アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

AMALGAMATION

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「悠々と焦らずに歩む者にとって長すぎる道はない。辛抱強く準備する者にとって遠すぎる利益はない」
By ジャン・ド・ラ・ブリュイエール

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*出費の嵩む1年
 何ちゅーか、2020年は余りにも出費の多い年である(^_^;)ありとあらゆるモンの寿命や交換時期などが一度に来たから、とにかく出費出費アンド出費が止まらないのである(;´Д`)今までにどんだけ大きな出費があったか&今後予想される出費がどのぐらいあるかと言われれば、こんな感じである:

  • R35の車検
  • iPad買い替え
  • NDの車検
  • Apple Watch買い替え
  • iPhone買い替え
  • PS5購入
  • 4Kテレビ購入
  • 年内に発表されたら次期ファーストカー

とまぁ、こんな具合にデカい出費が立て続けに発生してる&コレから起こるのである(´ヘ`;)まぁその為の貯蓄はしてあるとはいえ、やっぱデカい出費が続くと気分的に色々とアレなのである('A`)何ちゅーか、シリコンバレー成功者の子供に生まれたかったのである(笑)

 でもってこの度【PS5の正式な発売日が決まった】とあって、今月はNDの車検があるにも関わらず4Kテレビの購入と相成る予定である(^_^;)ちゅーのも、PS5発売日が近くなってからだと注文が殺到するだろうから、早い内に買って準備しておくのである。PS5に関しては前にも言ったように、グランツーリスモ7が出るのであれば、ワタクシとしては買う以外の選択肢は無いのである:

Gran Turismo 7 Announcement Trailer
ただ残念な事にGT7はローンチタイトルではないので、ワタクシとしてもPS5本体は焦って買うほどのモンでもないのである。まだまだPS4でプレイするソフトが結構あるので、ソレが全部終わってからでも全然余裕なのである。

*気持ちは分かるがトランキーロ
 だから仕事終わってから家でゆっくりPS5の予約を入れようかと思ったけど、ワタクシの知らない間に【予約云々でどえらい事になってた】のである( ̄Д ̄;)フェラーリランボルギーニの限定モデルみたいに購入後は確実に値上がりするモンなら兎も角、コレはゲーム機である。大量生産される一般的な商品であり、何をどうやったってプレミアが付いて値上がりするなんて事は無いのである。焦らず冷静になって対処すれば何ら問題の無い事なのであるが、ソレでも転売屋や悪徳業者が後を絶たないって事は、そんな事も分からないで大金をドブに捨てるようなバカが世の中に如何に多いかの証左でもあるのである┐( -"-)┌買うヤツさえ居なければ、転売屋も悪徳業者も存在し得ないのである。


“プレステ5”予約開始 年末ゲーム商戦スタート(2020年9月18日)

 何のプレミア性も無いただのゲームハードに何故ココまで皆が大騒ぎするって、やっぱSNSの存在が今はデカいと思うのである。PS5を発売日にゲットして開封の儀をツイッターなりインスタグラムなりで自慢しても良し、動画サイトで最速インプレを流すも良し。更に言えば転売屋等にぼったくられたとしても、その話で同情を狙うってのもアリである。たったソレだけでアホほどいいね!が貰えるんだから、そりゃソレが欲しくて欲しくて堪らんヤツは転売屋に少なくないカネ払ってでも欲しくなるであろう。ワタクシには全く理解できない感情であるが、世の中には一時的に注目されるためだけに大金を注ぎ込むヤツが結構居るのである( ̄~ ̄)


迷惑な転売ヤーの心理を暴いてみた

 ワタクシもやろうと思えばできなくはないが(笑)やる気は全く起こらん次第である。ちゅーのもソレで一時的に注目を浴びたとしても、マジでその一瞬で終わりだからである。大体この手のヤツって「一旦バズれば皆が俺の魅力を理解してくれて、今後も注目されて人気モンになれるかもッ!」って思ってるのだが、そんな事は決してないのである。ワタクシも炎上は何回か経験したから分かるが(爆)そういう理由で振り向いたヤツってのはトピ主の過去や未来には殆ど興味が無いのである。だから一時的にバズってもまた元通りになり、バズった快感が忘れられずに更に過激な行動に出て、あとは悪循環に突入である。継続的に人気モンになりたければ、平均を徐々に上げていくしかないのである。

*バカでもSNSを利用できるが、バカはSNSに利用される
 何の本で読んだのかは忘れたが、ソコには「大儲けする一番の方法は、大勢のバカを上手く騙す事」とあるが、正にその通りだとワタクシも思うのである。その分かり易い例が、アイドルの握手会と総選挙である。自己顕示欲の高いヤツがCDをアホみたいに買い上げて、ソレで世間から注目されて仲間からチヤホヤされ、ソレ見た他のヤツ等が負けじとカネを使って似たような事をやって、後はバカのエコーチャンバーである(笑)何故カネを湯水の如く注ぎ込むかって、バカに出来る事はソレしかないからである。独身で友達付き合いが無ければカネは思った以上に貯まるし、更に言えば手段さえ問わいのであれば、カネって思った以上に得られるのである。


