アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

THE SIMULATION

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「隣に友達がいる状態では学びは浅い。しっかりやるためにも、つるんでいないで離れなさい」
By 齋藤孝

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


バブル崩壊30周年記念
 バブル経済のピークが今から丁度30年前の1989年末で、その翌年頭から株価がガンガン落ちていったらしいから、今年が丁度バブル崩壊30周年記念だったりするのである(笑)もうすぐ参院選だけど、ニッポンにおける政治や社会の論争が何時も不毛に終わる理由って、基準がこのバブル時代のソレになってるからだとワタクシは思うのである。一億総中流で中間層がブ厚くて、消費税が全く無くて、失業なんて他所の国の話で、皆余裕があって譲り合いや助け合いが当たり前で、安全保障なんて考える必要が殆ど無い。そんなバブル時代が多くのニッポン人にとっての理想になってしまってるのである。


れいわ新選組代表 山本太郎街頭演説 2019年6月19日 新宿駅西口

#GW列島縦断大作戦 立憲民主党神奈川県連JR桜木町駅前街宣(枝野幸男代表の演説)2019.05.05

 野党連中の言ってるような「消費税上げるな」「最低賃金上げろ」「富裕層に課税せよ」ってのは、その殆どがバブル時代の認識で語られているのであり、ワタクシが野党を全く支持できない理由もコレである。ニッポンが上手くバブルになれたのは、あの時代のニッポンを取り巻く環境が奇跡的に良かったからである。ヒトやモノが自由自在に出入りするグローバル時代で、ニッポン以外にも競争力のあるアジア諸国が多数ある今の時代、やり方をバブル時代のソレに戻したって上手く行くはずが無いのである┐(´д`)┌バブルはもう終わったのである。与党も野党もすべき事は、バブルが終わった事をニッポン国民にハッキリと告げる事なのである。

*ノーモア運命共同体
 ホントなら野党こそが現実路線に走らなきゃならないんだけど、残念ながらニッポンの野党はサヨクに媚びてしまい、幻想の中で慣れ合ってるだけである┐( -"-)┌詳しくは【日本のリベラル勢力は、なぜ友達を作れないのか】にあるから省略するが、野党支持者やサヨクの何がダメって、友達を作れないヤツばっかになってしまってるトコにあるのである。マジで友達のいる人間なら、友達でも意見の相違があるのが当たり前ってのが分かる筈だし、その為には妥協や寛容が欠かせないって事が分かる筈である。ソレが分からんって事は、友達が居ないって事である。連中が求めてるのは運命共同体であって、決して友達ではないからである。要するに、雑魚が群泳するのと同じである。


雑魚の群泳 2017 11 01

 雑魚が何故群泳するって、自分を大きく見せかける事で大魚に食われる事を防ぐため&自分が食われるリスクを分散する為である。よーするに弱いナマモノがテメェの身を守る為の術である。そう、ワタクシの言う「友達じゃなくて運命共同体を求めている」ってのは、つまりそういう事である。固まって数を揃える事で票を集めて、批判された時も大勢で声を上げて中身でなく音量で圧倒して、とにかく何をするにしても数を揃えて「民主主義だッ!」って言って圧倒する。雑魚が海でやってる事を、人間が陸でやってるのである。言っちゃ何だがコレって「私は雑魚です」って言ってるようなモンなのである。

友達 運命共同体
主義主張やイデオロギーよりも、人間性の共感が重要 人間性よりも、主義主張やイデオロギーの共感が重要
意見の相違があっても別に構わない 意見の相違は行動の足並みを乱すから許されない
互いに互いの悪いトコを言い合える 批判は分裂の基となるのでタブー
別行動は大した問題じゃない 数が何よりも重要なので別行動はNG
自己を確立した強い人間同士で築くモン 自己が無い弱いヤツが築くモン

 簡単に書くとこんな感じである。学生運動時代のサヨク団体が内ゲバ分裂消滅を繰り返すのも、サバゲーチームが長続きしないのも、オタクのサークルがバカにされるのも、偶然ではなく必然と言って良いのである。何故ならソコに所属する連中が望んでるのは他人の幸せなどではなく、テメェを大きく見せるための運命共同体だからである。そう、運命共同体を求めるヤツってのはテメェを強く大きく見せるためにやってるのであり、決して他人や公の為ではないのである。そして真っ当な人ならばソレを見抜くから、ソイツ等に票は集まらず、結果選挙を何回やっても勝てんのである。

*パートナー選びのコツ
 こうやって「友達」と「運命共同体」を見分けるやり方ってのは、友達や恋人を作る上でも非常に役に立つのである。もしも彼/彼女が必要以上に自分自身の考えについての共感や同意を求めてきたり、異論反論に対しキレてきたり、色んな方面での束縛を強く求めてくるのであれば、ソレ即ちソイツは運命共同体になる事を求めているのであり、決して友達や恋人にはなれないって事なのである。だからそういう感じのヤツだったら、速やかに距離を置く事をオススメする次第である。そういうヤツは何をどうやっても変わらないし、変える気も無いだろうからである。

