アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

THE SCARS BETWEEN US

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「成功するということは、成功しない人達から仲間はずれにされるということ」
By 石井貴士

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*インフォメーションはインテリジェンスに非ず
 知識はインフォメーションとインテリジェンスの2種類があって、例えるなら前者が食材で、後者がその食材を用いて作った料理である。こう書けば、この【オタクになりたい若者達】の何がダメなのかが良く分かるってモンである。そう、倍速でアニメや映画を観てWikiで補足して得られるのはインフォメーションであり、ソレを幾ら貯えてもインテリジェンスにはならないのである。オタクはまずインテリジェンスがあって、そのインテリジェンスを活かす為にインフォメーションを必要に応じて集めてるだけである。スイーツ作るのにトウガラシやカレー粉が要らないのと同様、ムダなインフォメーションは百害あって一利なしである。

youtu.be

 インフォメーションとインテリジェンスの違いが分からないとどうなるかって、この記事の若者みたいになるのである。コンテンツにムダにカネを使わされて、同じようにインフォメーションを貪るだけのヤツ等との人間関係に四苦八苦して、結局なりたかったオタクにはなれないのである。そう、インテリジェンスが無いヤツは、インテリジェンスのあるヤツに喰いモンにされてしまうのである。特にネット時代になって情報が溢れかえる今の世の中、インテリジェンスを身に付けなければインフォメーションの海で溺死してしまうのである。

*チー牛とサヨクの共同戦線
 以前ワタクシが【マーベルがポリコレに媚びた云々】をネタにした時、ワタクシはちょっとした疑問を持ったのである。ソレは「マーベルコミック読むようなオタクって表現の自由を求める筈だと思ったんだけど、何故ポリコレなんぞに(´ヘ`;)」って事である。ニッポンだとフェミニストサヨクがオタクを目の敵にしていて、ソレに対しオタクが反発してるという事が現在進行形で起こってるからである。ニッポンとアメリカで何がどう違うんだろうなってずっと考えてたのが、コレで漸く分かったのである。

youtu.be

 上記動画で言うSoyboyとはニッポンで言うチー牛みたいなモンであり、向こうじゃサヨクとチー牛が共同戦線を張ってるのである。だからチー牛向けのコンテンツを作ってるトコは、挙ってポリコレをコンテンツに取り入れてるのである。ニッポンはソコんトコ大らかだけど、アメリカでチー牛であるって事はソレだけでイジメのターゲットにされてしまうのである。欧米在住経験のあるロンマニアの方ならご存知かと思うが、向こうの差別は実力行使を伴うモンも少なくないのである。何せスクールカーストってのはアメリカが源流なのだから、チー牛の苦悩はニッポンのソレとは比べモンにならんのである。

youtu.be

 前にも言ったけど、BLMとかポリコレ云々って、アレは言わば階級闘争なのである。そしてその階級闘争に、同じように学校や社会で虐げられたであろうチー牛達が共感共鳴して相乗りしてるのである。アメリカでの成功者を見れば分かるけど、破天荒で掟破りなヤツであってもカッコ良くて力強いヤツのトコに人やカネは集まるモンだし、人やカネが集まれば自ずと権力になるのである。そういう権力者に対し、チー牛達が力を合わせ百姓一揆ならぬチー牛一揆を起こす。オタクならば死ぬほど興奮するシーンである(笑)ソレに比べりゃ表現の自由など、アメリカンチー牛にとっちゃ屁みたいなモンである。

*昭和の教訓
 じゃあ何故ニッポンじゃそういう風にはならなかったのか。ニッポン社会そのものが海外と比べ差別が少ない、アニメやゲームがニッポンで非常に盛んだから社会的な理解があるってのもそうだけど、一番はやっぱ「サヨクがどんなヤツ等かをニッポン人は戦後から今に至るまで散々体験したから」だと思うのである。学生運動があって、各種闘争があって、国際的なテロもあって、ソレ等が下火になってもネチネチと嫌がらせを現在進行形で続けている。ソレでも世の中が変わらない事をジャパニーズチー牛は身を以て知ってるから、共闘しようとは思わないのである。

youtu.be

 サヨクにせよチー牛にせよ、世の中を変えたいとマジで思うなら欠かせない事が一つあるのである。ソレは「民衆から幅広い理解と支持を得る事」である。ワタクシが見る限り、どっちもテメェの正当性ばかりを主張して、恰も「正しければ自ずと受け入れられる筈」と思ってるが、ソレは大間違いである。リア充陽キャがソレであるが、人は理念の正しさよりも人そのものについて行くのである。理念つまりインフォメーションはTPOによりコロコロ変わるが、人つまりインテリジェンスはTPOに合わせて柔軟に変われる。やっぱインテリジェンスこそ全てな今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210608234716j:plain