AKB48 CD大量投棄 AKB商法に坂上忍が喝! フット岩尾、Berryz工房結婚に傷心

 そういう意味では、SNSも似たようなモンである。バカでも簡単に利用できるけど、利用できたからといって人生がバラ色になるななんて決してないのである。極々一部の偶々上手く行っただけのヤツを見て「俺にもワンチャンあるかもッ!」って思うけど、その確率は宝くじの一等賞以上に低いなんて事に想像が至らないのである。だから根拠の無いデマに右へ左へと流されて、ノリや勢いや不安や恐怖に流されて要らんモンを買い込んで、アタマの良いヤツ等にカネも労力も票も盗られた挙句、テメェは何一つ得られなかったって結末を迎えるのである┐('д')┌バカは自分がバカであると認めない限り、永遠にバカのまま。改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200918235629j:plain

PURGATORY

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「伝統とは、先人が築いてきたものを把握し、それをもとに一歩先へ踏み出すことをいう」
By 井上萬二

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ブランドは便利
 水野和敏氏曰く、ブランドとは「他にも良いモンはたくさんあるけど、俺はコレでなきゃダメ」って顧客に言わせしめる商品の事を言うんだそうである。そういう顧客が多いからこそ熱心なファンがいて、好況時も不況時も業績が安定して、中古価格も高く保たれるんだそうである。ワタクシの場合、アップルウォッチがソレである。ブランド力の高い高級機械式腕総計や、もっとデザインの良いスマートウォッチは幾らでもあるけど、ワタクシはアップルウォッチ一択である。だから【アップルウォッチの新型が出た】というニュースが入ってきた時、もう何も考えずに予約入れた次第である。ワタクシにとっての問題は「買うか買わないか」ではなく「ケース素材と色とバンドは何にするか」なのである。


【9月18日発売】新型「Apple Watch Series 6」新色ブルー・レッド登場! 運動・健康特化のアプデです!|血中酸素濃度センサー、Newカラー、Newバンド、Fitness+

 ワタクシが今使ってるのがSeries4で、もう2年使っててバッテリーも劣化し始めてきたトコなので、買い換えるには実に良いタイミングだったのである。確かに高いっちゃ高いのであるが、下取りも結構い良いんで考えようによっちゃお得なのである。どんなにブランド力の高い機械式腕時計であろうともスマホとリンクできないし、社外のスマートウォッチだと思ったように動かない場合が少なくないのである。でもって最近のアップル製品って安っぽさが無くなってきたので、スーツだとかにもフツーに似合うのである。だから腕時計に関してワタクシのニーズを最も満たしてるのがアップルウォッチであり、ワタクシ自身のブランド力を上げるために必要なのである。

*7代目誕生
 さて今日という日は全世界のクルマ好きが待ちわびた【新型フェアレディZ(以後Z35)のオンライン発表会】の日である。発表される前からワタクシに買う気が全く無いのがアレであるが(笑)でもスポーツカーの発表は何時だってワクワクするモンである。ちゅーのもスポーツカーってのは何処のメーカーでも、走りに関する最新テクノロジーを盛り込んでくるからである:

#フェアレディZ プロトタイプ 車両概要

フェアレディZ プロトタイプ走行動画
賛否両論は色々あるけど、ワタクシ的な感想を言えば「グリル開口部のデザインがアレだけど、他の部分のデザインは総じて合格点」といったトコである。欲を言えばホイールベーストレッド、あとパワーバンドが何処にあるかを知りたかったのであるが、流石にプロトタイプでソコまで教えてはくれないようである(^_^;)ソレが分かればどんなタイプのクルマなのかが分かるのであるが、まぁ製品版が出るまでの楽しみに取っておく次第である。

 あと動画を観てワタクシ的に気になった部分が幾つかあるので、ソコをワタクシが独自に仕入れた情報と共に説明していこうと思うのである:


やっぱデザインの一番のネックになってるのが、このフロントグリルである。何故アレに違和感を覚えるのかを考えたけど、その答えは「グリルが直線的過ぎるから」である。デザイン全体が曲線や斜め線を多用してるのに対しグリルだけが垂直線&水平線で出来てるから、相対的に違和感が強調されるのである。多分斜線と曲線を織り交ぜれば、この違和感が軽減されるのではないかと思うのである。


Z35に限らず最近のスポーツカーはルーフとピラーを黒くする傾向があるが、コレはキャビンを小さく低く見せる為である。黒って委縮色だから、本来の大きさよりも小さく見えてしまうのである。豆であるが、囲碁の石が黒のが白よりも若干径が大きく作られてるのは、コレが理由である。


GT-Rのデザイン上のアイデンティティーは丸目4灯テールランプであるが、フェアレディZはこのCピラーのラインとZバッジである。他の部分がどんなに変わっても、ソコを見れば一発でその車種だと分かる。良いか悪いかではなく、ソレが無ければ〇×(車種名)とは言えない。何だかんだスポーツカー作りの歴史が長いせいか、日産はソコんトコ良く分かっているのである。


運転に際して意識集中のジャマにならないよう、内装の色は黒などの反射しない色に染める。コレを専門用語でブラックアウトと言うのであるが、ちゃんとその通りにしてるのは評価ポイントである。あとコクピットに関しては実際に座って操作してみないとマジで分からんので、ソコんトコの評価は実際に発売された後になるであろう。


あとワタクシ的に気になるのが液晶インパネである。コレが運転中に見易いのか否か、ソコが問題なのである。ちゅーのもスポーツ走行においては回転数が分かり易いという事は非常に重要だからである。だから992型911は他4つのメーターはデジタル液晶だけど、タコメーターだけは従来通りアナログなのである。まぁソレも実際運転してみないと分からんので、コレも評価は後日である。