 そう、人間って思った以上に変わらないのである。特に弱いヤツほど、自分を変える事を拒むのである。ちゅーのも弱いヤツほどアイデンティティーを失った時の喪失感や再構築する際の苦労に耐えられないから、テメェのやり方に固執するのである。そしてその固執を「信念に忠実な私カッコ良い」とか「信念と共に散る私は偉大だ」って自己満足の世界に浸ったまま逝ってしまうのである。大事なのは常に目的であり結果であって、決して手段や過程ではないのである。まぁかく言うワタクシも人の事は言えないんで(笑)さっさと撤収するに限る今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190624235657j:plain

THE ETERNAL REIGN

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「メンターを選ぶ上で大切なのは、幸せな人生を生きているかどうかという点です」
By 本田健

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ノーモア分作商法
 今の和ゲーの何が問題か。ネームバリュー云々、資金云々もそうだけど、一番はやっぱ「技術力の差」だとワタクシは思うのである。和ゲーメーカーにも洋ゲーと同じようなクオリティーは出せるには出せるのだが、いかんぜんソレをコンパクトにまとめる技術が無いのである。プログラミングをやった事にあるロンマニアの方ならお分かりかと思うが、プログラムってシンプルに短くまとめるのが一番難しいのであり、ソコが和ゲーと洋ゲーの一番大きな違いなのである:

期待【FF7リメイク】全PVムービーまとめ FINAL FANTASY 7リメイク 【高画質】
今話題のコレが分作になったのも、つまりそういう事じゃないかとワタクシは思うのである。プログラムにムダが多過ぎて容量が全然足りなくなったから、分作って形にして誤魔化したんじゃないかと思うのである。でもたとえそうでないにしても、ワタクシは分作ってやり方は好きでないのである。フルプライス相当の値段を何回も払わされて、何年も延々と待たされて、そんで話はもう知ってるソレ。思いっ切る買う気を無くしてしまった次第である(笑)

 そう、今の和ゲーの何が一番イヤかって、中身が薄いのにカネばっか取られるトコがイヤなのである。その代表格がソシャゲのガチャであり、ソコには矜持も信念も何も無く、ただ単なるカネ儲け以外の何でも無いのである。特に最近やったこのゲームと比べると、スクエニに如何に技術が無いかを思い知らされるのである:

『レッド・デッド・リデンプション 2』 トレーラー
コレの何が凄いって、容量が約100GBもあるのもそうだけど、内容は明らかにソレ以上あるように感じるからである。とんでもないボリュームがあるんだけど、グラフィックが劣化してるかと言われたらそうじゃない。この時点でロックスターの技術力の高さを思い知らされるのである。和ゲーと洋ゲーの技術差は埋まるどころか、余計に広がったように感じるのである。

*議論はしないに限る
 議論するにあたって最も重要な事は何かといえば、議論をしない事。コレは禅問答でも何でもなく、デール・カーネギーの言葉である。つーのも、議論して相手の考え方が変わるなんて事は殆ど無いからである。議論ってのは、互いが互いの持論の問題点を突く事によって、互いが互いの持論を別の角度から眺められるようにする為にあるのである。つまり議論ってのは互いの意見を尊重し合うからこそ成立するのであり、相手の考え方を変えさせるためにやるのではないのである。思想の自由や表現の自由がある欧米じゃ一人一人の考え方が違うのが当たり前の事だから、そういうのがフツーになってるのである。


人を動かす 10 議論を避ける デールカーネギー 朗読

 ところがニッポンみたいな儒教的な思想のあるトコや、集団主義的な部族社会がデフォのトコとかは「人は普遍的正義に従うべしッ!」って考えるヤツが多く、そういう生活を送る内に「自分の考え=普遍的正義」って勘違いしちゃう場合が少なくなく、そういうヤツは概して「議論=普遍的正義で間違った相手を正す事」だと勘違いしているのであり、邪悪なワタクシはこの手のヤツに頻回に議論を吹っ掛けられたりするのである(笑)無論、相手が敬意を以って話しかけてくるのであればワタクシも敬意を以ってレスするが、そうでないのなら「互いに敬意を持てないのなら話し合いはココで終わりにしましょう」で終了である。


ひろゆき 頭の良い人の議論頭の悪い人の議論

 あとこの手の普遍的正義主義者との議論の何が空しいって、正論で論破したって相手の意見が変わらないのもだけど、正しいだけじゃ世の中は動かないからである。この手の議論をかますヤツってのは、大概がルサンチマンに塗れていて、テメェの無力さを正しさで補おうとしてるヤツなのである。そんなヤツに何ができるのか?何もできないのである┐(´∀`)┌正しいだけで無力なら何も出来んが、その反対は出来ちゃうのである。ナチス時代のドイツ然り、毛沢東時代の中国然り、ポル・ポト時代のカンボジア然り、説得力や影響力や実行力があれば、正しくなくても世の中動かせちゃうモンなのである。だから正しさで相手を倒す事はできないのである。

