アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

PARIAH

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「小売業で成功するには、日々の小さな積み重ねが大事。逆転ホームランをねらったら失敗する」
By 藤田田

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*もうちっとだけ続くんじゃ
 先日の鉄砲ネタの続きである。もうワタクシが説明するまでもなく、サバゲーブームはもうほぼ終焉したと見て良いのである。新コロ云々も加わって、コレからは潰れていくショップやフィールドが増えていく事であろう。無論、エアガン業界も同様に淘汰の嵐が吹き荒れる事になるであろう。ワタクシが見るに、今のエアガン業界ってアタリショックのソレに近い状態なのである。粗末なクオリティーで同じようなの鉄砲が粗雑乱造されていて、多分新コロ云々が無くても何時かは一斉に淘汰されるだろうとワタクシは思うのである。そんな中、東京マルイは流石電ガンの元祖というかパイオニアというか、そんな大淘汰の時代を生き残るための新商品を登場させていたのである。


【マルフェスONLINE/新製品コーナー】新たにラインナップに加わる次期新製品を、詳しくご紹介!

 ワタクシ的に何が気に入ったって、敢えてハンドガンの魅力であるブローバックを犠牲にして、実射性能を伸ばす事を選んだマルイのセンスである。多分あんだけ小さいとガス気化によるエネルギーも小さいだろうから、ブローバックさせると色々と中途半端になる可能性が高いのである。だったらブローバックを捨てて、マルイが最も得意としてる品質と実射性能の追求に費やした方が、マルイらしい実用性の高い鉄砲になるだろうからである。スティーブ・ジョブズも「大事なのは捨てる勇気」と言ってたが、コレが正にソレなのである。お座敷だとかインドアだとかネタ用だとか、長物や大型ハンドガンとは別次元の使い勝手の良さが期待できるのである。値段も6.8英世とリーズナブルだし、発売されたら1丁欲しい次第である。

発達障害の三層
 とある当事者の方が【発達障害にはバリ・ギリ・ムリの三層がある】って話をしていたのだが、ああ成程とワタクシも思ってしまったのである。考え方や目指すモンが違うんだから、そりゃ話が合う筈がないのである。あくまでワタクシの私見であるが、バリとギリの間の隔たりはソコまで大きくはないけど、ギリとムリの隔たりは相当デカいのである。何故ならギリがバリになるのに必要なのは技術論(どうすれば自分のポテンシャルを上げられるか、どうすればムダに疲れないか等々)であるが、ムリがギリになるには相当な覚悟と苦労が必要だからである。分かり易く言うと、マニュアル車の発進みたいなモンである(笑)


誰でも半クラッチを成功させる方法 【初めてのMT車の運転】 半クラ 詳細編 | マニュアル車

 半クラッチの何が怖いって「急発進したらどうしよう」とか「回し過ぎてクルマ壊したらどうしよう」といったクルマの感覚を分からないが故の恐怖である。就労できないムリ層も「また周りに苛められたらどうしよう」とか「色々失敗して怒られたらどうしよう」って社会の感覚が分からない故の恐怖が大きいのである。クルマ同様、ちゃんと指導して感覚に慣れれば「あ、実は社会はそんなに怖くないんだ」って分かれば良いのであるが、ソコが結構厳しいのである。半クラッチシフトアップやシフトダウンが然程意識せず出来るようになればヒール&トゥやシフト飛ばしも簡単にできるようになるのと同様、ギリまで行ければバリへの隔たりは応用や練習で何とかなるのである。


発達障害のバリ層・ギリ層・ムリ層の違い【アスペルガー、ADHD】

 ワタクシはそう思うのであるが、そう思わん人の方がずっと多いから、ワタクシはプロ当事者になれないのであろう(笑)でもリンク先の人等が言ってるように、今後バリ・ギリ・ムリの間の対立は激しくなるだろうなって思うのである(^_^;)ちゅーのも今後、その三層の格差はドンドン大きくなるだろうからである。バリ層はインフラの充実や現代の利器を活用してドンドン稼げるようになって、ギリ層はそのままかちょっとだけ良くなって、ムリ層は早々に社会福祉のお世話になる事になってしまう。健常者の格差社会のソレが、発達障害当事者にもそのまま当て嵌まってしまうって事である。

*ムリの一発逆転ホームラン
 あと何が発達障害の問題をややこしくしてるかって、所謂当事者による社会活動のソレがである。当事者会だとか自助グループだとかで積極的に活動したり、ネットだとかで積極的にメッセージを発信するのって、その多くがムリ層なのである。バリ層は仕事で忙しくてそんなヒマは無いし、ギリ層は仕事や生活で疲れてて活動する余力が無い。つまりイベントだとか発言だとかを積極的にやるだけのヒマや余力があるのがムリ層だから、自然とムリ層がその手のアクティブな活動家になっていくのである。でもって中には活動にのめり込む当事者も少なくなく、中には「自分達の活動で世の中を変えていくんだッ!」って感じに社会人になる事を拒む人も居たりするのである。

 よーするに、自分が社会に適応するのではなく、社会が自分に適応してくれるように仕向けたいのである。多分だけど、自分等がいくら頑張っても良くてギリ層にしかなれない&ソレになるにも相当な苦労が要るからこそ、ソレが受け入れ難いのである。特にムリ層は劣等感の裏返しとしての過剰な自尊心を持ってる人も少なくないため、尚更「自分(等)がバリ層に並ぶためには、人生の一発逆転ホームランを打つっきゃないッ!」って思っているのであろう:

9回裏完全保存版 2001.9.26 大阪近鉄バファローズ優勝 北川博敏、奇跡の代打逆転満塁サヨナラHR
特に当事者会を主催したり各種講演に呼ばれるようなレベルのアルファギリ層当事者ほど、この一発逆転ホームラン狙いが多い様に思えるのである。何せ今まで何も無かった人生に、皆からチヤホヤされる唯一にして最大のチャンスが訪れたんだから、そりゃ自分の全てを当事者活動に賭けるってモンである。無論そんな試みは社会に受け入れられるはずもなく、でももう後には引けないからやり続けるしかない。人間パンのみに生きるに非ずとは(色んな意味で)よく言ったなと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200522001745j:plain