アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

REVOLUTION REVOLUCIÓN

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「人間は道具を使う動物である。道具なしでは無であり、道具があると全てである」
By トーマス・カーライル

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*人生最初で最後のセダン
 ワタクシが自分の人生において最初に買ったセダンといえばGDBインプレッサWRX-STI(E型)であり、恐らく同時にワタクシの人生で最後に買ったセダンともなるであろう(笑)何せ最初のクルマだったんで何も分らんまま買ってしまって、色々と要らん手間を取らされたモンである(´ヘ`;)その最たるモンが後部座席と後部ドアであり、ロクに使わなかった上重量もあるのである。重たいからサーキット走る前には後部座席を取り外す必要があるし、でも車検上(5人乗車で登録してるため)公道を走るにはつけ直さなきゃならんのである。だからあの時はサーキット走る度に「次のクルマにドアは3枚以上要らないッ!」って固く誓ったモンである(笑)


【詳細レビュー】スバル インプレッサ WRX STI(涙目)

 4人家族でクルマが一台しか買えないってのなら、スポーツセダンは選択肢の一つとしてアリだと思うのである。が、ワタクシには2台買う余裕があるし、何より独りモンである(笑)だったらドア4枚あるクルマは必要無いって話である。元々滅多に他人を乗せないし、乗せるとしても大体1人だけだし、荷物もトランクルームと助手席があれば十分な量の荷物しか積まないんだから、2シーターや2+2でも十分事足りるのである。もしもソレ以上人や荷物を乗せなきゃならん時が来たら、その時はレンタカーでも借りれば良いのである。モノは必要十二分だけ持って、二十分も三十分も持たない。コレがワタクシのジャスティスである。

*セダンはオワコン
 何故今の時代にセダンが売れなくなったって、セダンが色んな意味でオワコンだからである。昔はクルマ作りの技術が無かったから「安全で、走りが良くて、人も荷物も多く載せられる」って条件でクルマを選ぼうと思ったら、もうセダンしか選択肢が無かったのである。でも今は技術が進んで、ワンボックスや軽自動車でも高速を時速100キロで安定して走れる&衝突安全性も確保できるようになったのなら、そりゃ色々と中途半端なセダンを選ぶ理由なんて無くなってしまうのである。だから【クラウンの販売台数が大幅減】って記事を読んだ時も「そりゃ若返り云々以前の問題だわな( ´△`)」って思ってしまったモンである。


竹岡 圭の今日もクルマと・・・トヨタ新型クラウン Test Drive

 そう、先進国においてはセダンは最早スポーツカー同様に、趣味とステータスで買うクルマなのである。特に近年はニッポンにおいても格差社会による二極化が進んでいて、セダンのメイン購入層の年収も上がってるのである。上の連中的にはトヨタなんぞよりもレクサスかジャーマン3(ベンツ、アウディBMW)の方が見栄えも走りもステータス的にも良いし、下の連中は上記にもあるように軽かコンパクトカーかミニバンを選ぶから、そりゃ中途半端なクラウンなんぞ欲しくならんに決まってるのである。クラウンの最大の売りって「ニッポン専売車ゆえのニッポンという土地柄に最適化した実用性の高さ」なのであるが、今時のセダンに実用性は求められてないって話である。


日本で買える! レクサスLM300hを内外装徹底チェック! /LEXUS LM300h Walkaround

 あと会社のシャッチョだとか代議士のセンセといった昔はクラウンを足にしていた人達も、最近は大型ミニバンに移行してるのである。後部座席の座り心地や広さがセダンよりも圧倒的に良く、良い意味で悪目立ちせず、値段もそんなに高くなく、その上乗り心地だって悪くない。あとニッポン特有の「相手先にムダに高級なクルマで行くのは失礼にあたる」って風習も、国産でその上車格も大して高くないミニバンならば余裕である。セダンそのものが無くなる事は無いだろうけど、実用性の高いセダンが求められる時代はもう終わってしまったのである。だから今、SUVが世界的に大ブームになってるのである。

*世界は大SUV時代
 こういう視点から考えると、何故SUVが世界中であんだけの大ブームになったのかが分かるってモンである。視点が高いから少しぐらいクルマが大きくても運転し易いし、荷物も人も十二分に積めるし、剛性高いから走りも良いし、車高が高めだから坂道や段差なども苦にしないし、デザイン的にもバランスが良いし、4WDモデルならば悪路走行だってこなせちゃう。利便性や実用性で考えたら、何をどう考えても「SUV>>セダン」なのである。ワタクシは今はまだスポーツカーが楽しくて仕方がない時期であるが、もしもサーキット走行を引退するような事があったら、やっぱセダンよりもSUV選ぶだろうなって思うのである。


550馬力のポルシェ最上級SUV、カイエン・ターボの豪快な走りをLOVECARS!TV!河口まなぶが味わう/ Porsche Cayenne TURBO TESTDRIVE

 多分サーキットを走らなくなったとしても、ワタクシは生涯趣味人を貫く事は間違いないからである(笑)そんな時はどんなクルマが便利かって、趣味のアイテムを後部座席及び貨物エリアにたくさん載せられて、且つソコへのアクセスが容易な事だからである。その点SUVならばリアハッチからのモノの出し入れが圧倒的にし易いし、後部座席を倒せばデカい荷物も簡単に載せられる上、リアドアを併用する事でアクセスが圧倒的に楽になるからである。走りを楽しむんだったら、ソレこそ非サーキット的な2ドアクーペを選べばいいのである。やはり何をどう考えてもセダンはオワコンだと確信した今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20201030235654j:plain