*幸せは最高の論破
 じゃあどうすればいいかって、自分の道を進む以外に方法は無いのである。自分のやり方を貫いて、議論相手よりも成功して幸せになって、相手に「お、俺のやり方は間違ってたのかッ...orz」って思わせるのである。そうすれば相手の方から「コイツのやり方を取り入れれば、俺も(;゚д゚)」って思う可能性が出てくるから、相手がソレを取り入れれば論破完了である。だから何時間も口頭プロレスをするなんて、時間と労力のムダ以外の何でもないのである。人間ってのはソレ故に地獄を味わわない限り、自分から能動的に考え方を変えようなんて思わないのである。

 敢えて誰だかは言わないが、ワタクシのやり方が気に食わなくてワタクシを論破しようとしてる連中が居るのであるが、ソイツに対しワタクシは「ワタクシを論破しようと思ってもムダだから止めとけ」って言っておく次第である。ワタクシを論破したいのなら、言葉でなく行動で論破すべしである。そうすれば互いにムダな時間と労力を使わないで済むし、互いに不幸にならなくて済むからである。ワタクシは火の粉が降りかかったら払う事にしてるのだが、払った火の粉で相手が火傷しても良い気持ちにはならんのである。さて明日も何だかんだ用事があるので、さっさと寝るに限る今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190622235406j:plain

SOUL SPHERE

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「夢は金を出してでも買え。金ごときで買えるものだったら、買っておけばいい」
By 小山薫堂

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*究極の夢
 もしも100%の合法性と安全性が確認できるのであれば、サバゲーマーなら誰しも実銃と実弾でサバゲーやってみたいはずである。もしも資金と許可諸々と安全性が何とかなるのであれば、F1ファンならモノホンのF1マシンを鈴鹿スパ・フランコルシャンで全開走行させてみたいはずである。もしも費用と時間があって世間が許すならば、やきう好きなら東京ドームやヤンキースタジアムで草やきうの試合をやってみたいはずである。コレが「ガールズ&パンツァー(以後ガルパン)って何が面白いの?」と問われた時のワタクシの答えである。そう、ガルパンっていうのは、いわば戦車好きの究極の夢なのである。

 だから戦車好きならばワクワクするし、戦車好きでなくともそういうシチュエーションには憧れを抱くってモンである。もしもワタクシがガルパンの世界に女として生まれてきたら、ワタクシは300%戦車道をやってたであろう(笑)だから最近公開された【ガールズ&パンツァー最終章第2話】も何だかんだ観に行ってしまった次第である:

【再掲】『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 劇場本予告(60秒)
観た感想は簡単に言うと「期待通りの何時ものガルパンだった」といったトコである。臨場感タップリの戦車戦といい、たった1秒の画像や何気ない一言にもネタをブッ込んでくる細かさといい、従来のガルパンファンならば間違いなく楽しめる出来である。何ちゅーか、早く第3章が観たい次第である(^-^)

*知らないと恥をかくマルチリンクの大問題
 ただこのペースでの公開となると、最終話である第6章が出るまで相当かかりそうなのがアレである(^_^;)今はまだ”ガルパンおじさん”と呼べるレベルの人達も、第6章が上映される頃には結構な数の人が”ガルパンじいさん”になってしまうのではないであろうか(笑)まぁソレはさておき、話題を少し変えるとしようジャマイカ

Motor Fan illustrated Vol.153

Motor Fan illustrated Vol.153

ワタクシの今乗ってるクルマはどっちもリアサスがマルチリンクなのであるが、確かにマルチリンクのクルマの方がリアが落ち着いてて乗り易い希ガスのである。一番最初のクルマ(GDB)はリアがストラットだったので、攻め込んでくとリアが暴れ易かった記憶があるのである。まぁGDB乗ってた頃はワタクシの運転も酷かったから、全然比較になってないと言われればソコまでなのであるが(笑)

何せ色々忙しいの故にマトモに本読んだりCNNだとかBBCのニュースを観たりしてないんで、シンプルにこういう本で要点だけ知っておく事も間々あるのである。池上彰は時々とんでもないフェイクを混ぜる事があるのがアレであるが、多くの記事は中立的な立場で可能な限り客観的に書かれているので、参考資料としては思いの外使えるのである。意味を考えるのはワタクシ自身がやるので、本は客観的事実だけを伝えてほしいというのがワタクシの希望である。