あと某ロンマニアの方曰く「現行Z34のミッションはZ34NISMOの出力でもう耐久力限界だから、Z35は新規開発されたMTが投入される」との事である。欲を言えば国産車初の7速MTにしてほしかったが、ソレだと開発コストが上がってしまうのであろう。あとシフトフィールとかクラッチの踏み心地とかも実際運転してみないと分からんので、コレも評価は後回しになりそうである。

 まぁ出力云々に関してはあくまで噂に過ぎないけど、スカイライン400Rの400馬力は確実にあると思われるのである。欲を言えばソコから更にチューンアップして、420馬力も出せれば御の字である。競合相手はニッポンだとGRスープラになるであろうが、MTがあるというだけで十分過ぎるほど差別化出来てるので、競争力は十二分にあると思われるのである。後はスピード中毒者共が一番待ち望んでるNISMOバージョンであるが(笑)こちらも480馬力は欲しいトコである。そんだけあればケイマン&ボクスターどころか911カレラやM4ともタメを張れるので、商品価値は格段に上がる事であろう。

*みんなのスポーツカー?
 中々面白そうなクルマであり、発売が楽しみなのは間違いないが、一つだけ気になるトコがあるのである:

タイヤとブレーキである。前255&後ろ285で、サイズは19インチだから、タイヤ価格も相当なモンになるであろう(^_^;)でもってこのR35ブレーキ、効きも信頼性も抜群に良いのであるが、問題は値段である。R35価格だけど、ローターとパッドを全交換すると、何と50諭吉前後はかかってしまうのである(´ヘ`;)裕福なヤツの多いR35オーナーならソレでも構わんかも知れないが、Z35オーナーはどうなんだって話である。

 そう、フェアレディZは日産自ら「皆の手に届く値段のスポーツカー」って言ってるだけあって、値段も相当抑えなきゃならん筈である。が、タイヤとブレーキと出力の時点で、裕福な層にしか買えなさそうな雰囲気がするのである( ̄~ ̄)だからワタクシが予想するに、上級グレードと下級グレード、あと最上級のNISMOの3グレードがあるんじゃないかと思うのである。下級グレードはあくまでワタクシの想像であるが:

  • 馬力は300ほど
  • タイヤは一回り細く&径も小さく
  • ブレーキはZ34のを流用する

コレだったらコストもかからんから、文字通り皆の手に届く価格(約400諭吉前後)で提供できると思うのである。上級はプロトの通りのスペックで600諭吉前後、NISMOは800諭吉前後になるんじゃないかと思うのである。まぁ何れにせよ実際に発売されてみない事には何も言えないので、その日を首を長くして待とうと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200916235708j:plain

BEAST

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「伝統とは火を守ることであり、灰を崇拝することではない」
By グスタフ・マーラー

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*伝統の長所
 クルマでも何でもそうだけど、歴史が長くて伝統があるという事の一番の利点は何か?ワタクシの答えは「際立った短所が無い事」である。伝統があるって事は特定のモンをずっとやり続けてるって事であり、長年やり続ける事で余分なモンは削ぎ落され短所は解消され、解消されなくとも持ち味として洗礼されたりして、そしてありとあらゆるトラブルへの対処法も蓄積され改善策が万全になっているのである。目新しいモンは少ないかも知れないが、その代わり安心感や信頼性はバッチリなのである。特にクルマみたいな高額で少なからぬリスクを抱えてる商品の場合、安心感や信頼性は何より重要だったりするのである。

 ワタクシが「S2000が復活するかも」ってニュースに全くときめかない理由が正にコレである。先代も一代しか作ってなくて全く熟成されずに、しかも生産中止から10年以上も間を置いてるのだから、信頼して安心しろというのがムリな話である。ワタクシがND良いなと思うのも正にコレであり、やっぱ25年(買った当時)作り続けてるだけあって目立った欠点が見当たらんのである。同様に理由を以って、明後日に発表されるであろう【次期フェアレディZプロトタイプ】をワタクシは期待してるのである:

【中継予告】9/16(水)「 #フェアレディZ プロトタイプ」オンライン公開

【中継予告2】9/16(水)9時30分~ 「 #フェアレディZ プロトタイプ」オンライン公開
メチャクチャ良いかどうかは正直分からんけど、少なくとも悪いモンじゃない事は保証されてるのである。まぁGT-Rが2022年まで&次があるとしても多分2025年以降だと思われる→つまりその間日産のフラグシップスポーツを務めるのだから、日産も相当気合を入れて作ってる事であろう。噂では素のトップグレードで400馬力超、NISMOで450馬力超えるかもとの事だから、楽しみっちゃ楽しみである。

キングダムズ・オブ・ボディ
 ただ欲しいかと言われたら「気に入っても99.99%買わない」である(笑)ちゅーのも次期ファーストカー候補はもうポルシェ(車種は未だ未定)で決まっていて、かと言ってセカンドカー候補としてはデカ過ぎるからである。嘗てのシルビアみたいな小型スポーツがあったら考えるのであるが、そーゆークルマは完全にトヨタの独断場になってしまってるのである(^_^;)さて話は変わって、と:

たかがボディされどボディ、ボディ含むシャシー性能って、クルマ選びにおいて重要なのである。ちゅーのもパワーやダウンフォースや足の硬さとかは後付けで何とでもなるが、シャシー剛性だとかサスジオメトリーだとかはどうにもならんからである。だからサーキット走行とかを念頭に置いているのなら、そういうトコに優れたピュアスポーツカーを選ぶのがワタクシのジャスティスなのである。

