アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

LET US PRAY

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「お前が刹那から追い出したものを、永遠は返してはくれない」
By フリードリヒ・フォン・シラー

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*反省も謝罪も更生も要らない
 神戸の小学校で起こったイジメ云々であるが、この度【問題の加害教師連中が謝罪文を出した】んだそうである。ソレに対するワタクシの率直な感想は「あっそ( ´_ゝ`)フーン」といったトコである。つーのも、ワタクシはコイツ等の謝罪も反省も一切信用してないし、更生なんぞしないし出来ないって考えてるからである。刑事告訴されるかどうかは分からんが、されなかったら間違いなくほとぼりが冷めた後に別んトコで教壇に立って、そんでもってまた同じような事件を起こすだろう事は想像に難くないからである。公務員って刑事告訴とかされない限りは定年まで稼ぎが保証されるし、この手の民間で働けなさそうな性格破綻者共が公務員の地位を自ら手放すなんて考えられんからである。

 故にワタクシは「反省も謝罪も要らんし、更生もしなくても良いから、顔と名前を公表しろ」と言う次第である。ワタクシが一番望んでないのは、コイツ等がワタクシやワタクシの親しい人の生活圏に入ってくる事である。だから万が一コイツ等が生活圏に入ってきた時に速攻で追い出せるよう、コイツ等の顔と名前を知っておく必要があるのである。一応ネットにも流れてるっぽいが、万が一間違ってると大変な事になるので、公表が必要になるのである:

「人間として恥ずべきこと」 “激辛カレー”加害教師謝罪文 神戸市 東須磨小学校
加害者の人権?ワタクシやワタクシの親しい人、ソレに被害者の人権の方が遥かに優先順位が高いのである。ソレに「蓼食う虫もナントカ」じゃないけど、コイツ等の反省と謝罪を信じるナイーv・・・もとい人格者も少ないながらも居るだろうから、加害者はその”人格者”のトコに身を寄せれば良いのである。20~30年ぐらいマザー・テレサめいた聖人的生活を送る事が出来たのなら、その時改めて話を聞いてやっても良いのである。

*究極のブレイクポイント
 でもってワタクシの予想だと、このバカ4匹が刑事告訴される事は無いと睨んでるのである。ソレやったら確実に神戸の教育委員会がガタガタになるし、あの4匹が「死なば諸共」で他のヤツの事をバラす→更に逮捕者が出る可能性があるからである。だから被害者達に好条件を提示して被害届を下ろさせるなり和解に持ち込むなりして、4匹は田舎に飛ばされるなり介護学校行きになるなりして決着を付けると思うのである。だからこそ顔と名前を公表して、ソイツ等が自分等のテリトリーに来たら追放できるようにする必要があるのである。さて話は変わって、と:

Motor Fan illustrated Vol.157

Motor Fan illustrated Vol.157

操舵に関わる部分って、何だかんだ電動化が進んでるのである。でもって自称クルマ通が言うような「電動化すると操作感ガー」ってのは、思った以上に感じられないのである。電制4WDシステム然り、トルクベクタリング然り、電動パワステ然り、4WS然りである。結局、より速くてより安全ならば、人はフィーリングが多少犠牲になったとしてもソレを受け入れてしまうのである。次は電制ブレーキらしいけど、ワタクシはコレも受け入れられるだろうと考えているのである。


『ゴーストリコン ブレイクポイント』アナウンスメントトレーラー
今やってるゲームがまだ終わってないのでまだ冒頭しかやってないのであるが、その冒頭が厄介なのである(笑)前作同様に鉄砲が山ほどあって、鉄砲のアクセサリーも山ほどあって、身に着けるBDUやタクティカルギアも山ほどある。そう、装備と鉄砲を何にするかで、ゲームを本格的に始める前に大いに悩んでしまうのである(爆)でもって殆どの装備でペイントを自由に変えられるため、悩む要素が更に増えてしまうって事である(^_^;)無論、装備のアドバンテージは無いのであるが、ソレが逆に良いのである(核爆)

ドラクエの呪縛
 ココ最近の洋ゲーRPGをやってて思う事は「洋ゲーは未だに進化を続けている」って事である。オープンワールドアクションRPG要素を上手く混ぜたり、リアル世界の史実を舞台にした魔物や魔法の出てこないRPGを作ったりだとか、マンネリかと思いきや新しい試みが色々生まれてきてるのである。言っちゃ何だが、ソレに比べりゃ和ゲーRPG(以後JRPG)は進化してないに等しいのである( ̄~ ̄)何故そうなったのかを考えてみた結果、ワタクシは「ドラクエの呪縛が強過ぎるから」という結論に達したのである。ドラクエJRPGに与えた影響が大き過ぎて、何時の間にかドラクエJRPGのスタンダードになってしまって、ソコから抜け出せなくなってしまったんじゃないかという事である。