*やる事が無い
 さて前回引き取ってきたNDであるが、実は帰ってきて以来全然乗ってないのである(^_^;)ワタクシ健康管理も兼ねて、職場へは可能な限り徒歩で行くようにしてるのである。職場からの行き帰りで12000~13000歩ぐらいになる為、運動には実に丁度良いのである。でもって昨日も今日も晴れだったのだから、乗る理由が無いのである。まぁ乗らなくったってクルマが逃げるワケでもないし、何より健康である事はクルマに乗る上でも重要なので、ソコんトコは至って問題無いのである。まぁ運動しても体格がアレなのはアレであるが、そんな細かい事は気にしちゃダメである(笑)

 というワケで、コレでホントのホントにNDにおいて大きく変更を加える事は殆ど無くなってしまったのである。唯一残ってるのがクラッチであるが、こちらは替えると言っても新品に変える際に軽量フライホイールをちょっと検討するぐらいであり、でもって今の純正クラッチもまだまだ十分使えてる&クラッチはサーキット走行する上で問題になるトコはホント何にも無いので、変えるとしても当分先の事になるであろう。コレからはキャリパーとローターを交換した事によるバランスの変化の是正に努める事になると思うが、考えようによってはこっちの方が大変なんじゃないかとも思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190620235354j:plain

TOMORROW WE DIE ALIVE

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「科学技術って進歩する以外に能がないんですね。文化、芸術がブレーキかけないと、野蛮な文明国になっちゃう。合理を最優越させないで知情意、真善美のバランスを回復しなくてはいけない」
By 唐木順三

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*キモは敬意
 人と話す時は、特に議論する時は、相手に対して最大限の敬意を払う。コレがコミュニケーションに関するワタクシのジャスティスである。ソレがたとえ正反対の思想を持つヤツであろうとも、話し合いをするにあたって敬意を払う事を欠かしてはならないのである。というのも相手に対して誠意を持って臨めば、その誠意を見た相手が「コイツの思想には反対だけど、話を聞いてやっても良いかな( ´∀`)」って心を開いてくれる可能性が出てくるからである。無論、相手が心変わりする可能性は低いのであるが、ソレでも可能性は幾分か残るのである。人間は理論以上に、感情で動く事の方が実は大きいからである。


【朝鮮半島】南北首脳会談 板門店での出迎え〜歓迎式典の模様

 たとえ互いに殺し合った歴史のある二国間であっても、会談に臨んでは笑顔で握手するモンである。コレはマナーって点もそうであるが、相手に誠意を尽くす事で心変わりを僅かながらも期待できるからである。ココで敬意を示さず好戦的な態度で臨んだとしたら、相手の心は完全に閉ざされてしまい、分かり合う僅かなチャンスが無くなってしまうのである。だから最初から好戦的な相手とは、ワタクシは絡まない事にしてるのである。一応礼儀上幾つかの言葉は交わすが、相手の態度が変わらなければ「互いに敬意が持てないのであれば、話はココまでにしましょう」で打ち切るのが良いのである。何をどうやったって、握り拳とは握手はできないからである。

*ブレーキ続報
 さて、以前「NDのブレーキキャリパーを交換する」って話をしたのを覚えているであろうか。覚えていない方の為におさらいをすると・・・

今まで使ってたローターがもう寿命を迎えていたので、ローターとパッドの交換ついでに、ブレーキのコントロール性を向上させるためのカスタマイズを施そうと計画して・・・

ついでにキャリパーもコイツに変えて、ローター径も大型化してしまおうって計画である。

 そのためにクルマを先日預けて、ショップの話では「今週中には出来上がる」って話だったんんで首を長くして待っていたのであるが・・・

なんとその翌日には出来上がっちゃったのである(; ゚Д゚)写真の撮り方が悪くて前後タイヤのサイズがアレな事になってるが、ソコんトコはご愛敬って事で(笑)元々キャリパーもローターも【ロドスタRF】の流用→同じマツダ純正品だから簡単にポン付けできる&調整も殆ど不要なのである。問題はブレーキフルードエア抜きで、コレが決まらなかったら長引くって話だったのだが、なんと一発で決まってしまったのである( ̄Д ̄;)だからたった1日で全て片付いてしまい、早々に受け取って帰ったというワケである。


前輪はこんな感じである。キャリパーは相当デカくなったが、ちゃんと16インチのホイールに収まるのである。オフセットも7Jの+33で余裕を以って入る次第である。純正ホイールだとオフセットが足らなくて干渉する(6.5J、+45)らしいのであるが、社外ホイールなんでソコんトコは余裕である。


前輪だけ大きくしたらブレーキバランスが崩れてしまうので、後輪のキャリパーやローターも大型化した次第である。コレも16インチのホイールに余裕を以って治まった次第である。


前のキャリパーで使ってたステンメッシュのブレーキホースはキャリパーの変更に従い使えなくなってしまったので、前のブレーキホースだけブレンボ用のソレに交換したのである。