Kingdoms of Amalur Re-Reckoning(輸入版:北米)- PS4

Kingdoms of Amalur Re-Reckoning(輸入版:北米)- PS4

  • 発売日: 2020/09/08
  • メディア: Video Game
PS3で結構ハマってたゲームであるが、ソレのリマスターがPS4で出たので、思わず買ってしまったのである。もしも「最も過小評価されてるタイトルを一つ挙げろ」と問われたら、ワタクシはコレを挙げる次第である。ゲームバランスが良くて目立った欠点もなく、ゲーム自体も作り込みもシッカリしてるのであるが、いかんぜんスタジオ運営がダメ過ぎて1作で消えてしまった悲劇の作品なのである(´・ω・`)でもまぁこうして復活できたって事は、PS5時代にはワンチャンあるかもである。

もう2つ寝るとオンライン公開
 まぁ新型Zに関しては明後日にも公開されるんで、焦る事も特に無いであろう。ただスープラやGRヤリスの時もそうだったけど、新型スポーツカーの発表は何時でも何処のでもワクワクするモンであるo(*´∀`*)oどんだけ速いのか、ハンドリングはどんな感じになるのか、どんな最新テクノロジーが投入されるのか、先代と比べ何処がどうパワーアップするのか、想像と妄想が膨らみまくるからである:

【中継予告 3】9/16(水)9時30分~ 「 #フェアレディZ プロトタイプ」オンライン公開
6速MTやエキゾースト音に関しては、まぁ予想の範囲内だから特に驚かなかった次第である。ワタクシが驚いたのは0.10から出てくるブレーキキャリパー&ブレーキローターである。形状から察するに、R35に使われてるソレだからである( ̄□ ̄;)

 そうすると当然だけど、妄想や想像が膨らみまくるのである(笑)ご存知かと思うが、R35のブレーキ一式って超デカいのである。1750kg&最大600馬力のクルマを止めるためのモンなんだから、そりゃ当然の話である。そんなモンが装着されてるって事は:

  • 新型Zにはそんだけのパワーがある(゚∀゚)
  • 新型Zはそんだけデカくて重たい( ;´д`)
  • 新型Zはそんだけ豪勢で高価である(´ヘ`;)

という風に、色んな考え方が出来てしまうのである。とあるロンマニアの方の予想だと「R35ブレーキって実は軽いから、軽量化目的なのでは」との事であるが、コレまた蓋を開けてみなきゃ分からんのである。ひょっとしたら上級グレード専用装備かも知れないし、オプションかも知れない。いずれにせよ明後日が楽しみな今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200914235751j:plain

DAY OF MOURNING

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「外国では年齢は聞かないし、聞く必要も感じない。だが、日本人の年齢への固執は驚くべき文化的差異だ」
By ジェームス・オーエンス

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ニッポン滞在のススメ
 サヨクいヤツのSNS等でのカキコを見ると、時折「私はもう色々と酷過ぎるこの国を脱出しようと思います」って言うヤツが時偶居るのである。まぁそんなヤツには言うだけムダだから言ってないが、もし言うとすれば「ニッポンがイヤで海外移住したいって考えなら、絶対長続きしないから止めておけ」といったトコである。断言しても良いが、そういう事言うヤツは間違いなく海外で生活した事の無いヤツで、本だとかネットだとかの上っ面の情報を鵜呑みにしてるヤツである。実際はどんな国にも良いトコと悪いトコが必ずあって、全てがテメェにピッタリ合うような国なんて世界中何処にも無いのである。


【人口50万人マイナス】日本はもう無理です。日本脱出考えるレベル。

 そう、ニッポンがイヤで海外へ行ったトコで、行った先のイヤな部分が目に付くようになってしまうのである。ネガティブなヤツが海外移住して突然ポジティブになる筈なんてなく、海外へ行ってもネガティブなままなのである。そしてネガティブなヤツは悪いモンをテメェの中で何倍にも増幅させて、結局は移住先でもストレスを溜めて、ソレがホームシックと凄まじいケミストリーを引き起こすのである(笑)そうやって移住した後に「こんな目に会うんだったらホームシックが無い分だけニッポンの方がマシだッ!」って帰ってきたヤツ、ワタクシは何人か知ってるのである。移住ってのは、各種欠点が些細に感じるほど好きなモンが無ければ難しいのである。

*海外移住のススメ
 ただ海外に住む事は悪い事かと言われたらそんな事は無く、寧ろワタクシはロンマニアの方々に「観光旅行でない海外渡航を可能な限り経験すべし」と薦める次第である。海外へ行ってネットや本に載ってないその国の真の姿を見てきたり、違った観点から母国を客観的に眺めるという事は、良い人生を送る上で非常に重要だからである。かく言うワタクシもインドネシアジャカルタ)からニッポンに移住して帰化した人間だから、他人に他国へ移り住むなとは言えんのである。海外へ移住するのに御立派な大義名分は一切必要無く、ワタクシみたいに「アキバあるしサーキットも多いし、ニッポンってオタク天国じゃん( ̄▽ ̄)」でも良いのである(笑)


【海外移住9年目が語る】日本は国力としてトータル世界2位だと思います【アメリカ1位。日本は意外にスゴすぎる】

 あとワタクシが積極的な海外移住を勧める理由は「ニッポン社会の風通しを良くする為」である。何故ニッポン社会には変な悪習が色々あるかって、ニッポン人がニッポンから出ていかないからである。だから上の人間が既得権益をガッツリ抑え込んでしまったら、内側からでは改革が非常に困難なのである。だったら如何すれば良いかって、海外で伸び伸びやれば良いのである。優秀な人間がニッポンからドンドン抜けていけば&海外からドンドン競合相手が入ってくれば、上の人間だって悪習を変えざるを得なくなるからである。変わらなかったら変わらなかったで、そのまま海外でやってくだけの話である。ニッポン人だからってニッポンに拘る必要性は全く無いのである。