「ドラゴンクエスト」進化の歴史 Evolution of DragonQuest【ドラゴンクエスト11】

 冒険の舞台は中世ヨーロッパ的ファンタジー世界でなけりゃならない、ストーリーは少年少女が魔王から世界を救う勧善懲悪ストーリーでなけりゃならない、戦闘はコマンド式でなけりゃならない、剣と魔法とドラゴンは欠かしちゃいけない、主人公とその仲間は感情輸入できる魅力的なキャラでなければいけない等々。JRPGって必ずと言って良いほどコレ等の要素が含まれていて、ドラクエ的に作る事を正道で王道とし、ドラクエ的なモンから大きく逸脱する事を邪道として敬遠する。そういうのをワタクシは「ドラクエの呪縛」と呼んでいるのである。この呪縛から解放されない限り、洋ゲーのソレを超えるようなJRPGは未来永劫出てこない。そんな気がしてしまう今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191018235657j:plain

THE BLACK MASS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「嫉妬レースに、時間のムダ遣いするな。確かに、時々はトップになれる、でも時々はビリになる。レースは長いし、ゴールをしても、あなたしかいない」
By マリー・シュミッヒ

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ウェットでの貴重な体験
 クルマ好きでサーキット走行が好きな人は結構多いけど、ウェットコンディションを好んで走る人は実に少ないのである。タイムが全然出ない、路面が滑り易くて走行リスクが上がるのもだけど、自分が他車のソレに巻き込まれる可能性だって増えるからである。目の前を走ってたクルマが突然スピンして、避けられずに双方ともクラッシュ。走行会あるあるの1つであり、雨が降るとそのリスクは格段に上がるのである。でもってサーキットでの事故ってのは”お互い様ルール”が適応され、各々のクルマの損傷は各々のポケットマネーで補う事になってるのである。だから当日が雨ならば、折角高い参加費を払ってたとしても辞退する、そういう人は結構居るのである。

でもって残念な事に、一本目ほぼドライコンディションで走れたとはいえ、走った後にまた降り出してきてしまったのである(´・ω・`)ただまぁウェットはウェットでドライでは出来ない練習も色々出来たりするので、サーキット走行が好きな人は敢えてウェットでも走る人は居るのである。限界が下がるから上手に走る練習になるし、路面が濡れて温度が下がるからタイヤも減らないし、ウェットにも利点はあるのである。ワタクシの場合【投入したばかりの新型タイヤ】のウェット性能を突然知りたくなったので、リスク上等で走ってきたのである(笑)


2019-10-14 K-1スポーツ走行会in筑波2000・2本目

リンク写真で見れば分かる様に、新タイヤは結構な浅溝タイヤ→ウェットに弱いと思ってたのであるが、コレが中々行けちゃったのである。ぶっちゃけた話【前のタイヤ】よりもウェット性能は全然あるのである。ただ降ってる分だけグリップが落ちてるので、ブレーキがロックし易くなってしまってるのである(^_^;)ドライ状態だとタイやグリップと合わさって素晴らしく良いブレーキコントロールが出来るのであるが、ウェットだとブレーキの方が勝ってしまうのである。もう少しばかりパッドの効きを落とせば丁度良くなるんじゃないかとも思えるのである。

*クルマは素性が良くてナンボ
 スポーツカーを評価する上で大事なのは何かと問われたら、ワタクシは「クルマの素性」と答える次第である。重心とロールセンターは低いのか、重いモンが可能な限り車体中央に集まってるのか、前後重量配分はどうなってるのか、足回りのジオメトリーはどうなってるのか、トレッドホイールベースの長さは如何ほどか、車体剛性はどのぐらいあるのか等々。そういうのが良ければ良いほどクルマの安定性は飛躍的に上がっていくし、加速&減速&旋回の全てにおいて高い限界値を示すし、万が一限界を超えたとしても余裕を以って立て直せるのである。ただ速くしたいだけならエンジンをパワーアップさせれば良いだけだけど、素性の悪いクルマはソレやると途端に不安定になって乗り難くなるのである。

 ワタクシはNDの何が気に入ったかって、素性の良さがである。素性が良いから限界が高く、万が一崩れても立て直しが簡単だから、乗ってて全然怖くないのである。だからウェットコンディションでも安心して出走できるし、タイヤが良ければ尚更安心なのである:

2019-10-14 K-1スポーツ走行会in筑波2000・3本目
3本目になって雨足は更に強くなったけど、ご覧のように危なっかしさが全然無いのである。雨が強くなったからコーナー脱出の膨らみが強くなったりとか、ブレーキが更にロックし易くなったりとかいった事もあったのであるが、走ってる間に十分修正できるレベルだったので全然問題無かったのである。多分タイヤの発熱が早いからなんだろうけど、雨が降ってもシッカリとグリップしてくれたのである。まぁ多分ドライでの摩耗は早い事が予想されるが、コレばっかは実際に使ってみないと分からんのである。

 という感じに、完全なドライコンディションでのタイムアタックが出来なかったのは残念であるが、ソレでも今回ワタクシが試したかった事はほぼ全て試せたので、データ収集という意味では大成功とも言えるのである。まぁ筑波2000はまだまだチャンスが幾つかあるんで、ドライでのタイムアタックは次回に持ち越しって事で良いと思うのである。まぁNDというクルマは抑々速さを追っかけるためのクルマじゃないので、ソコんトコはあんま気にしてないのである。バランスの良い乗り易いクルマに仕上げる事が最優先課題なので、今回ウェットコンディションだったからこそソレが上手く果たせたとも言えるのである。