パッドは純正の状態だとサーキット走行でフェードを起こしてしまう事が予想されるため、サーキット走行向けの社外パッドに変えたのである。パッドは何時も使ってる【TYPE HC+】で、ブレンボキャリパー用のソレを選択した次第である。因みに、リアパッドは以前のと同じである。


でもって、コレが前まで使ってたキャリパーとパッドである。


ちょっと分かり難いと思うが、ローターは表だけでなく裏側も結構摩耗してたのである。パッドもそうだけど、いずれにせよ総交換は避けられない状況だったのである。因みにコレ等一連のカスタマイズであるが、意外と安く済むのである。ちゅーのもブレーキホースとパッド以外は全部マツダ純正品なので、社外の同等のモンを組むよりもずっと安いのである。安いけど純正品だから、信頼性もバッチリである。だからこそ、今回大掛かりなカスタマイズに踏み切ったのである。

*安全と安心のブレンボ
 まだ慣らしが終わってない&街乗りレベルでの検証しかできてないのがアレであるが、試しに踏んでみた感想は「ブレンボのソレだぁ~( ̄▽ ̄)」といったトコである(笑)足を乗せた瞬間から効き始めて、踏力を増やすにつれてブレーキの効きがリニアに増えていくソレである。GDBやR35で散々慣れ親しんだブレンボブレーキの踏み味そのままなのである。コレなら良く効くだろうし、コントロールもし易いであろう事が予想できるのである。サーキットでの実戦投入は秋が終わりに近づくその時までお預けとなるが、今からもう楽しみである(;゚∀゚)=3


MAZDA ROADSTER RF RS (BBS brembo)2017

 あとキャリパーとローターを大型化した事によりブレーキへの負荷も減って、パッドもローターも今までより長持ちするだろうと考えられるので、そういう費用効果もデカいのである。ただやっぱ車両が軽い事もあると考えられるが、ドカンと踏むと効き過ぎて一気にABSが介入してくるので、ソコんトコ用心が必要なのである(^_^;)パワーを入れ過ぎず的確にシッカリ踏んで、ソコからコントロール付けて抜きながらコーナリングをする。ワタクシの求めていたコーナリングが出来るかどうか、或いはまた更に細かい部調整が必要となるのか。どちらにしろシーズンインが楽しみ過ぎる今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190618235611j:plain

THE DISCOVERY

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「製造会社がおかしくなるのは在庫がたまって赤字になるからで、ライバル会社に負けて倒産するわけじゃない。仮にライバルに負けて、販売が一割下がったとする。その時に、生産量を一割下げることができれば利益は確保できるんだ」
By 張富士夫

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


スーパーカーは儲からない
 スーパーカーって買う方は儲かってるだろうけど、売る方は実はあんま儲かってないのである。フェラーリの利益はトヨタの1/20ほどしかなく、ランボルギーニやブガッティみたいに大手大衆車メーカーの傘下って場合も少なくなく、経営難に陥って会社を売っちゃう事だってザラだし、実際消滅したメーカーも少なくないのである。よくスーパーカーの値段がぼったくりだって言うヤツが結構居るけど、でもちゃんとしたメーカーが作ってるソレってのは、分かる人がちゃんと見れば「この作り込みと性能考えればバーゲンセールじゃん( ゚Д゚)」ってなるのである。ブランド商売ってのは基本的に名誉を売る仕事であって、利益と両立する事は実は困難なのである。

 でもって、この手の富裕層をメインターゲットにした商売の何が難しいって、富裕層は急に減る事はあっても、その逆は無いからである。例えばリーマンショック級の経済危機が訪れたら、たったソレだけで多くの富裕層がその財産を失ってしまい、この手の商品は一気に買い手を失ってしまうのである。でもって上記にある様に、ブランド商売って基本的に利益が少ないから、不況が少し長く続いただけであっという間に経営不振に陥ってしまうのである。更に付け加えれば、この手のブランド商品って必需品でも何でもないので、切られる時は一気に切られてしまうのである。

*パイを増やそう
 そういう事をふと思ったのが、先日と今日に渡って開催された【トレーニングウェポンフェスティバル(以後トレフェス)】に関しての話を聞いた時である。このイベント、残念ながらワタクシは私用があって行けなかったのであるが、実際に行ったロンマニアの方々からの報告を読ませてもらって、行けなかった事を激しく後悔した次第である(笑)ワタクシもトレポンオーナーとしてトレポン界隈の話は色々聞いているのであるが、聞けば聞くほどに上記のスーパーカーが儲からない話を思い出させるのである(^_^;)実際【トレポンTW5】が間もなく生産終了になるなど、実は経営はソコまで順調とは言えないからである。


