アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

TERAS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「エネルギッシュで成功する人間は、欲望という幻想を現実に変えることに成功する人間である」
By ジークムント・フロイト

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*君子危うきに近寄らず
 旅に不慣れな旅行者が海外で道に迷って治安の悪いスラム街に入ってしまって、運悪く悪党に襲われてしまった。今巷では【某女子プロレスラーが云々】で話題になっているが、ソレに関するワタクシの率直な感想である。死者に鞭打つようでアレであるが、彼女はネットにトコトン向いてなかった性格なのである(-_-;)ソコんトコはリアルでのいじめと一緒で、いじめっ子は獲物を嗅ぎ分ける嗅覚が鋭いんで、一気に狙われちゃったって感じである:

「テラハ」出演木村花さん(22)急死なぜ
確かに一番悪いのは誹謗中傷したヤツだし、何もしてない彼女がSNSを去らなきゃならんのは理不尽だとワタクシも思う次第である。が、リアル海外のスラムのソレと同様、正義と道理を掲げれば解決する問題でもないのである。全員と戦うには途方もない手間とヒマとカネが必要になる&報復のリスクもあるんだから、その苦労を背負い込むよっかはSNSを辞めた方が手っ取り早いのである。

 そう、世知辛い話ではあるが、正義にもコストパフォーマンスという概念があるのである。ウイグルチベットがソレであるが、正義を貫くための代償が得られるメリットよりも小さい場合、正義は後回しになってしまうのである。だからSNSに限らず”危険地帯”へ踏み込むのであれば、ソレ相当の準備と覚悟が必要なのである:

渡部陽一が戦場で遵守する6つの掟 「現地では必ずボディガードを雇う」 #Yoichi Watanabe
自分で武装する、ボディーガードやガイドを雇う、現地で生きるためのノウハウを身に付ける等々。別に危険地帯に限った話ではないが、何処で何をやるにしても事前準備と知識は欠かせないモンなのである。理不尽かも知れないが、人間というナマモノの歴史は理不尽の歴史でもあるのである。

*ソレでもネットは匿名を捨てられない
 この事件を機に「誹謗中傷者には刑事罰をッ!」「ネットは実名制にしろッ!」って声も少なからず上がっているが、残念ながらワタクシはどっちもムリだと思ってるのである。まず刑事罰であるが、コレをやったらマジで限が無くなるからである。やったヤツを割り出すのに手間が掛かるのもだけど、数が尋常じゃない上に、恐らく不起訴で終わるのが大多数だからである。あんま知られてない事であるが、タイーホされても即起訴されるって事はなく、刑事事件でも半分以上が不起訴か起訴猶予なのである。刑事事件でコレであるから、刑事事件でもないネットの悪口なんかは尚更である。特にネットで実名が晒されたりすると「社会的制裁受けたから不起訴ね」ってなる確率が更に上がるのである。


起訴と不起訴/厚木弁護士ch・神奈川県

 あと実名制であるが、こっちは尚更ムリである。ちゅーのもネット社会のダイナミズムってのは、良くも悪くも匿名だからこそ起こってるのである。匿名だからこそ思い切った言動に出れるし、その思い切った言動から素晴らしいアイディアやイノベーションが次々と生まれてくるのである。そしてその斬新さに人が集まり、人の集まるトコにカネが集まり、カネが集まるからこそ経済圏が生まれるのである。ちょっと前の中国がソレだけど、人材やカネってのは規律と正義のあるトコに集まるのではなく、ダイナミックでエキサイティングなトコに集まるのである。正義や秩序ってのは、思った以上に後で何とでもなるモンなのである。


中国のビジネス・経済事情を竹中平蔵と語る!【ホリエモン万博:怒涛のトークショー第二弾】

 そう、実名制が導入されれば、ほぼ間違いなくネット社会のダイナミズムは失われてしまうのである。そうなれば勿論ネット社会から人とカネが消え失せる事になってしまうのである。でもって今世界を牛耳ってるのがGAFAをはじめとしたネット企業であり、連中は決して既得権益を手放さないであろう。だからクルマと一緒で、人を殺す可能性があると分かっていても捨てられる事はなく、安全性を高めたり啓蒙活動を促進するなどして”死の危険と共存する”道を選ぶであろう。人間というナマモノの歴史は、ソレ即ち利便性追求の歴史である。より便利であるならば、人類は危険を冒してでもソレを使い続けようとするのである。火然り、電気然り、ガス然り、飛行機然り、クルマ然り、そしてネット然りである。

リア充の断捨離
 ワタクシの知る限り、ネットでの人間関係に囚われてしまうヤツにはとある共通点があるのである。ソレは「リアルでも友達作りがヘタな自己肯定感の低いヤツ」である。友達作るのがヘタなヤツにとって、友達を失うって事は大きな損失なのである。でもって自己肯定感が低いとその損失により被るダメージが一際デカくなるため、必死こいてショボくて脆い人間関係でも守ろうとするのである。すると八方美人になり、テメェの考えを言わなくなり、何事も笑って誤魔化すようになるのである。そしてそういう特徴をいじめっ子が看破して、新たなターゲットとして襲いかかるのである。しょーもないヤツは切って構わんと悟るのが、良い人間関係を築くコツなのである。


【自己肯定感①】が高まれば人生が楽になる。〜きっと大丈夫〜

 でもってワタクシの知る限り、リア充ってのは人間関係の断捨離がすんごい上手なのである。しょーもないヤツや害をなすヤツは躊躇いなく関係を切って、切った分と同じかソレ以上に有意義な人間と友達になってるのである。リア充を嫌うヤツは多いが、ソレ以上に多くの人から好かれれば何ら問題は無いのである。だからSNSで人間関係問題に陥ってしまったら、さっさと脱会してしまうのがベターなのである。SNSやってない人とやってるヤツ、圧倒的に多いのは前者なんだから、前者との関係が上手く行ってれば何ら問題は無いのである。世界観の狭いヤツは、いざという時に逃げ場が無くて詰む。改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200525235231j:plain