*家に帰って風呂入って寝るまでが走行会
 というワケで、今シーズン最初の走行会は無事終了した次第である。あとは何時もの様にジャンケン大会やって終了・・・ではなく、その前に50分間耐久レースなる催しモンが行われたのである:

雨足が更に強まった中、レースが行なわれたのである。でもってレースって事なんで上記のウェットのリスクは更に高まるんで・・・


この様に度々セーフティーカーが出動してレースが中断されてたのである。


でもってレースというからには、当然表彰式とシャンパンファイトはお約束とも言えるのである。


レースの後は、何時もの様にジャンケン大会が行われた次第である。


前回に続き、また非常食ゲットである(笑)ただ今回の台風といい、非常事態って意外と多かったりするので、この手の非常食は無いよりもあった方が断然良いので、迷わずコレにした次第である。


無事走り終わって、気が付いたらキリ番もゲットできて、走行会において最も重要な課題とも言える「家に自走して帰る」も達成した次第である。このクルマに乗って4年強経ったのであるが、2回目の車検も通すつもりだし、最低でも次期モデル(NE型?)が出るまでは乗り続ける予定である。でもって次期型が出るまではあと4~5年はかかるだろうから、その時まではNDでやってく予定である。さて明日も仕事なんで、さっさとお暇しようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191017000252j:plain

BACK FROM HELL

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ」
By 吉川英治

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


筑波サーキットの魅力
 ワタクシにとって筑波サーキットの何が良いかって、アクセスの良さである。何せ地元な上に常磐線も開通したから、クルマで40分あれば着いちゃうのである。でもって有名コースだから走行会の開催も多くて、タイムを参考にし易くて、ゲームにも収録されてるから家で練習する事だって出来るのである。更に言えば、行きつけのショップが国道129号を真っすぐ南下すれば着くので、いざという時も便利なのである。だからNDに乗るようになって以来、筑波サーキットは1000&2000の両コースをメインに使ってるのである。コーナリングを楽しむなら1000コース、アクセルを踏み抜く快感を味わいたければ2000コースといった具合にである。

 ただそんな筑波サーキットにも欠点が無いワケではないのであり、その1つが「天気を選べない」である。2日前までは確実に晴れると思っていても、天候が急に変わるなんてのは良くある話であり、そして今回もそうだったのである:


3日前までは「晴れ時々曇り」だったのが2日前には「曇り時々雨」になり、そして前日には「曇りのち雨」に代わってたのである。でもって当日になったら「雨」に変わってて、朝から降ってたって話である(´ヘ`;)折角の19年~20年度の走りシーズンの開幕だったのであるが、いきなりウェットコンディションから始まる事になってしまったのである('A`)先々日が台風だったから、気候的に不安定だったのだろうと思われるのである。

 ただそうは言っても、希望が全く無いワケではないのである:

ワタクシが現地に到着した頃には、もう雨は降ってなかったのである。


その上、午前の走行会の方々がガンガン走ってレコードラインを乾かしてくれたので、ソコだけは辛うじてドライなのである。つまりこのまま降りさえしなければ、実質ドライコンディションのまま走れるって事である( ^ω^ )




特に今回は【新ブレーキキャリパー】と【新タイヤ】のシェイクダウンをしたかったので、1本でもドライで走れればありがたい事この上無いのである。

*サーキットへ行こう
 ヨーロッパ在住のロンマニアの方に聞いた話、ニッポンにおける若者のクルマ離れはまだマシなんだそうである。若者がクルマ離れしてるのはヨーロッパでもそうであり、ニッポンよりも貧しい分だけ余計悲惨なんだそうである(´ヘ`;)だからニッポンのメーカー以上に欧米のメーカーは頭抱えてるんだそうである。特にモタスポが想像以上にヤバいらしく、DTMなんかは観客席ガラガラなんだそうである。DTMスーパーGTとコラボしたがってるのは、つまりそういう事である。故にワタクシのブログでも、モタスポ復興のための努力を惜しまない次第である:


エンジョイ勢からガチ勢まで、色んな人が集まるのがサーキット走行会である。でもって殆どの走行会ではクラス分けをシッカリ行ってて、誰もが気持ち良く走れるようになってるのである。


今回特に目立ったのが、結構な数が来ていたクラシックカー勢である。でもって、コレが意外と速いのである。つーのも元々軽い旧車に更なる軽量化を施しているから、パワーは低くても加速力や旋回力がハンパ無いのである。


でもってサーキットを走る為には、別に気合の入ったスポーツカーである必要は無いのである。こういうクルマだって走ろうと思えば走れるのである。ワンボックスカーだとかフルサイズSUVだとかいった明らかに向いてない車種を除けば、どんな車種でもサーキット走行は楽しめるのである。


サーキット走行に対する恐怖?このクルマがサーキットを駆け巡る様を見れば、そんな事はどーでも良くなって走りたくなる筈である(笑)一緒に走ってた他の参加者曰く「あの赤いNDロードスターは、まるで狂おしく身を捩る様に走り抜ける」んだそうである(爆)だからこのクルマを見るためだけにも、サーキットへ通う価値はあるのである(核爆)

*データ収集完了
 というワケで、雨が降る前に早速一本目である。ブレーキだとかタイヤだとかを評価するんだったらドライの時にしかできないし、故に今回実質的なドライで走れるだけでもありがたかったのである:

何故だか知らんが何時も贔屓にしてるコース内の食堂が今日は休業日→昼食が取れなかったので、昼食代わりに運良くカバンの中に入ってたコイツを頂くとしたのである(笑)台風前に念のために買っておいた非常用の糖分&エネルギーの摂取元が、こんなトコで役に立つとは思わなかったのである。さて、最初の1本目である:


2019-10-14 K-1スポーツ走行会in筑波2000・1本目

ブレーキキャリパーの大型化なんて何の役に立つんだろうと思ってたけど、役に立ちまくりである。余裕が増えた分だけ、ブレーキをコントロールし易くなるのである。新タイヤのグリップとの相性も抜群で、今まで出来なかったレベルでの深さでブレーキコントロールが出来るようになったのはデカいのである。ブレーキもタイヤも、大当たりのチューニングだったと言えるのである(^-^)

 タイムは1分12秒6と自己ベストの0.1秒落ちであるが、まだ乾ききってない路面&高い湿度&シーズン始まってまだ慣れてないって事を考えれば上出来である。シーズン中盤以降でドライコンディションなら、間違いなく11秒台に突入できるとワタクシは確信してるのである( ̄▽ ̄) だからこのまんま雨が降らなければ、他の参加者が更に走る事で路面が更に乾いていって、更なるタイムアップを図る事が出来る・・・筈だったのであるが、人生そう甘くは無いのである(´・ω・`)この後ちょっとした一波乱が起きるのであるが、ソレを今話したらネタが無くなるので(笑)もうお暇しようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191014235204j:plain

TASTE THE POISON

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「未来にむかって大いなる展望を与えてくれるような高所に立てば、時折、風が激しく吹きぬけても、一向に気にならないものなのだ」
By ウィリアム・ワーズワース

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*台風19号がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!!
 今こうしてブログを更新してる間、台風19号が上陸してて、今まさにワタクシの住む街を通り過ぎようとしてるのである( ̄▽ ̄;)ただ天気予報にある通りだけど、やっぱ予想してたほど厳しいモンは今んトコ来てない次第である:

  • 雨は結構降ってるけど、潅水するほどの量は降っていない
  • 風は結構強いけど、ソレでも15m/sほど、瞬間最大40m/sほどだから、屋根やら看板やらが吹っ飛ぶ程じゃない
  • 雨量が雨量なんで土砂崩れや河川氾濫の注意報は出てるけど、そういうのが無い住宅街に住んでるんで無問題

といった状況である。後は突然停電しないかどうかだけが気掛かりだけど、もうこの町に住んで結構経つ&その間この程度の台風なら何回も来てた&何れも問題は無かったので、恐らく大丈夫であろう。このブログ書き終わってアップロードさえすれば後は寝るだけ→明日の朝には過ぎ去ってる筈なので、電気もあともう少しだけ通ってりゃ良いのである(笑)

 まぁ何だかんだココ数年で最大最強だった3.11も何となくやり過ごせちゃったので、今回も結構余裕だと思ってる次第である。3.11の時は結構色々あったけど、要約するとこんな感じだったのである:

  • 電気とガスはシッカリ通ってたので、エアコン使えるのはありがたかった
  • 地震で水道管がやられて水は暫く通らなかったけど、3日後ぐらいに復活
  • 食料もフツーに過ごす分にはちゃんと流通してたので、殆ど問題は無かった
  • 唯一ガソリンだけが手に入らず、運悪く1/3程度しか入ってなかったので、コレは結構苦労した

とまぁ、こんな感じである。だから3.11以降、非常用の食料と水は3日分ぐらいストックしておいてるし、停電時の光源や電池のストックも用意してあるし、ガソリンも2台とも半分を切らないように心掛けているのである。でもって今回はどうやら、ソレのお世話にならずに済みそうである。まぁ気持ち風も収まってきてるし、もうじき我が町を通り過ぎていく事であろう。

*プレステ5がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!!
 でもってサブタイが示すように、ワタクシのココ数日の最も大きな関心は【プレイステーション5(以後PS5)が来年末に発売される】事である。もう言うまでもなく、問題は「買うか買わないか」ではなく「どういう形で買うのか」である(笑)ほぼ間違いなくグランツーリスモの新作はPS5で出るだろうし、有名な洋ゲー作品もPS5を中心にして発売される事であろう。ならばワタクシがPS5の購入を躊躇う理由は最早存在しないのである。予約が始まり次第、速攻で予約を入れるだけである。でもまぁPS4の時もそうだったけど、最初暫くは目玉ソフトは出ないと思うので、ソレが出てからってのもアリかも知れないのである。


PS5が2020年年末商戦期に発売決定!:RTN 10/09

 そう、ワタクシがゲームハード選ぶ時の基準は「グランツーリスモの最新作がプレイできるか否か」なのである。スーパーマリオドラゴンクエストストリートファイター2、テトリスサクラ大戦オブリビオン等々。色んなゲームにワタクシは夢中になったが、総合して一番ハマったゲームは何かと問われたら、やはり「グランツーリスモ」なのである。実車を趣味とするようになって、その実車趣味とグランツーリスモが結びつくようになって、相互でフィードバックしながら楽しめるようになったのがデカいのである。多分ワタクシのクルマ趣味が続く限り、グランツーリスモはやり続ける事になるであろう。


