アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更には元GT-R(911納車待ち)&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

SIX SONGS WITH THE DEVIL

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「大馬鹿者はロレックスを売る。天才はロレックス流のライフスタイルを売る」
By トム・ピーターズ

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*R35降りたンだわ
 前に乗ってた08年モデルR35が納車されたのが2008年の8月。ソコから13年と3ヶ月に渡ってR35を乗り続けたワタクシであるが、サブタイにもあるように遂に降りたのである。乗ろうと思えばGT3納車前の4月ぐらいまで乗れたのであるが、2月に車検があるのと、その時までにガソリン代や保険代やその他諸費用諸々も払い続けなきゃならないのと、いくら中古価格が高騰してるとはいえ数ヶ月でソレ等諸費用を上回る売値が得られるとは思えなかったので、生産枠が確定した11月いっぱいで手放す事を決断したのである。

 7年(正確には6年と9か月)乗って、走行距離は3万6000キロほどで、売値は900諭吉ポッキリである。買値が1505諭吉だったから、残価率は6割ほど。11月上旬にGT3の正式注文した際に査定して貰ったらこの額が出たので、即座に売る事を決断した次第である(笑)何ちゅーか売ると決まったら「万が一に事故事件に巻き込まれたらどうしよう(;´Д`)」って心配が出てきて安心して乗れなくなってしまうので、精神衛生上の理由でも早めに手放した方が良いと思ったのである(爆)あと数ヶ月待てば売値が更に100~200諭吉アップするってなら話は別だが、多分そんな事は無いであろう。

*NISSAN車、爆ぜる!!
 あくまで直感であるが、こういうのって株とかと同じなのである。欲の皮を突っ張らせて「もう少し待てば更に上がるかもッ!」って我慢すると、そういう時に限って上がらないか逆に値下がりするのである(笑)この手の売買に詳しくないのであれば余計な事を考えず、素直に売っちゃった方が得すると思ったのである。さて話は変わって、と:

youtu.be
面白そうな特集なんだけど、日産車降りた後なんだよなコレが(笑)まぁ日産に限った話じゃないが、国産スポーツカーの黄金期を支えた90年代スポーツカーも一番新しいヤツでも既に20年前の車種であるが故に「弄りよりも維持り」になってしまい、最近じゃサーキットでも殆ど見なくなってしまってるのである( ̄~ ̄)何ちゅーか、チューニング業界も斜陽が更に進んだ感じである。

youtu.be
実はワタクシ前作の「陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!」は結構好きだったのである。残念ながら打ち切られてしまい、続編のコレも途中までは追いかけてたけど途中で読まなくなってしまい、つい最近連載が終了した事を知ったので「んじゃあ読んでみるか」ってなったのである。今は電子書籍の時代だから、集めるのも読むのも楽で捗るのである。

*ノーモアカーボンバンパー
 コレにてワタクシのR35ライフは幕を閉じたのであるが、その13年の間でワタクシが強く心に思った事は「バンパーがカーボンのクルマはもう二度と乗らねーぞッ!」って事である(笑)コレが生産できなかったせいで納車が1年も遅れるわ、壊したら直せない上に高価だから保険使わなきゃならなかったわ、そして今回はコレである:


フロントリップとディフューザーが損傷していたため、その分だけ売値が落ちてしまってたのである(´・ω・`)ソコでワタクシは「もし損傷しなかったら幾らぐらいになってた?」と聞いたら「1100諭吉ぐらい」という答えが返ってきたのであるorz更に「その上走行距離が1000キロ以下とかだったら?」と聞いたら「1200諭吉、或いはもっと」という回答が返ってきたのである (´;ω;`)やっぱR35NISMOは乗っちゃダメである(笑)因みにGT3はソコんトコ良く考えられてて、リップ等の擦るトコはFRP製で、フロントリフトをオプションで選べる&ワタクシも選んだ次第である。

 ただワタクシとしては、もしもスーパースポーツカーに興味をお持ちのロンマニアの方がいらっしゃったら、ワタクシはやはりR35を強くオススメする次第である。R35だけでも十分に満足できる、国産車だから信頼性が高い上に修理やメンテが比較的簡単ってのもあるけど、一番はやっぱり「乗ると世界観が変わる」というトコである:
youtu.be
youtu.be
確かにR35は本体も消耗品も高いけど、何故高いのかを知ればクルマやモノに対する考え方が全然変わるし、そういうのが分かる人達と同じクルマを介して出会う事で人脈がグッと広がるし、その知識と人脈が更なるチャンスを呼び込むのである。そういうカーライフのキャリアアップを成すのにおいて、R35は最初の一歩として最適なのである。知識と人脈とチャンスが無けりゃ、どんな優秀な人間でも出世できない。世知辛いけどソレが真実な今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20211127234443j:plain