海外で働く日本人になるために、働く具体的な3つの方法を解説。MBA取得者の実態や、駐在を狙える会社など

 あとサヨクいヤツに対しても「ニッポンに一番ダメージを与える方法は海外移住」と教えておく次第である(笑)ちゅーのもニッポンに住み続ける限り、各種税金という形で大嫌いなニッポン政府にカネを毟り取られるからである。でも海外へ移住しちゃえば、ニッポン政府に対しカネを払う必要も無くなるのである。ニッポン政府にとって最も怖いのは、ニッポン国民がカネを落とさなくなる事である。特にカネを稼げるようなヤツほど、海外移住のダメージはデカいのである。だからニッポンが大嫌いなのであれば海外移住すべきなのであるが、冒頭の理由でニッポンに帰ってきてSNSで憂さ晴らしするヤツが殆どなのである┐(´∀`)┌

桃源郷は何処に
 だから「おススメの海外移住先は?」と問われても「ンなモン人其々」としか答えられんのである。何処の国の何がツボるのかなんてソイツにしか分からんし、中には蓼食う虫も居るんだから、尚更アドバイスなんか出来ないのである。でもワタクシの知る限りカネのあるヤツ、特殊な技能のあるヤツ、色んなコネを持ってるヤツってのは、世界中何処でも生きてけちゃうのである。民主主義が機能してるインフラの充実した先進国の大都市でも、独裁者が支配する治安のクソ悪い途上国でも、そういう人間は器用に立ち回って立ち位置を確保してしまうのである。そう、優秀な人間にとって、国の好き嫌いや長所短所は関係無いのである。


21世紀を生き抜くための教育

 よーするに、理想郷や桃源郷なんてモンは行くモンではなく、今居るトコをそう作り変えるモンなのである。ソレが分かってないヤツが「テメェ探し」とか称して、中身が空っぽのまま右往左往して結局何も見つけられず、挙句は宗教なりカルトなりサヨクなりに捉われて何も得られないままカネと労力と時間と権利を毟り取られるのである┐(´д`)┌自分の考えをシッカリ持って、自分の意見をハッキリ言って、かつ自分のすべき事をバッチリ出来るようにならなければ、ニッポンに留まろうが海外行こうが同じ事なのである。古人曰く「住めば都」との事であるが、漸くその意味が分かった今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200912235603j:plain

THE ILLS OF MODERN MAN

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「信仰を持つ人間は、集団における権力者よりも、利害で集まっている烏合の99人よりも力強い」
By ジョン・スチュアート・ミル

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*タイヤが高い
 今月末にはND2回目の車検があるのである。まぁ前回車検との大きな変更点は【ブレーキキャリパーの交換】ぐらいであるが、コレは元々マツダの純正部品なので、強度的にも保安基準的にも何ら問題は無いのである。後はもう間もなくやって来るサーキット走行のシーズンに備え、タイヤを今履いてる【アドバンA052】から【ポテンザRE-71RS】に切り替えたぐらいであるが、コレがビックリなのである。何がビックリしたって、値段がである。同じポテンザのRE-71Rの交換は工賃込みで8.8諭吉ぐらいで出来た記憶があるのだが、ソレが10諭吉前後まで値上がりしてたのである( ̄Д ̄;)


POTENZA RE-71RS Vol.1 "Birth of RS"

 とあるロンマニアの方曰く「石油と天然ゴムが値上がりしたせいで、何処のどのタイヤも数年前と比べ1.5倍ぐらい値上がりしてる」んだそうである(´ヘ`;)ただ「じゃあ安いアジアンタイヤにしよう」ってなるかと言われたら、そんな事は決してないのである(笑)つーのもタイヤってのはクルマにおいて最も重要なパーツだから、ソコに決して妥協はできないのである。何故アジアンタイヤが安いかって、ロクにテストをしてないからである。だからサーキット走行みたいなシビアコンディションで使うと、何が起こるか分からんのである。その点、ちゃんとしたトコのタイヤは各種テストをバッチリやってるので、サーキットでも安心して使えるのである。

個人主義者vs集団主義
 右派と左派の決定的な違いは何か?ワタクシはその1つに「右派は基本的に個人主義者で、左派は基本的に集団主義者」を挙げる次第である。何故左派がそうなるかって、弱い立場の人が多いからである。個々で弱いから集団を成す事で数という力を得られるようになり、そうすると自ずと末端もトップも集団の論理で動くようになるのである。でもって右派は社会的地位の高い人が多いから考え方も個人主義的なモンとなり、自ずと個人主義的なグループになっていくのである:

個人主義 集団主義
自己を確立していて、メンタルが強く、どっちかというと賢い 自己を確立してなくて、メンタルが弱く、どっちかというと賢くない
人間を独立した個人として、一人ずつ違う見方をする 人間は「テメェの側の人間」か「余所者」の二択
同じ所属の人間でも意見の相違はあって当然 所属が同じなら意見も同じでなければいけない
意見を違える他人とも妥協できるし尊重も出来る 他の意見はテメェ達の団結を乱すから聞きたくない
去る者は追わず来る者は拒まず 去られると勢力が落ちるから徹底的に反対する
何らかの基準を絶対視しない 団結の為に絶対的な大義は必要
自分等のイデオロギーに対する不断の訂正と改良を良しとする 団結力を高めるためにもテメェ等のイデオロギーは不変で普遍でなければいけない
イデオロギーよりも個人の幸せ イデオロギー通りの世の中の為ならば個人の犠牲は仕方がない
たとえ大義の為でもルールは曲げてはならない 大義の為ならばルールを破るのも致し方が無い
自分の界隈以外にも世界は広い 基本的にテメェ等の界隈以外はどうでもいい
絶対的な正義は無く、法律とマナーを守れば後は自由 たとえ公的な記載が無くとも、テメェ達のコンセンサスが常識であり正義であり全ての基準
孤立してしまっても何とかなる 孤立は死に等しいので、何が何でも集団にしがみつく

何故右派と左派の議論が常に平行線になってしまうかって、根本にある考え方が違うからである。特にココ最近は社会の二極化に伴い右は成功例が増えて益々個人主義的になり、左は左で貧困層の数が増えた事で益々集団主義的になり、結果社会の分裂が進んでしまったのである。何らかの革命的な再分配の方法が見つかるまで、この傾向は続くんじゃないかとワタクシは思うのである(^_^;)

 そう、コレが【元ウルトラマン役がパクチー盗まれて云々】の根底にあるモンである。つるの剛士は右派で個人主義者だから「外国人云々とは言ったけど、ソレが外国人全般を指してるんじゃないって事は容易に想像できるはず」「誰か一人が悪い事したからって、皆がそうだと短絡的に考えるヤツはそうは居ないだろう」って考えで言ったのだろうけど、でもサヨク集団主義者な米山隆一だとかラサール石井だとか町山智浩とかは「外国人達は基本的に少数派で弱い人達だから、特別守ってあげなければならない」とか「特定の人が悪ければ皆が悪いって、普通の人達はそう思うだろう」って考えてるから、そりゃ話が噛み合う筈がないのである。


つるの剛士、怒 パクチー被害で米山隆一氏が「差別的」と…「こちら100%被害者!」

 この件に関するワタクシの見解は「確かに外国人は少数派だけど決して弱者じゃないし、テメェ等サヨクの庇護なんか要らねーよ( ゚Д゚)ヴォケ!!」といったトコである(笑)そう、外国人と言ってもピンキリであり、徒党を組んで悪事に手を染めるヤツも居れば、スーツを着込んでビジネスの最前線でバリバリやってる人も居るのである。ソレを一緒くたに「守ってあげなきゃいけない少数派の弱い人達」扱いされるって事はこの上ない侮辱であり、差別でもあるのである。そう、ワタクシに言わせれば差別的なのはつるの剛士ではなく、米山隆一だとかラサール石井だとか町山智浩だとかいったサヨク共の方なのである。

*施しの手は常に頭の上から差し出される
 サブタイはアフリカの諺であるが、施しってシロモノの本質をものの見事に表してるのである。確かに施しを受けると楽に生きられるようになるが、その代わり施す側に対して頭が上がらなくなってしまうのである。そう、ただ施すだけの一方的な関係ってのは、言い換えれば差別の一種なのである。だから施しは一時的にだけ行って、ソコから自立に向かっての支援を行うのが正しいやり方なのである。中国の諺に「魚を与えるだけでは1日しか食えんけど、魚の取り方を教えれば一生食ってける」ってのがあるが、コレが正にソレである。自立させて同じ立場でモノを言えるようになって、初めて差別は解消されるのである。


【無財の七施(七つの施し) ~お金やモノがなくてもできる施し~】#法話 #小池陽人の随想録 #仏教 #教え

 でもサヨクってのは、ソレを望んでいないのである。ポリコレ然り、LGBT然り、BLM然り、弱者や少数派を守るだけ守って、決して自立を支援したりはしないのである。貴方は頑張らなくていい、そのままの貴方でいい。私達がナマポをもっと貰えるようにしてあげる、強者やネトウヨから守ってあげる。その代わりSNSで右派の不祥事をガンガン拡散してね、マスコミにウケるようにデモ動員を手伝ってね、選挙になったら〇〇党の××候補に投票してね。政治や社会は私達リベラルエリートが全部決めてあげるから。左派やサヨクこそが真の差別主義者であり、その事は古今東西変わらない。改めてそう思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200910235905j:plain

THE HEALING PROCESS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「自分に百点満点をつけよう。自分は四十点だな、と思っても無理して百点をつけていると、自然に自分の古い殻が破れて、新しい自分に変わる」
By 山崎房一

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*旧車の定義
 何を以って旧車と言うのかは人其々であるが、ワタクシの場合は「クルマに目覚めてから数年以上昔のクルマ」である。別にクルマに限った話ではないが、6歳の時であろうと60歳の時であろうと、物事はソレに目覚めた時がスタート地点なのである。同じ45歳であってもPS4からゲームを好きになった人にとっては初代スーパーマリオはプレイする事すら考え付かないレトロゲームであるが、ワタクシみたいに小坊からファミコンでリアルタイムでやってきた人間にとっては現在進行形の思い出である。でもってワタクシがクルマに目覚めたのは2005年の事なので、基本的に20世紀のクルマは旧車なのである。ランエボも7以降は辛うじてワタクシのタイムラインに入ってくるが、6以前は基本的に旧車なのである(笑)