Gran Turismo Sport - Spec II Opening Movie

 だからぶっちゃけた話、グランツーリスモをやる為だけにPS5を買う事になったとしても、ワタクシはソレで一向に構わないのである。何だか世間じゃ「やるゲームが何も無い」とか文句ばっか言ってるヤツが多いのであるが、ワタクシに言わせれば「やるゲームが無い」のではなく「ゲームはあるけど面白さが分からないだけ」なのである。よーするに、好奇心だとか遊び心だとかそういったモンがなく、面白さは与えられるモンじゃなくて自分で探し出すモンだって事が分かってないのである。面白さを探し出せられさえすれば、どんなゲームだって等しく楽しく遊べるのである。口さえ開けてればエサの方から勝手にやって来るのは雛鳥だけであり、自分が雛鳥でないと思うのなら楽しさは自分で探さなきゃダメなのである。

*4Kテレビがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!!
 さてPS5を買うのは良いのであるが、もう一つ課題があるのである。ソレは「モニターをどうするか」である。今使ってるテレビも来年で10年目、まだまだ使えるのは間違いないのであるが、やはりそろそろ買い替えを検討する時期だと思ったからである。特に最新型のゲーム機は4Kを基本にしてくるだろうから、そのスペックをフルに楽しむには4Kテレビにした方が断然良いと思うからである。流石にブラウン管→HDMIほどの感動は無いと思うが、ソレでも全然凄くなると思うのである。今まで買い換えようと思ったけどそのキッカケが無かったのであるが、今回PS5が出る事で決心が固まった次第である。


【保存版】2019年度 最もおススメのゲーム用4Kテレビはズバリこれ‼ 【ゲーム用テレビ:4K】【ディスプレイ】

 ただ問題が1つあって、サイズがあるのか否かという事である。ワタクシん家は家の大きさの都合で、37V型サイズのテレビしか使えないのである。というワケでこのサイズにマッチした4Kテレビを探したのであるが、コレが中々良いのが見つからんのである(^_^;)デカいサイズのテレビならいくらでもあるのであるが、小さいのになると途端に色々と制限が出てきてしまうのである(;´Д`)でもまぁPS5の発売まではまだ1年以上時間があるので、ソレまでジックリ探すorそのサイズのが新発売されるまで待つってのもアリなのである。さてさっきからずっと五月蠅かった雨や風もスッカリ大人しくなったので、安心して寝ようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191012233406j:plain

UNCONSCIOUSLY CONFINED

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「教員と教育者とは違う。教員とは教科指導を行い、学力テストの得点を引き上げるのに必要な人である。一方、教育者とは”世の中から忘れられた子供の中に価値を見出せ”という心のささやきに、耳を傾ける人である。そして生徒に自分の一部を差し出し、それによって、こちらが与えたものより遥かに多くのお返しを受ける人だ」
By スーザン・カニンガム・ユーカー

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*真のリベラルは何処へ
 リベラルが劣化してサヨクになってしまったのはニッポンだけかと思ってたのだが、でも【香港デモへの支持を表明したプロゲーマーが賞金はく奪&トーナメント参加禁止】になった例を見ると、諸外国もあんま変わらんみたいである┐('~`;)┌ハリウッドスターで「トランプくたばれッ!」「アメリカに未来は無いッ!」って叫ぶヤツは星の数ほど居るが、でも香港デモを支持したり中国共産党にノーを突き付けてるのは、ワタクシの知る限りリチャード・ギアぐらいなモンである。中国がアメリカに続く世界最大級の映画市場で、中国マネーも相当数アメリカに入り込んでるらしいから、所詮リベラルなんてこんなモンである┐(´∀`)┌


'Blitzchung' suspended by Activision Blizzard over Hong Kong support

リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放 だが…

 まぁ何ちゅーか、レーガンクリントンもブッシュ親子もオバマも「中国がこのまま経済成長を続けていけば、やがて民衆が自由を求めるようになって民主化の道を歩むだろう」って大マジで考えてたんだと思うのである。だから30年前の天安門事件に対しても甘々な対応をしてたし、自由化を促すために経済交流もガンガン行ったんだと思うのである。でも結局「腹さえ膨らませ続けられさえすれば、自由が無くとも民衆は満足する」って結論に達したのか一層独裁路線を進めてしまって、気が付いたら中国マネーで雁字搦めになってしまったって話である:

【深層NEWS】香港で大規模デモ 中国が圧力強める背景
まぁでも中国のやり方って、発展途上国では理に適ってるのである。ああいう地域って法やルールを順守する意味や価値が分かってないから、ヘタに民主主義を持ち込んだって余計に混乱するだけなのである。だから中国含め、独裁的に経済を成長させるのが実は一番効率が良いのである。極一部の先進国と、その他多くの発展途上国。正に21世紀になってからの世界の大問題の一つである”二極化”がここにも表れているのである。

