。良く言えばソレがニッポン人のアイデンティティーであり矜持でもあり、悪く言えばソレがニッポン人が先へ進むための足枷になってるのである。与党の政策も野党の政策も、何処も彼処も「モノ作りニッポン」の経済スタイルを主体にしてるから、だから何処も今の状況を改善できないのである。ソレ故に「投資はギャンブルだ、GPIFなんてとんでもないッ!」だとか「株で儲けるなんて邪道だッ!形に残るモンを作ってこそ正しいカネの稼ぎ方だッ!」って言うヤツが少なくないけど、何をバカな事言ってやがるんだって話である┐(´д`)┌株と投資があるからこそ、ニッポン経済が活性化するのである。


ホリエモン直伝!投資を始める際に気をつけるべきこと

 例えば商売で儲けようと思ったら、商才と資本金の両方が必要になるのである。が、最初から両方持ってるヤツなんてSSR級のレアキャラである。でも株や投資があれば「商才や才能はあるけどカネが無いヤツ」と「カネはあっても商才や才能が無いヤツ」が共に儲ける事が出来て、経済が一気に活性化するのである。だからカネがあるヤツは才能のあるヤツや商才のあるヤツにガンガン投資するのが正しい姿なのであり、ソレが資本主義の正道であり王道なのである。ニッポン共産党の某大物幹部が「投資家や株主から税金をガッツリ取ればいい」などとバカな事を言ってるっぽいが、だから共産党は万年野党なのである┐( -"-)┌

*ファザー・オブ・オール・ロードスター
 まぁワタクシが前からずっと言ってきた事だけど、やっぱニッポンには資本主義と民主主義は合わないのである。勤勉を美徳とする年功序列の縦社会が古来から定着してて、人間皆平等&カネ稼げるヤツが偉い的な思想は「人間味が無い」「汗を流さず稼ぐなんてダメだ」って受け取られてしまうのである。本心ではソレが邪道だとは思っていても、でも世界はその邪道が主流になっている。その狭間でニッポン人は今尚鬩ぎ合っているのである。さて話は変わって、と:

ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.17 (Motor Magazine Mook)

ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.17 (Motor Magazine Mook)


マツダ公式/ロードスター30周年記念ミーティング 本編
そーいえばワタクシ、今の今に至るまでロドスタ関係のイベントに顔出した事が無いのである(^_^;)会場が軽井沢だとか広島だとかで矢鱈遠いのもあるけど、やっぱ一緒に行くようなロドスタ仲間ってのがリアルで居ないってのが一番大きいと思うのである( ̄▽ ̄;)コレは決してワタクシがぼっちだという事ではないので、ソコんトコ悪しからずである(笑)あとやっぱNDのチューニングってもうネタが出尽くした感があって、気になるような新パーツも全然見当たらなかった次第である。

ファザー・オブ・オール…

ファザー・オブ・オール…


Green Day - Father Of All… (Official Music Video)
グリーン・デイの新作であるが、音楽性がガラリと変わってビックラこいた次第である( ̄□ ̄;)でもこういう事って、実は良くある事らしいのである。つーのもホントにやりたい事をやってるミュージシャンって実は少ないからである。多くは「ソレやると客にウケなくてレコード契約も取れないから」って理由で流行りの音楽やったりとかしてて、ソレで成功を納めると「じゃあホントにやりたい事やってみよう」って思い切って実際にやるヤツが時折出てくるらしいのである。果たしてコレが上手く行くか否か、今後に注目である。

*金融大国ニッポン誕生?
 話は戻って、じゃあワタクシが株や投資についてどう思ってるかと問われたら「大いに賛成。てゆーか、ニッポンがこの先生きのこるには金融立国するっきゃない」と答える次第である。こう言っちゃアレだが、昔ながらの「モノ作りニッポン」はもう二度と戻って来ないだろうとワタクシは考えてるからである。第二次産業主体の経済が終われば、自ずと第三次産業主体の経済になる。当たり前だけど、ニッポンもその時期に差し掛かってるのである。欧米が既にそうなってるように、先進国に求められてるのはフォワードエンジニアリング主体の高次産業か高度サービス業であって、決して安くて高性能なモンを薄利多売する事ではないからである。

 でもって高級品や高性能品の商売ってのは、実は大して儲からないのである。ベンツやBMW然り、高級化を目指したアップル然りである。どんなジャンルでもそうであるが、一番儲ける方法は「ソコソコのモンを安く作って大量に売る」であり、ソレは今のニッポンでは人件費云々で最早ムリなのである。モノ作りは飽和点を迎えたけど、ニッポンはカネだけは唸るほど持っている。だったらそのカネを投資に回すってのは至極当然の選択なのである。モノ作りは少数精鋭化して、足らない分を金融で稼いで、大量に出るであろう失業者は社会保障で救済する。自分達がどんなに変わらなくても、周りは絶えず変わり続けるのだから、変化は何をどうやっても避けられない。その事を再認識した今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200209235427j:plain