SYSTEMA トレポン PTW TW5K MOVE ORIGINAL COMPLETE エアガンレビュー Airsoft

 今回トレフェスが開催された意図も、ワタクシにはすんごい良く分かるのである。今のトレポン界においての最重要課題は何かって、シェアを拡大してパイを増やす事だからである。利益が全てとは言わんが、利益を上げないとトレポンは今後ジリ貧になってく可能性だって少なくないからである。でもってニッポンのエアガン界において、トレポンが”エアガンのフェラーリ”的な立ち位置を得たかと問われたら、答えはノーである。誠に残念な事に、今のトレポンの立ち位置は「マニア向けのニッチな高額商品」から先へ出ておらず、故に実際見て触って撃って話を聞いてもらって、認知度を上げていく必要があるのである。


SYSTEMA PTW89 トレーニングウエポン PV

 トレポンの一番のネックは何かって言われたら、やっぱ値段である。今回のトレフェスの目玉である上記PVに出てきた【89式トレポン】も約28諭吉と結構なお値段がするのである(^_^;)東京マルイの【電ガンのソレ】が4.6諭吉なのだから、如何に高いかがお分かり頂けると思うのである。ワタクシはトレポン持ってる&電ガンのカスタマイズもソレなりに知ってるから、この値段でもペイするって事が分かるのである。でも知らない人にとっては高過ぎるし、知ってる人でもこの値段は躊躇ってしまうのである(´ヘ`;)このワタクシですら最初の1本を買うまでに相当躊躇ったのだから、フツーの人の躊躇いは想像を絶するモンであろう(笑)

*認定中古のススメ
 じゃあこの状況をどう打破するかであるが、ワタクシに提案が一つあるのである。ソレは「認定中古トレポン」の販売である。レクサスだとかポルシェだとかがやってるように、厳選してオーバーホールされた個体を格安で販売するという手法である簡単に言うと関な感じである:

  • 今回のトレフェスに出展したショップさんを「SYSTEMA公認ショップ」に認定して、トレポンの買い取りと認定中古の販売はソコを通して行う
  • 買い取ったトレポンはショップが責任持ってオーバーホールや修理を施し、証明書を付けて販売する
  • できれば売ったショップの方で無償で1年ぐらい&有償で3年ぐらい保証を付けられればベター

という感じである。コレなら新規の客は格安で信頼できるトレポンをゲットできるし、既存の客も古いヤツを売って新しいトレポン買うための資金にするようになるのである。そして中古とはいえ程度の良いトレポンを手にした新規客は、高い確率で沼にハマり新品を欲するようになるモンである(笑)

 あともう一つは技術的に困難だろうと思うが、トレポンのハンドガン版、略してトレハンの開発である(笑)分かり易く言えば、ポルシェのカイエンやマカンみたいなモンである。スポーツカーオーナーが日常の足としてSUVやホットハッチに乗るように、トレポンオーナーがトレポンと一緒に携帯するモンを作れば良いのである。そしてソレがハンドガンであり、トレポンと同等の質感を持つハンドガンならば、トレポンオーナーは間違いなく欲しくなるはずだからである。まぁ何はともあれ今回のトレフェスは大盛況だったらしいので、コレでトレポンのシェアが大きくなる事を願って止まない今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190616235204j:plain

A HIGHER PLACE

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「嘘とは、私がつくったものではなく、階級に分かれた社会に生まれたものである。だから、私は生まれながら嘘を相続している」
By ジャン・ポール・サルトル

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*オーバーヒート願望
 最近全然話をしてないが、R35についての続報である。結局NHPCとNISMOにも調べて貰ったのだが、改めて「機械的な異常は見当たらなかった」との事である(´ヘ`;)当初は「トランスミッション無償交換ワンチャンあるかもッ!」って思ってたのだが、そんな事は思いっきり無かったのである(笑)つーのも保証範囲にはちゃんとしたガイドラインがあって、サーキット走行で保証が効くのは「サーキット走行前後にNHPCにて点検を受けた場合」に限定されてるのである。無論、そんな面倒臭い事をワタクシがする筈無いのはロンマニアの皆様ならご存知の筈である(爆)でもって街乗りでは異常が無いんだから、コレまた保証の対象外なのである(^_^;)

 でもって「ひょっとしたら走らせ方に問題があるのかも」と思いノルドリンク行ってSオーナーにも話を聞いたのであるが、結論は「デフやミッションが過熱するような走りは全然していない」だったのである(-ω-;)曰く「ひょっとしたらセンサー類だとかケーブル類の接触不良だとか劣化があるのではないか」との事であるが、ソレを調べるにはとんでもない手間がかかるのである( ̄ー ̄;)というワケで出てきた結論が「夏に街乗りでもオーバーヒートするのを期待しよう」だったのである(笑)