ランサーエボ6デビュー!! Part 1 WRCマシン筑波アタック!!【Best MOTORing】1999

 だからワタクシが知ってるインプvsエボの国産スポーツ最速争いも、R35の登場によって決着が付いてしまう最後の2~3年しか知らないのである。多分だけど、90年代後半のこのCN9AGC8後期の頃は、GDB後期の頃とは比べモンにならんぐらい盛り上がってたんじゃないかったのではないであろうか。ワタクシがあの時代のチューニングカーやチューニングシーンにあまり興味が無いのも同様の理由で、ワタクシがクルマに目覚めた頃には90年代から続いてたチューニングカー文化はバブル景気が完全に終わった事もあって、もう下火になり始めてたのである。あの頃は確かに凄かったんだろうけど、ワタクシにとっては見た事も無い昔の話なのである。

*もしもあの時・・・
 そんなワタクシにも、ランエボを購入しようと思った頃があるのである。人生最初のクルマを買う時にランエボIXかGDBのE型かで悩んだのであるが、結局試乗させてもらった時のシートの座り心地の良さと、地元スバルディーラーのサポートもあったのと、あとF型の登場を控えててE型は安くなってた事もあり、結局GDBを選んじゃったのである。人生最初のクルマとしてエボIXやGDBは如何よとは思うが、まぁ若気の至りってヤツである(笑)まぁ結果的にはGDBでクルマの運転の楽しさを知ってクルマ道まっしぐらになったのだけど、今思い起こすと「やっぱエボIXにしとけばよかったかなぁ~(´ヘ`;)」ってなってしまうのである(笑)


インプレッサSpec-C E型登場!! 新旧比較BATTLE!!【Best MOTORing】2004

 何故そう思うようになったかって、インプ(現WRX-STI)は現在進行形(今は一旦止まってるけど)で作り続けられてて今でも買えるけど、ランエボは2015年で生産が終わっちゃった→欲しくてももう買えないからである。だから上記の機会が、今思えばランエボを新車で買える最後のチャンスだったのである( ̄~ ̄)でもって今の三菱の状態から見るに、ランエボの復活は望めそうにないのである(´・ω・`)中古で買うという手段もあるのだが、ワタクシは中古車が嫌いなのである(笑)あと中古車ってソレに加えて何だかんだカネがかかるので、結局余程好きでなければコスパ的に新車が一番なのである。


ランサーEVO 9登場!! 全開フルテスト Part 1【BestMOTORing】2005

 でもってランエボの復活を真に望んでるのかと問われたら、その答えは「正直しなくても全然構わない」である(笑)上記にあるように今の三菱にゃそんな余裕は無いだろうし、復活したらしたでXの延長線にあるようなムダにデカくて重たいクルマになりそうな予感がするからである。前回ネタにしたGRヤリスみたいにエボ1~3を髣髴とさせるような小型軽量ハイパワーでQuickなクルマを出してくるなら話は別だけど、今の三菱にそんな技術があるとは思えんのである( ̄~ ̄)つまり出たとしてもセカンドカーとして買う確率は非常に低いし、精々このブログで試乗ネタにするぐらいである(爆)

*セカンドカーとしてのインプ&ランエボ
 そう、ワタクシが今一度インプ&ランエボに戻るとしたら、ソレはセカンドカーとしての需要である。ワタクシがセカンドカーに一番求めてるのは何かって、小型軽量である事である。仕事の都合で狭い道や小さい駐車場を使う事が間々あるし、サバゲーフィールドとかに行くにもある程度小さい方が実は便利なのである。あとセカンドカーでメインに走る事になるのは筑波1000だとか筑波2000だとかの2000m以下のコースであるため、排気量や馬力はあり過ぎると逆に面白くなくなってしまうのである。そう、VABだとかCZ4Aだとかは、ワタクシがセカンドカーとしてはデカ過ぎるのである。


CARトップ ランエボ VS WRX

 ただ逆に言えば、ソレさえ満たしてくれるのなら、ワタクシは再度WRX-STIに復帰しても良いって事である(笑)GDB降りた時はスバヲタ連中とのやり取りで色々と嫌気が差してて「もう二度とインプなんか乗らねーぞo(*`ω´*)o」って思ってたモンだが(爆)アレからもう12年経ってるのである。流石にそんだけあれば頭も冷えるし考え方も変わるので、もう一度乗っても良いかなって思ってしまうのである。でもVABレベルの大きさだとセカンドカーとしては使えない&デカくて重いとコストも結構かかるから、もう少し軽く小さくしてねってだけの話である。クルマに目覚めてから15年、ホント色々と変わったなと思い知らされる今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200908235834j:plain

SYNDICATED MURDERERS

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「大多数の人々は保守的であり、新しいものを中々信じようとしない。だが現実の多くの失敗には辛抱強い」
By トーマス・カーライル

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*悩む理由が値段なら買え、選ぶ理由が値段なら買うな
 上記の言葉は、ワタクシが何かを買う時のジャスティスである(笑)どういう事かって、値段で悩むって事は「ホントは欲しいんだけど(´ヘ`;)」って考えてるのと同時に「買おうと思えば買えるんだけど」って打算があるからに他ならないのである。もしも高過ぎて買えないなら、抑々欲しくはならんのである。でも値段で選ぶって事は、その根底に「ホントは別のが欲しいんだけど、こっちの方がお得だから(;´∀`)」って妥協があるからなのである。だったら少し背伸びして買って、ソレを大事に長く使えば、結果的に満足度もコスパも高いのである。妥協して買ったモンは大事にする気が起こらないから、早々にダメになって結果的にコスパが下がってしまうのである。