*ホントに良いモンが欲しけりゃカネを出せ
 でもってこの二極化の波ってのは、もう確実にニッポンにも押し寄せてきてるのである。一億総中流の時代は終わって、もう他の先進国同様に「カネを使って良いサービスを得られる少数&国家衰退のせいで質の落ちた公共サービスしか受けられない多数」に分かれてしまってるのである。少数はカネを使ってホントに良い学校でモノホンの教育を受けさせて貰って、カネの無い多数は義務教育で【教師が教師をイジメるようなダメ学校】で最低限の教育を受ける事になってしまうのである。そう、子供の教育にカネをかけなきゃいけない理由は教育の質もだけど、こういうアホ学校やアホ教師やアホ同級生からの悪影響から子供を守る為でもあるのである。


教師いじめで校長会見「今後子どもに指導させない」(19/10/09)

 まぁこう言っちゃアレだけど、この手の学校に更生を期待するなんてムリな注文だと思うのである。いじめ問題は何十年も前からあって、何か起こる度に毎回の様にニュースで大騒ぎして、校長及びその他に謝罪会見させて、遺族が世間に対し「もう二度とウチの子のような事を起こさないでください」ってアピールしたけど、果たして世の中良くなったであろうか?残念ながら答えは「ノー」である。コレは世の中が悪いだとか行政が悪いとかではなく、人間の性なのである。いじめ云々を本気で無くそうと思ったら、学校の至るトコに監視カメラを配置する&監視員を巡回させるしかないのであるが、コスト的にも人権云々的にもムリな話である。


松本人志「本気の顔1」 いじめ問題を語る

 じゃあ親の立場としてどうすればいいかって、答えは自ずと「こういうアホ学校に子供を入学/入職させなきゃいい」になるのである。ちゃんとした学校なら確実に安全というワケではないが、少なくとも将来安泰だから公務員になった意識低い系のアホ教師が運営してる学校よりかは間違いなく良いと言えるのである。でもってカネがあれば何かあった時に真っ先に弁護士に相談できるし、他の学校への転入転出も容易になるのである。そうカネってのはルサンチマン云々あるが故に色々悪く言われる事があるのであるが、使うトコでちゃんと使えば身を守る為の優れた道具になるのである。安全の為に使うカネは惜しむな、コレが安全に関するワタクシのジャスティスである。

*二極化を受け入れる
 そう、全ての国民に完全な安全を提供するなんて事は、ニッポンどころか何処の国だって出来っこないのである。国が保証するのは最低限のソレだけであって、最高のモンが欲しければ後はテメェでカネなり何なりを使って得るしかないのである。世知辛いが、世の中の富ってのは全ての人に最高のモンを用意できるだけの量は無いのである。もしも中国の全国民がニッポンと同レベルの豊かさを享受しようと思ったら、ソレだけで地球の資源が枯渇してしまうのである。だからホントに良いモンを得ようと思うのなら、競争に身を投じてでも得るしかないのである。そしてソレは教育だとか医療だとか就職だとか、そういう分野にしても然りである。

 でもニッポンにおいては、こういうワタクシが言うような「二極化しゃーない論」はどうもウケが悪いみたいである(笑)まぁバブル時代の一億総中流幻想がまだ根強く残ってるってのもあるけど、やっぱ二極化により社会が分断されるのを恐れてるんじゃないかと思うのである。ニッポンは所謂「和の国」であり、格差はあると言っても”和の範疇”に収まってる→金持ちも貧乏も一応仲間って建前が通用してたからこそ”一億総中流”に皆仲良く収まってたのである。でもこのまま二極化が進めば上も下も”和の範疇”を超えてしまい、そうなったら始まるのが社会の分裂である:

貧富の格差はなぜ広がるのか?
そうなると今も若干そうなってるような「世の中が悪いんだから、弱者が強者を一方的に攻撃するのはしゃーない」って考え方が益々強くなって、ソコから分裂が更に強くなって、後はその悪循環である。ソレがイヤだから、ニッポンは何が何でも建前を守ろうとしてるんじゃないかと思うのである。さて明日も色々忙しいので、もうお暇しようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191010235646j:plain

FRAGMENTS AND FRACTIONS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「自分の存在をもっとも自由に表現しえたもの、自由感のもっとも豊かなもの。それが、すぐれた作品」
By 岡本太郎

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*良いモンは良い
 ワタクシは基本的に、表現者の政治思想はあんま気にしない方である。ソイツがガチ右翼だろうがバリバリのサヨクだろうが、作品さえ素晴らしければソイツを評価する次第である。例えば宮崎駿(以後パヤオ)は共産主義に傾倒してるバリバリのサヨクで、ワタクシはパヤオの政治姿勢には1ミクロンたりとも賛同できないのであるが。でもパヤオの作った作品は最高だとワタクシは思うし、他人にも自信を以ってパヤオ作品をオススメする次第である。その反対に、たとえ政治姿勢に全面的に賛同できるヤツであろうとも、その作品が下らんモンだったら評価は一切しないのである。人間、誰しも良いトコと悪いトコを併せ持っていて、決して一側面だけでは全肯定も全否定も出来ないモンなのである。


