アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更には元GT-R(911納車待ち)&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

FINAL TRANSMISSION

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「売れない理由を相手に押しつけちゃいけない。売れない理由を不景気のせいにしちゃいけない。売れない理由は必ず社内にある」
By 上田研二

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*夢が夢で終わらない初代
 初代NSXの何が良かったって、世界初のオールアルミモノコック採用といった最新技術の数々や、スーパーカーなのに運転し易くて雨の日も乗れて壊れない利便性もだけど、何よりも最下位グレードが800諭吉だった事だとワタクシは思うのである。どういう事かというと、特別裕福でなくともソレなりに稼げる職種の人間であれば、背伸びして買える値段だという事である。当時はバブル期だったから、NSX買うために貯金して頑張りまくったホンダファンは結構居るのではないであろうか。そう、ギリギリ手が届くからこそ夢が夢で終わらないのであり、終わらないからこそ夢を見続けられるのである。

youtu.be

 そう、何とかギリギリ手が届くからこそ夢を諦めなくていいし、手に入れた時の喜びは凄まじいモンになるのである。現にR35はちゃんと素モデルを残してるし、ポルシェもボクスター&ケイマンからステップアップできるようになってるし、フェラーリランボルギーニは残価クレジットの残存率が其々75%&62%とクソ高いから、年収1000諭吉以上で独身ならばワンチャンあるのである。ソレでも厳しいと思うなら中古車もあるから、夢を諦めなくても良いのである。ワタクシのようなロクデナシですらそのレベルの年収は何とかなるんだから、気合さえ入れれば99.99%のロンマニアの皆様は余裕であろう(笑)

*夢が夢で終わる二代目
 こう書けば、2代目NSXの何がダメだったかが分かるってモンである。ホンダファンの99.99%が手の届かない高価格だから夢が夢で終わってしまうのに加え、その価格帯に手が届く富裕層のクルマ好きに響くモンが無いのである。新時代への挑戦?数字には表れない走る楽しさと喜び?ソレを他のブランドが追求してないとでも思うのかって話である。だから全然売れないし、その結果【2022年いっぱいで生産終了】になっても至極当然としか言えないし。噂のTypeSとかやらに関しても「全く期待してないし、半額で売ると言われても欲しくないんで、ソコんトコ安心して~(´σ_` )( ´_ゝ`)σ⌒゚」が正直な感想なのである(笑)

youtu.be

 コレを観て何をどうワクワクすれば良いのか、上級者向け過ぎてワタクシには理解できない次第である(笑)ココでもしニュル北の風景映して”6:29.78”とか書かれた電光掲示板をチラ観せするなりすれば、ワタクシも「マジかよ糞GT3キャンセルしてくるッ!」ってなってたかも知れないが(爆)残念ながらそんなモンは無いし、今のホンダにそんな事は出来ないであろう。精々専用エアロや専用インテリア幾つか入れて、少しだけサス硬くして足回りのセッティング変えて動きをシャープにして、ソレを「ホンダらしい走りの楽しさの追求」とかいう謳い文句載っけてお終いであろう┐(´д`)┌

youtu.be

 この動画で黒澤ガンさんが言ってる事が正にソレであるが、最初から細かいトコまで全てを完璧に仕立て上げられるメーカーなんて何処にも無いのである。911コルベットも最初は問題だらけで、ソレを何十年と開発し続けて、何回もフルモデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返して、ソレでやっと隙の無い長所を伸ばし切った名車が誕生するのである。初代を熟成させずに生産終了にして、11年振りに復活してもまた生産終了にする。ソレで名車が生まれる事なんて、断言しても良いが無いのである┐( -"-)┌名車ってのは技術だけではなく、経験と試行錯誤も無ければ生まれ得ないのである。

*夢にすら現れない三代目
 じゃあ熟成されてない、新規車種のスーパーカーを売るにはどうすればどうすればいいかって、方法は2つあるのである。1つ目は「メチャクチャ安くする事」で、2つ目は「アホほど速くする事」である。R35の何が秀逸だったって、ソレを2つとも満たしていた事がである。その2つがあるから「失敗しても良いから乗ってみたいッ!」ってなって、乗ったから出来の良さに気付いて貰える&ソコからのフィードバックも多数入ってくるから熟成が進み、その結果【NSXよりも高価な最新モデルが発表と同時に完売】という事に繋がったのである。

youtu.be

 水野和敏氏は世界的にはGT-Rは無名&スーパーカーの世界じゃ新参モンだって事を十二分に分かってたからこそ、ブランド力に頼らない売り方やアピールに必死だったのである。途中で水野氏が抜けちゃった経緯にゃ色々あるんだけど、でも結果として2464諭吉のクルマをバカスカ売る事に成功したんだから、実に大したモンである。そう、ホンダの最大の過ちは何かって、テメェ等のブランド力を過信し過ぎてた事である。売れるモンが全て良いとは思わんが、でも売れなきゃ次が作れんし、次が作れなきゃ熟成もされない。やっぱ良いクルマは売れるクルマの事なんだと改めて思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210805233138j:plain