【名言】迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ

 でもって趣味人にとって高くても欲しいと思わせるのは何かって言えば、ワタクシは「将来性の高いモン」と答える次第である。ワタクシが最初のR35を購入した一番の理由がソレである。今までに無かった全く新しいタイプのスーパーカーであり、コレは間違いなくニッポンだけでなく世界中のクルマ界に旋風を巻き起こす一台となる、国産スポーツカーの在り方がガラリと変わるかも知れない。そう考えると「コイツが欲しいッ!クルマの新しい歴史をコレと共に歩むんだッ!ワタクシが、ワタクシ達が未来なんだッ!」って居ても経っても居られなくなるのである(笑)ンでもってアレから12年、結果は・・・まぁ都合の悪い事は忘れてしまうに限るのである(爆)

*ファスト&クイック
 クルマには2通りの速さがあるのである。1つは最大出力と最高速に重点を置いた、ニュル北みたいな大型サーキットで猛威を振るうFastな速さである。そして2つめは小型軽量さと旋回力に重点を置いた、ワインディングや小型サーキットで猛威を振るうQuickな速さである。つい先日正式に発売が始まった【トヨタGRヤリス】がどんなクルマかと問われたら、間違いなく後者であろう。車重1.3t以下で4WDで272馬力のトルク37.7kgm。前後オーバーハングは短く切り詰めてあって、エンジンも3気筒だから軽くてレスポンスもある。こんなん絶対Quickに決まってるのである。インプとランエボの正常進化系がコレだと言っても過言ではないのである。


新型車GRヤリスへのモリゾウの想い

 ワタクシは常々「大型化高出力化してFastさを競ってもスバルの技術力やブランド力じゃ欧米の連中に太刀打ちできんから、WRX-STIGC8に原点回帰してQuickさを追求すべし」と言っていたのだが、その理想的な小型4WDスポーツの理想形がこうやってマジで顕現したのであるから、そりゃ元GDB乗りとしてはワクワクせずにはいられないのである( *゚∀゚)=3実際に運転してみてハンドリングは如何なのか、筑波1000筑波2000でどんだけのタイムが出るのか、ワタクシ自身で試してみたいって事が色々あるのである。確かにお値段は一番良いので456諭吉と決して安くは無いが、将来性がソレを上回ってるのであるo(*´∀`*)o


【試乗】GR YARIS を色々試して 乗りまくりました

 ただだからと言って「マジかよ糞ND売ってくるッ!」とはならないのである(笑)我がNDが5年5万2千キロ経った今でも全然衰え知らずで、性能的にも未だ発展の余地があるってのもだけど。完全新規のクルマの最初期型って大概地雷だからである。大体初期型の諸問題は発売2~3年後の最初のマイナーチェンジで改善されるだろうし、その頃にはオーナー達のサーキット走行インプレが出揃って長所短所も分かってくるし、2~3年もあれば社内社外から様々なカスタムパーツやチューニングメニューが充実してくるから、コレの購入を検討するとしたらその頃が最適なんじゃないかと思うのである。

*次期型に期待
 マイナーチェンジ待ち、まだまだ乗れるってのもそうだけど、やっぱNDって何だかんだ良く出来たクルマである。パワーが足らない、エアコンの効きが弱いといった欠点は確かにあるが、でも精々ソレぐらいであり、積極的に乗り換えるには理由が弱過ぎるのである。でもって利点の方はどんだけあるかと言うと:

  • ハイオクだけど、燃費は16.5~13.0Km/Lとスポーツカーにしては相当良い
  • 小型だから消耗品の値段も安く済む上に、軽量だから消耗も少ない
  • サーキットで20分間全開走行しても大丈夫で、適切にメンテしてりゃ壊れない
  • 狭い道も楽だし、駐車スペースにも困らない
  • 何年経ってもやっぱオープン走行は気持ち良いし楽しい
  • 結構荷物積めるんで、思った以上に収納に困らない
  • 車体の素性が良いんでコントロールし易く、ウェット走行も怖くない

こんだけあるので、欠点が多少あっても簡単に相殺されてしまうのである。軽量フライホイールの導入だとか、足回りのオーバーホールに際して仕様変更するだとか、やれる事や試してみたい事は意外とまだあるんで、買い換えるのはソレを全て試してからでも良いんじゃないかと思うのである。

 だからまぁ何ちゅーか、次期型ロドスタ(NE型?)が正式発表されるまで待っても良いんじゃないかとも思ってるのである。何だか巷じゃ2022年or2024年に出るとか、量産型カーボンが用いられて900kgまで軽くなるとか、1.5リッター3気筒だとかロータリーだとか色々言われてるが、まぁそんなのが当たった試しは無いんで、余計な期待はしないに限るのである:

2022年マツダ・ロードスター次期型が登場。パワートレインはハイブリッドで決定!?

マツダ 新型 ロードスター(NE)SKYACTIV-X 1.5搭載!超軽量ボディ・日本発売は2022年
NE型が正式発表された後にGRヤリス(及びその他目ぼしい車種)と比較して、その上で次期セカンドカーを考えていけば良いと思うのである。まぁクルマに関しては余計な事を彼是考えるよりも「欲しいと心の中で思ったその時には、もう既にハンコを押していた」って状態が一番望ましいので(笑)自然体に任せるのが一番だと改めて思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200906235244j:plain