宮崎駿が語るジブリの世界

 ニッポンにおける「芸術に政治を持ち込むな云々」の不毛さは、ワタクシが思うにココにあるのである。政治姿勢と作品の出来は本来別なのにも関わらず、作る側も受け取る側も同一視してしまってるからである。受け取る側は「アイツはバリバリのネトウヨorサヨクだから、ソイツの作品を展示するなんてありえない」だとか「良い作品なのにネトウヨサヨクなのが残念」ってなってしまい、作る側も「自分のこういう政治姿勢だから、ソレを作品に反映しないなんてありえない」だとか「○○は××だからダメ」とか言い出したりとかするのである。繰り返し言うが、大事なのは「作品が良いか否か」であり、ソコに作り手の政治姿勢がどのぐらい反映されてるかは二の次、三の次なのである。

*自由とは「したい事をする」ではなく「しちゃダメな事をしない」という事
 上記サブタイがワタクシが以前から何度も言っている「○×の自由」に対する見解である。そしてソレが【表現の不自由展が今月8日に再開される】事に対するワタクシの見解である。そう、コレの何がダメかって、しちゃダメな事をやってるからである。ちゅーのも表現の自由ってのは片方だけにあるのではなく、相手側にも同様のがあるからである。しちゃダメな事をやる事の何が問題か、聡いロンマニアの方なら何故なのかお分かり頂けたと思うのである。


「表現の不自由展」きょう再開

 こう書くと「表現の自由憲法によって保障されてるんだから、ソレを行使して天皇陛下の写真を焼いて何が悪い」って言われるだろうけど、ソレに対しワタクシは「じゃあグレタ某や山本太郎が輪姦凌辱されている18禁同人誌を出版するのも憲法に保障された表現の自由だけど、おk?」って答える次第である(笑)そう、しちゃダメな事をしてしまうと、ソコからネガティブな感情による報復の連鎖が起こってしまうからである。ソレが続くと何時か何処かで物理的暴力が始まって、そうなるともう完全に泥沼である。そういう終わりの無い憎悪の連鎖を防ぐためにも、互いを尊重して、しちゃダメな事をしないのを心掛ける必要があるのである。


非常に申し訳ない 不自由展再開で津田氏

「暴力ですよこれ」河村市長 あいトレ「表現の不自由展」再開に不快感

 そう、自由ってのはソレ自体は素晴らしくも何ともないのである。ホントに自由が素晴らしいモンであるならば、今頃ソマリアとかその辺りは地上の楽園になってる筈である。自由ってのは交通ルールが良い例であるが、ちゃんとした決まりを守って&決まりが無いトコでも自主的に良きを心掛ける事で、初めてその効果を表すのである。特に後者の「決まりが無いトコでも自主的に良きを心掛ける」が重要であり、コレが上記にあるトコの「やっちゃダメな事をやらない」に相当するのである。人間が人間である限り、完全な自由ってのは成立し得ないのである。自由とは「したい事をする」ではなく「しちゃダメな事をしない」という事。大事な事なので二度言う次第である。

*人間皆平等
 じゃあ何故この様に「表現の自由なんだから天皇陛下の写真を焼いて何が悪い」って言うヤツが矢鱈と多いのかを考えてみたのであるが、その答えは実に簡単である。何故かと言えば写真を焼く側は「焼かれた側は強者側だから、絶対に反撃してこない」って考えてるからなのである。所謂「不公平だから強者は弱者に反撃してはいけない」ってヤツであり、本来強者側が良かれと思って自発的に遠慮してる事を、連中は逆手に取ってるのである。ワタクシもグレタ某をSNSでネタにした時に同様の凸を喰らった事があるから分かるのであるが、連中はナチュラルに「強者に人権無し」って考えた上で言ってくるんだから、そりゃ話が平行線のままになる筈である(^_^;)

 確かに余裕のある側が無い側に配慮するのは美徳だと思うし、ワタクシだってそうするよう努力する次第である。が、忘れちゃいけないのは「コレは強者側が自発的にやってる事」の一点であり、デジュール的に言えば強者も弱者も権利的には全く同じなのである。つまり我慢の限界が来ればソレを放棄したり、徹底的に反撃するような事だって始まるかも知れないのである。

【米大統領選2016】トランプ氏はなぜ支持される 他候補なら撤退の発言でも

【なるほど!】フランスで反移民政党が躍進する理由(字幕)
現に行き過ぎたポリコレ云々が視野の狭いナショナリズム復権を促したりとか、そういう綻びが世界中の所々で見えてきてるのである。さて、お堅い話はウケが悪いと相場が決まっているので(笑)いい加減もうお暇しようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191008235622j:plain

GOING NOWHERE FAST

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「ひとりでやれば犯罪、みんなでやれば革命だ」
By 蝶野正洋

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*コミュニケーションのちょっとしたコツ
 私は発達障害当事者なんですけど、上手にコミュニケーションするにはどうすればいいでしょうか?様々な形で、ワタクシにこう質問してくる人が居るのである。まぁ細かい事まで説明すると何万字あっても足らないので、簡潔に言うとこんな感じである:

  1. 自分語り(自身の不幸エピソード、自分の自慢話)は極力しない
  2. 話は出来るだけシンプルに、要点だけを押さえて短めに語る
  3. 知識だとかデータだとかを無暗に並べたてず、奇を衒った表現も避ける