今の状況だと、少しずつだけど症状は確実に悪化してる

ぶっちゃけた話、トランスミッション全交換が一番確実

でも今の状態だと保証の対象外

( ゚Д゚)マズー

夏に街乗りでオーバーヒートする事を期待する

街乗りで起きたのなら保証の範囲内

ミッション全交換ワンチャンあるかも

(゚д゚)ウマー

という目論見である(笑)当初は雑誌やムックに乗ってたように【DCTクーラー】入れようかなとも思ったのであるが、ソレ入れると保証が無くなる&ディーラーでメンテ出来なくなる&売値が下がるのもだけど、オーナー曰く「思ったほどの効果は無い」との事である。何ちゅーか、この件は暗礁に乗り上げちまったって感じである( ̄~ ̄)まぁ運良く(?)走りの方はシーズンオフに入ってしまったので、この件は当分棚上げという形を取ろうと思うのである。


*自由が欲しくない人達
 ドストエフスキー曰く「人間にガチの自由を与えると、責任の重さに耐えきれずに自殺する」との事である。1つの町にラーメン屋が10軒あったら、客が集まるのは2~3軒ぐらいであり、残り7~8軒は閑古鳥の住処にされてやがて潰れるモンである。じゃあその潰れた7~8軒のラーメン屋の主人達全員が素直に「競争して負けたんだからしゃーない。次の機会は頑張ろう( ̄0 ̄)/」ってなるかと問われたら、答えはノーである。中には「成功したヤツ等はズルい、格差反対ヽ(`Д´)ノ」とか「俺たちが上手く行かないのは国が守ってくれないからだo(`ω´*)o」とかいう風に責任転嫁するヤツも居るはずである。そしてそういうヤツでも、数が集まれば力になるのである。


香港一国二制度。103万人デモ

 最近何だか香港の方で色々騒ぎになってる中国であるが、中国の何が強かだったって、上記のそういう願望に上手く乗っかったからである。世界は今、1%の持つ者と99%の持たざる者に分かれてしまったけど、中国はハッキリと99%側に付いたのである。ニッポンに住んでるニッポン人には想像し難いかも知れないが、世界にはニッポンのド田舎かソレ以下のメンタリティーの国家ってのが沢山あって、人口もメチャクチャ多かったりするのである。そんな国が皆「我々も1%の国々みたいになるぞ~( ̄0 ̄)/」ってマジメにやるかと言われたら、答えは当然ノーである。


【報ステ】イラン・ハメネイ師「米国との交渉拒否」(19/06/13)

 イランみたいなイスラム原理主義的な連中が典型的なソレだけど、中には「我々99%側の力を合わせて1%に対抗するぞ~ヽ(`д´)ノ」ってなる国も少なくないのである。でもって中国はそういう国々に対し「我々が資金や技術を提供してあげるアルよ。その代わり・・・」って感じに負債塗れにして土地や資源やインフラなどを奪っていったのである。ワタクシが「貿易戦争が本格化したけど、中国が潰れる事は当面無い。でも世界がブロック経済化して大きく分かれる事になる」と予言する理由がコレである。多分、99%側の国の結構な数が中国に付く事が予想されるし、1%側か99%連合の狭間で揺れるトコで代理戦争が起こる可能性だって少なくないと思うのである。

*一億総中流の終焉
 でもって言うまでもないと思うけど、ニッポンも例外ではないのである。ワタクシは前にも言ったと思うが、格差ってのは不自由で不平等だから起こるのではなく、自由で(機会が)平等だからこそ起こるのである。上記のラーメン屋の例えってのは別にラーメンに限った話じゃなく、どんな分野だってそうである。でもってココ最近はネットや流通手段の進化によって行動範囲が劇的に広まったのだから、勝者は更に減っていくのである。そう、今の格差社会は与党の政策の失敗などではなく、時代の変化や自由意識の向上により必然として起こった事なのである。

 ニッポンも来月から参院選らしいが、与党野党共に政治家がニッポン国民に言わなきゃならない事がコレだと思うのである。そう「格差社会は避けられない」という事である。ニッポンはコレから先も民主主義道を邁進するのであれば、更なる自由と更なる機会の平等を求められるだろうし、ニッポン政府はソレに応えなきゃならなくなるのである。でもソレは上記にある様に、更なる競争と淘汰の時代が来るって事であり、そして淘汰された99%による大ルサンチマン時代の到来でもあるのである。自由はタダではない(Freedom is not free)とは良く言ったモンだとつくづく思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190614235505j:plain

THE NEW REIGN

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「人間はめいめい孤独で、しかも善で、しかし集団となると狂気のように互いにいがみあう。これはどうしようもないことだ。それぞれの運命に耐えてゆくよりしかたない」
By 山本周五郎

