アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

INTO THE VALLEY OF DEATH

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「前例がないからこそ、自分の場所がある。前例があるってことは、話題にならないってことです」
By 宮本亜門

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*ネットde真実?
 ネットは簡単な情報を探したり、軽く楽しく対話する分には丁度良いけど、決してガチでマジになる場所ではない。ワタクシもネットを使うようになって長年経つのであるが、改めてそう思うのである。ちゅーのも、有名ラーメン屋の秘伝のタレのレシピみたいな超重要な情報ってのは、ネットの中には決して存在しないからである。ガチのマジで重要な情報や知識ってのは、今も昔も人から人へ直接伝えられるモンだからである。だからネットで正義だの真実だのを説くヤツは信用するに値しないし、匿名でソレを語ってるヤツは尚更である。昔も今も、そしてコレからも、ホントに大事な事を知りたいのであれば直接出向くしかないのである。

 ソレでも尚、ネットに真実と正義を追い求めるヤツって少なくないのである( ´△`)曰く「一般メディアは権力者や大企業の息がかかってるから信用できないッ!」「世の中バカばかりだッ!」って言って、ソコから「そういうのに左右されないネットの中にこそ真実があるッ!」とか「自分と同じようなヤツがネットには大勢居て、ソイツ等と連帯すればッ!」ってなるのである。でも実際はテメェに問題があるからリアル社会で上手くやってけない場合が大多数であり、ちょっと話し込めば簡単に化けの皮が剥がれてしまうのである。繰り返し言うが、ガチのマジで重要な情報や知識ってのは、信用できる人間にのみ直接伝わってくるモンなのである。


*聖域侵すべからず
 だからネットで話題の100日後に死ぬワニ(以後100ワニ)も、実は大して注目してなかったのである。でもってその100ワニが最近色々と叩かれてるっぽいが、そりゃ当然である。例えばの話、とある人気ミュージシャンが癌を患って、闘病生活に入って、その結果亡くなったとしよう。その亡くなった当日か翌日にプロダクションのシャッチョとか遺族とかが記者会見をして「ラストライブDVD発売」「全生涯ベストアルバム発売」「ドキュメンタリー映画化決定」とか大々的に発表したらどう思うよって話である(笑)まぁ100ワニ自体が典型的な使い捨てコンテンツ→速攻で飽きられるのは火を見るよりも明らかだから、売る方も速攻で売らなきゃ元が取れんと考えたのであろう。


100日後に死ぬワニ:全100話

 まぁこの件は行き過ぎた商業主義が云々、電通案件だった云々もあるけど、一番はやっぱ「聖域を侵されたのが気に食わなかった」んじゃないかと思うのである。上記にも書いたように、一部の人間にとってネットやSNSってのは「権力者や大企業に支配されてない自由で公平な空間」なのである。ソコに電通とかいう、ネットに居場所を求めるヤツ的に言えば「合法的なゲッペルス」みたいな連中が入り込んで工作しててアッサリ釣られちゃったんだから、そりゃ怒髪も天を衝くってモンである(笑)そりゃ向こうだって広告や宣伝といった人心掌握のプロなんだから、ネットやSNSを利用するぐらいやってのけるに決まってるのである。


100日後に死ぬワニ 最終話公開後のテレビのニュース

 まぁこの件でワタクシ的に思う事があるとすれば「売り方が拙かった」って事である。何ちゅーか、新サクラ大戦と一緒である(笑)メインであるゲームが売れるかどうかも分からんのにアホみたいに広告しまくって、ゲームが発売される前にアニメ化やマンガ化や舞台化が決定してるとなれば、そりゃ逆に「テメェ等のカネ儲けに付き合ってやるモンかコンチクショー凸(`Д´メ)」ってなるに決まってるのである(爆)ただ広告代理店が絡んでた事に関しては、コレは無問題である。ちゅーのも今時、広告代理店が絡まない方が逆に珍しいからである。古人が「餅は餅屋」と言ってるように、宣伝は代理店に任せるのが何だかんだ一番確実で安全だからである。

*他人が何が好きかで自分を語れ
 ただまぁ、こういう広告攻勢やグッズ攻勢が何を意味してるのか、何となく分かる希ガスのである。ソレは「”流行に遅れてはならない”という焦りを作るため」である。よーするに、集団主義者を引っ掛けるためにやってるのである。集団主義者ってのは以前も述べたけど、自分の意見よりも周囲の空気を優先して選ぶのである。つまり集団主義者にとって重要なのは「自分が何を好きか」ではなく「隣のヤツは何が好きか」で買うモンを選ぶのである。趣味や趣向を合わせれば仲間意識が高まり、より集団とシンクロし易くなるからである。集団主義者にとってシンクロは重要であり、孤立は死に等しいからである。

個人主義 集団主義
自己を確立していて、メンタルが強く、どっちかというと賢い 自己を確立してなくて、メンタルが弱く、どっちかというと賢くない
人間を独立した個人として、一人ずつ違う見方をする 人間は「テメェの側の人間」か「余所者」の二択
同じ所属の人間でも意見の相違はあって当然 所属が同じなら意見も同じでなければいけない
意見を違える他人とも妥協できるし尊重も出来る 他の意見はテメェ達の団結を乱すから聞きたくない
去る者は追わず来る者は拒まず 去られると勢力が落ちるから徹底的に反対する
何らかの基準を絶対視しない 団結の為に絶対的な大義は必要
自分等のイデオロギーに対する不断の訂正と改良を良しとする 団結力を高めるためにもテメェ等のイデオロギーは不変で普遍でなければいけない
イデオロギーよりも個人の幸せ イデオロギー通りの世の中の為ならば個人の犠牲は仕方がない
たとえ大義の為でもルールは曲げてはならない 大義の為ならばルールを破るのも致し方が無い
自分の界隈以外にも世界は広い 基本的にテメェ等の界隈以外はどうでもいい
絶対的な正義は無く、法律とマナーを守れば後は自由 たとえ公的な記載が無くとも、テメェ達のコンセンサスが常識であり正義であり全ての基準
孤立してしまっても何とかなる 孤立は死に等しいので、何が何でも集団にしがみつく

 よーするに集団主義者の中で誰か一人でもソレを手にすれば、他のヤツも「遅れてはならないッ!」って焦りを感じるようになって買ってしまうって事である。更に言うと「俺はココまで搔き集めたんだから、皆驚いて俺を讃えてくれる筈ッ!」っていうモノ自慢が始まってくれれば実にありがたく、アイドルの握手券のソレみたいに集団主義者同士のマウントの取り合いが始まってくれれば、売る側としては最高に喜ばしい状況なのである。他人に騙されたくない、他人の操り人形になりたくないと思うのであれば、他人の意見は気にせずに自分の頭で考えた答えを優先すること。情報があふれかえる今、個人主義の重要性を再認識した今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20200324235336j:plain