色々あるけど、取り敢えずこんな感じである。要するに「会話はシンプルでオーソドックスなやり方が一番」って事である。発達当事者ってのはその障害の特性故に自己肯定感が低い場合が多く、そしてソレを皆に理解して欲しいがために話が長くなってしまい、皆の気を引き付けたいがために知識や雑学を駆使したり奇妙なパフォーマンスに打って出たりするのである。

 こう言っちゃ何だが、講演会で発達当事者として登壇する人の話って、大概コレである。自己肯定感の低さと、自己承認要求の高さと、あと自分の話を聞いてくれない他人や世間に対する恨み辛み。そういうのに囚われてしまうから上記の話し方になってしまい、ソレで他人からドン引きされたり面倒臭がられてしまい、あとはその悪循環である。こう書くと「社会がソレを理解して我々当事者に合わせてくれれば良い」って言われるだろうけど、ソレに対しワタクシは「じゃあ貴方は同じような他人を理解して合わせてあげてるの?」って聞き返す次第である。強者が一方的に妥協すればいいんだ、今まで辛かったんだから仕方がないんだでは、物事は解決しないのである。差別は逆差別を決して相殺せず、遺恨を増やして面倒事が増えるだけなのである。

*少女革命グレタ
 もうこの話は飽きたからお終いにしようと思ったのであるが、この度【グレタ某がノーベル平和賞候補になった】って事で、もう少しばかりネタにしなきゃという使命感に駆られてしまったのである(笑)まぁ取れる可能性はワタクシは低いと思うし、取れたとしてもアラファト金大中オバマみたいなのでも取れる賞だから大した事は無いと思うのであるが、ソレでもニッポン含め世界中のサヨクのこの子に掛ける情熱はアレだと思うのである(^_^;)でもってワタクシんSNSに凸かましてきたヤツのソレだとか、或いは【グレタ・トゥーンベリさん「怒りのスピーチ」を批判するすべての人へ】を見て分かったのである。連中は、グレタ某(及びそのバックにいる連中)の言い分の正しさは殆ど問題にしていないのである。


環境活動家グレタさん もう一つのノーベル賞受賞(19/09/26)

 要するにグレタ某を擁護したり応援したりする連中ってのは、市民革命を望んでいるのである。既得権益やら大人の事情やらで正しいと思う事が通らない理不尽な世の中に対し、数とノリと勢いで強引にでも良いから支配者や大企業を追い出して正しさを叩きつけて、自分達”善良な市民”がバカを見ないような社会を作り直すための市民革命である。そのキッカケになるのがグレタ某であり、彼女の下に人々が集まって力となって環境問題って名目で大企業や支配者層をやっつけて、その勢いが他の分野にも波及して連鎖して、そうして”正しさ”に目覚めた市民達が主体になって、世界を公平で公正なトコにする。擁護者や支持者はグレタ某の意見の間違いを指摘されたからキレてるのではなく、革命のジャマをされたからキレてるのである。


新・映像の世紀 第05集|激動の1960年代・若者の反乱が世界に連鎖した

 自分が上手く行かないのは、悪いヤツが実権を握ってて世の中が理不尽だから。だから革命を起こして悪いヤツ等を一網打尽にして理不尽な世の中をブッ壊したい。壊した後に善い人々主体で社会を再建すれば、公平で公正な世の中に生まれ変わるかも知れない。そうしたら、自分にもワンチャン上手く行くチャンスが巡ってくるかも知れない。サヨクに傾倒するヤツならば、誰もが一度は考えた事がある筈である。でも残念な事に、古今東西その様な大義名分の下に行われた各種革命ってのは、その理想を体現した事は一度も無いのである。一度も無いどころか、大概ソレよりも酷くなってるのである。だからワタクシは革命ってシロモノを信じていないし、故にグレタ某(とその背後)を支持できないのである。

*The実力主義
 何故ワタクシが革命を信用できないって、実に簡単な話である。一度社会システムを根本からブッ壊すとして、ブッ壊したなら当然再建しなきゃならないのである。でもって、その再建にあたって中心的な役割を果たすのは誰なのか?市民達が皆で仲良く一緒にやる?否、答えは「ソレをする能力のあるヤツがやる」である。リーダーシップの取れるヤツが中心になって、その周りに再建資金を用意できるヤツや、再建プランを具体的に描けるヤツや、プランを実行するための各種技能を持つヤツが集まって、ソイツ等を主体に”公正で公平な新しい世の中”作りが始まるのである。でもって当然だけど、そういう能力持ちは革命政府と上手に繋がってて、各種権力を行使し易い様になってるのである。

 ココまで書けば、聡いロンマニアの方ならば、ワタクシが何を言わんとしてるかが分かると思うのである。そう、結局は能力や実力のあるヤツ、及びソコに上手く取り巻いてるヤツ等がカネと権力を握ってしまい、革命前と何ら変わらないどころか、より一層そういうのが集中した社会になってしまうのである。でもって人間ってのはほぼ必ず腐敗するから、革命前よりも酷い結果になってしまうのである。だから時間がかかっても、不満点が少なくなくても、既存社会の改革に努めた方が長い目で見たらより公正で公平なのである。人間が人間である限り必ず問題は起こるモンであり、不正を憎み正義を追求するヤツもまた人間。世知辛いけどソレが世の中だと実感した今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20191006235601j:plain