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*理念よりも人を見よ
 その集団が良い集団かどうかを見極めるには如何すれば良いのか?ワタクシの答えは「その集団に属してるメンバーを見ればいい」である。スタンド使いスタンド使いに惹かれるように(笑)良い人は良い人同士で、悪いヤツは悪いヤツ同士で集団を形成するモンなのである。だからその集団が掲げてる理念が一見素晴らしく思えても、ソコに集ってるヤツ等が変なヤツ等ばかりなら、その集団に近づくべきではないのである。何故なら理念の解釈ってのは人其々であり、曲げて解釈する事だって出来るからである。大事なのは理念ではなく、人なのである。


犯罪集団オウム真理教の真実

【昭和】連合赤軍30年目の真実【大事件】

 オウム真理教やニッポン赤軍は極端な例であるが、掲げる理念がどんなに崇高で正しくても、ソレを実行する人間は余裕で誤解釈や拡大拡小解釈を行うモンなのである。でもってそういう歪な解釈をするヤツほど、テメェの解釈が絶対に正しいと信じ込んであるのである。ソレに加え、人間は古今東西「正しい理念を実行するためなら多少の逸脱行為は認められる」って考えを悪用して、テメェの下衆さをソレを用いて正当化したりする事も少なくないのである。だからソイツ等が掲げてる理念がどんなに素晴らしくとも、メンバーに変なヤツの多い集団には近づいてはいけないのである。

*治りますか 治りませんか
 以前「某SNSで”発達障害は治るか否か”で一騒ぎ起こってる」って書いて、ソレに対しワタクシが「根治はムリかも知れんが、対処的になら何とかなる」答えたのであるが、その言い争いって未だ続いていたのである(^_^;)その騒動に関しての答えは上に示した通りであるが、ソレ以外にもワタクシが治る派を選んだのは、ソコに集う人々を見てである。やり取りを一通り見てみたのであるが、治る派の面々は言動が結構過激なのはアレであるが、でも相手の話はちゃんと聞いてるし対話しようともしているし、自分等が絶対的に正しいと考えてないし、相手に意見を押し付けない。実際治るか否かよりも、こういう姿勢をワタクシは評価してるのである。

 つーのも医学は日進月歩だから、治らなかったモンが治るようになったり、定説が覆されるなんてのもザラだからである。不治の病とされて昔の文学作品で悲劇ネタの定番ダった肺結核も、今じゃちゃんと治療すればフツーに治る病気である。だからこそ理念に固執してはいけないし、他人の話を聞く余裕も必要なのである。テメェのアイデンティティを守る為、事実を無視して理念に固執し、より過激な言動に出て更に悪循環に陥る。古今東西、良くある話である:

農地取り上げと闘う3・31三里塚全国集会(2019.4.1)
でもって一方的な話しか聞かないのもアレだと思ったので、治らない派の言い分も調べようと思ったのであるが、何故だか知らんがその内数名にブロックされてたりするのである( ̄~ ̄)この件に関してワタクシは一言も言及していないにも関わらずである。もうこの時点で、ワタクシに治らない派を支持する理由が無くなってしまったのである。人の話を聞かないヤツの話を聞いてやるほど、ワタクシは寛容でも大人でもないのである。

 まぁ多分ワタクシが治る派の数名とSNS上で関わり合いを持ってたりコメントのやり取りもしていた事から、ワタクシも治る派の仲間だと思われているのであろう。だからブロックされたりとか、ワタクシのアカウントに凸かまして来たりしたのであろう( ̄~ ̄)でもって凸してきたヤツは2人が2人とも、マトモに会話が通じなかったりするのである。勘違いと分かっても謝らないし、顔も名前も知らないのにいきなりアンタ呼ばわりされるし、益々以って治らない派に付きたくなくなったのである┐( -"-)┌繰り返し言うが、どんなに理念が正しく素晴らしくとも、信奉するヤツがアレな集団は信用できんのである。

*居場所探しのススメ
 だから「サバゲー始めたいんですけど、フィールドは何処を選べば良いのですか?」とか「愛車をチューニングしたいのですが、ショップ選びのコツはありますか?」と問われたら、ワタクシの答えは「ソコに集う客層を見て判断せよ」である。目に余る言動が多いトコは、どんなに腕が良くても、どんなに立地条件が良くても、決して贔屓にすべきではないのである。無論、そうなると選ぶ側の眼力も重要になってくるので、その類の勉強や鍛錬を怠らない事が重要である、そうすれば、何時かは理想的な場所へと辿り着く筈である。人が場所を選ぶのではなく、場所が人を選ぶのである。

 でも人間というナマモノは弱いナマモノだから、依存できる”何か”を常に求めてしまうモンである。自分の意見を持つという事は責任を自分自身で全て負わなくてはならないのもだけど、時代の変化に合わせて知識や経験を絶えずアップデートしなけりゃならないから大変なのである。でも理念についていけば、帰依できる他人についていけば自身をアップデートしなくてもいいし、何より責任を取らなくて済むからである。自由が欲しいのならば、色んな意味で強くあらなければならない。今に始まった事ではないが、改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190612235619j:plain