アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

ROCK & ROLL IS DEAD

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「コンフォート・ゾーン(comfort zone)を超えよ。コンフォート・ゾーンとは、そこにいれば安心できる慣れ親しんだ場所のことである」
By 梅田望夫

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*世代交代に必要なモノ
 本日は年に一度の【R's Meeting2019】の日である・・・のであるが、残念ながら今年は珍しく平日開催という事もあり、仕事の都合故に行けなかったのである(´ヘ`;)今回はGT-R誕生から記念すべき50周年&ひょっとしたらR35で参加する最後のミーティングになるかもだっただけに、少しばかり残念である(´・ω・`)でも良く考えてみたらGT-Rって世代交代する毎に基本コンポネントが全然変わってるってトコが珍しいと思うのである。ポルシェ911なんかは初代も現行も基本構造は同じであるが、ハコスカGT-RとR35は全く別の乗り物だからである:

【GT-R】 #NissanGTR 50周年記念車イメージ映像
BNR34→R35の時に「スカイラインじゃない?MT無い?777諭吉?ンなモンGT-Rじゃねぇッ(`д´)」って言われてたように、多分ケンメリGT-RBNR32の時も「4WDだぁ( ゚Д゚)ンなモン邪道だ認めらんねぇッ(`д´)」って声が大きかったんじゃないかと思うのである。でも今じゃ、第二世代も第三世代もちゃんとGT-Rと認められてるのである。何故受け入れられたのかを考えてみたのであるが、やっぱ「走りが良かったから」だと思うのである。

 そう、先代から大きく方向転換しようと思ったら、古いファンの反発は絶対に起こるのである。ソレを「そうするだけの価値はあった」と言わせるためには、先代よりも圧倒的に良いモンを提示して「だから大掛かりな方向転換が必要だったんです」って説得するしかないのである。そうすれば古いファンが新しいモンに来てくれるし、失ったとしてもソレ以上に新たなファンがついてきてくれるし、新しいモンに納得できなくても応援はしてくれるのである:

スカG伝説の再来!R32GT-Rが成し得た偉業、29連勝を支えた驚異のポテンシャルに迫る!

日産GT-R登場の瞬間
そう、世の中「結果が全て」なのである。クルマの場合、より良い走りを提示する事さえできれば、世代交代に伴う大きな変化は許されるのである。GT-R然り、空冷から水冷になったポルシェ911然りである。今はコルベットがFRからMRに変わった事が大きな話題となっているが、コレも走りさえ素晴らしければ許されて受け入れられるだろうとワタクシは思うのである。

*ゲームは面白さが全て
 セガサターンの初代サクラ大戦をやった時の衝撃は、今でも明確に思い出せるのである。試験前のちょっとしたストレスを解消する目的で先輩から借りたソレをプレイした途端、脳ミソを44マグナム撃ち抜かれたような衝撃を受けたモンである。小一時間ぐらいやるつもりだったが、気が付いたら16時間ぶっ続けでプレイしてしまってて、当然の如く3日後の試験は落第してしまったのである(笑)もしも「人生を変えたゲームを幾つか挙げろ」と言われたら。間違いなくその1つにコレを挙げるであろう:

セガサターン サクラ大戦
その後5までシリーズが続き、何時の間にか10年以上新作が出なくなったと思ったら。突然【新サクラ大戦】という名前で続編が出たのであるから、そりゃビックリしたモンである( ̄□ ̄;)ホントなら全身の孔という孔から体液を激しく噴射させて喜ばなきゃならないんだろうけど、何故か知らんがそういう気持ちが微塵も湧かないのである('A`)全く興味が無いというワケではないが、その前にやりたいゲームが7~8本ほどあるため、実質やりたくないと言ってるようなモンである(笑)

 何が気に入らないかって?確かに久保帯人のキャラデザインが合わないというのは事実だし、でもBLEACHが海外のオタクに人気があるって事を考えると、グローバル化が当たり前の今の世の中的に仕方ないと思うのである。あと戦闘パートがシミュレーションからアクションに変わった事も、今の時代の流れ的には仕方ないと思うのである。上記GT-Rのソレでも言ったけど、古いファンを切り捨てる事は悪い事じゃないのである。重要なのは「先代を遥かに超えているか否か」であり、ワタクシが疑問視してるのは正にソコなのである:

PS4『新サクラ大戦』ストーリートレイラー

PS4『新サクラ大戦』ゲームトレイラー
このムービー見た時、ワタクシは愕然としたモンである(-_-;)もうPS4も末期に差し掛かってて、来年末ぐらいにはPS5に移行するだろうというのに、このPS3レベルのグラでゲームしなけりゃならないのか、と(-ω-;)セガの開発レベルに低さにも涙が出てくるのであるが、ワタクシは旧サクラの大ファンだからこそ余計に悲しくなるのである(´;ω;`)

 グラがそんなに大事かって?大事に決まってるのである。特にキャラクターの魅力を前に押し出すタイプのゲームってのは、グラの良さが殆ど全てを決めると言っても過言ではないのである。旧サクラの何が凄かったかって、アレはあの当時の世界トップクラスのグラ技術を注ぎ込んで作られたモンだったからである。そのグラの迫力に、有無も言わさず作品世界に引き込まれるのである:

サクラ大戦3 OP made by Production I.G 高画質 (HQ)
だから当然旧作ファンとしては、新サクラにも世界トップクラスのグラ技術、つまり洋ゲーのソレに負けず劣らずのモンが注ぎ込まれてる事を期待してたのである。何故ならそうしなければ、旧サクラを超える事なんか出来ないからである。あの時代とは違って、今は洋ゲーが台頭しまくっていて、ソレとも比較される時代になってるのである。ワタクシは旧作の大ファンだからこそ「和ゲーなんだからしゃーない」って言い訳を聞きたくなかったのである。

*グローバルなゲーム時代
 そう、問題は新サクラがつまんなさそうなトコではないのである。他の洋ゲーが面白そう過ぎて、新サクラが霞んでしまってるトコにあるのである。だから新サクラが発売されたとしても、ワタクシの優先順位は洋ゲーであり、その洋ゲーが余りにも面白そうなモンが多過ぎるため、新サクラの順番が回ってくるのが相当遅れてしまうだろう事が予想されるのである。でもってその頃にはネタバレも多数出回ってしまってて、余計にやる気が削がれてしまうのである(笑)

サイバーパンク2077 — 日本語吹替版シネマティックトレーラー

『ゴーストリコン ブレイクポイント』 ウィーアーウルブズトレーラー
コレ等を観た後に上記の新サクラのトレーラー観ると、ワタクシが何故泣けてくるのかが理解できると思うのである(笑)洋ゲーはグラだけが良いと思われがちだけど、ソレは洋ゲーをやった事の無いヤツの意見である。グラにこんだけの技術を注ぎ込めるのなら、当然他のトコにも同様の技術が注ぎ込まれてると考えるのが無難なのであり、実際洋ゲーの方がゲームの内容もシッカリしてる場合の方がワタクシの経験上多かったのである。

 最近は和ゲーも相当頑張ってるようだけど、やっぱ一度できた技術のギャップは思った以上にデカいと言わざるを得ないのである。洋ゲーに対抗できる技術を持ってるのはほんの僅かであり、多くは洋ゲーの形や見た目だけを真似て、肝心の中身をおざなりにしてしまってるのである。ワタクシが期待してる数少ない和ゲーの1つがコレで、今度こそMGS5では成し遂げられなかったガチなオープンワールド和ゲーを見せてくれる事を期待しているのである:

『DEATH STRANDING』日本語音声・日本語字幕 / ブリーフィング 4K

デス・ストランディング 49分間の最新ゲームプレイ映像 - TGS 2019
何ちゅーか、改めて新サクラのショボさが際立ってしまうのである(笑)同じ和ゲーなんだからコレぐらいやってほしかったのであるが、やっぱ今のセガじゃムリなんだろうなって思うのである( ̄~ ̄)新サクラはマルチ展開するつもりらしいが、肝心のゲームがコレじゃ先が思いやられるって話である┐( -"-)┌まぁワタクシがどうこう言っても変わるモンじゃないので、大人しく諦めようと思う今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20190914235613j:plain