アスペルガー医師ロンの日常

医師でもあり、アスペルガー症候群当事者でもあり、更にはGT-R&ロードスター乗りでもあるワタクシのささやか(?)な日常

WELCOME TO THE OTHER SIDE

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m

「ここで責任は止まる。責任の転嫁はしない」
By ハリー・トルーマン

 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


オープンワールドゲームと主体性
 誠に残念な事に正月休みももう終わりなので、当ブログも通常方式に復帰する次第である。で、ワタクシは年末年始どうしてたかって、答えは「家で只管【アサシンクリード・ヴァルハラ】やってた」である(笑)初走りって事で元旦はちょっとしたドライブしたが、精々その程度である。今は新コロでアレだし、生業上迂闊に風邪ひく事も出来ないんで、家で只管ゲームしてるのが安全かつ確実なのである。まぁ今回のアサクリも面白いし、悪くない選択だとは思うのである(笑)

【吹替版】『アサシン クリード ヴァルハラ』ストーリートレーラー
オープンワールド(以後OW)ゲームにハマるようになってもう10年以上は軽く経っているが、やっぱ今でもOWは楽しいし、各メーカーも魅力的な作品を出し続けているのである。そんな中【指示されないと何もできないと楽しめない人々】って記事が出てきたけど、ワタクシの知る限りOWを楽しめないヤツの相場は決まっているのである。ソレは「主体性の無いヤツ」である。

 OWのの醍醐味は何か?ワタクシの答えは「責任を楽しむ事」である。殆どのOWは何でも出来るというワケではなく、どんな行動にも必ずメリットとデメリットがあるのである。プレイヤーは自身の行動のメリットとデメリットを計算し、メリットを享受すると同時にデメリットを喰らってしまうのである。そしてデメリットを喰らったら次は「どうやって挽回するか」を考える。その試行錯誤が楽しいのである。

自主性と主体性の違いとは?
そうOWは「どう楽しんだらいいか分からない」のではなく「楽しみ方は自分で見つける」のである。和ゲーマーの多く「自由度が云々」ってのは、大概の場合自主性なのである。でもOWに求められてるのは、自主性ではなく主体性なのである。ニッポンでOWが中々流行らんのも、この主体性って考えが中々根付いてないからだと思うのである。主体性が無くてもソレなりに生きていける、ソレはある意味ニッポン社会の長所であり短所でもあるのである。

*新コロワクチンと主体性
 ニッポンは豊かで殆ど全ての人に生存権をガッツリ保証できる&文化的に「和を重んじてナンボ」の国だからこそ、逆に主体性が育ち難いのである。流れで何となく付き合う友達を選んで、流行に流されて何となく趣味を選んで、偏差値で何となく大学を選んで、有給云々で何となく就職先を選ぶ。そんなヤツ、ロンマニアの皆様の周りにも結構居るのではないであろうか。でもニッポンだとそんなヤツでも余程のバカやらかさなければ食うに困る事が無いから、そういう人生を選ぶ事の危機感が無くなってしまうのである。コレがアメリカとかだったら、主体的にガンガン学んで働くヤツに美味しいトコを全部持ってかれて、主体性の無いヤツは職を追われてナマポ生活まっしぐらである。


【ひろゆき】これから日本は超格差社会になる!?

 でもってニッポンも確実に、てゆーかもう既に片足突っ込んでる状態である。でもってそういう風に惰性で生きてきたヤツが一番嫌うのは何かって、他ならぬ「デメリットを享受する事」である。テメェのやりたい事が分からず、やりたい事をやる際のメリットやデメリットをロクに考えた事が無いから、義務や努力や苦労を「押し付けられたモン」としか感じる事が出来ないのである。押し付けられたモンなんだから当然ながらイヤなモンは最小限にしたいのであり、デメリットを最小限にしても「お上は俺に無理難題押し付けてくるッ!」としか感じられないのである。新コロワクチンに対して「副作用ガー」って騒ぐヤツは、多分こういう主体性の無いヤツなんだろうなとワタクシは思うのである。


「新型コロナ」ワクチン期待も“寒気感じた…” 副反応は?(2020年12月16日放送「news every.」より)

 そう、主体的にテメェ自身に対して起こるあらゆる可能性のメリットとデメリットを考えて計算できないから、僅かなデメリットに対しても怯えるのである。怯えるだけでなく「もっとデメリットの無い方法考えてよッ!」って何も考えず上に丸投げするから、尚更性質が悪いのである┐(´д`)┌でもそんな質の悪いヤツでも主体性バリバリな人と同じ価値の一票を持っていて、しかも数が結構居るから、企業やマスコミや野党政治家が放っておかないのである。そういう無主体なヤツ等に近付いて「貴方は悪くないッ!悪いのは勝ち組や富裕層や与党政治家なんだッ!」って煽り立てて、票やカネや労力を奪った挙句に見返りを何も与えないのである。

*民主主義と主体性
 別にニッポンに限った話ではなく、先進国になってあらゆる社会インフラやサービスが充実すると、こういう無主体なヤツでも生きられるようになってしまうのである。更に言えば、敢えて無主体に生きるヤツだって出てしまうのである。無主体なヤツはやがて無主体なヤツと結ばれ、結果として生まれた子も無主体になってしまう。そう、何故欧米が階級社会になってしまうかって、つまりそういう事なのである。よくニッポン人が「欧米は労働時間や労働者の権利が保証されて云々」って言うが、アレは無主体なヤツを企業やマスコミや野党政治家が上手く甘やかした結果なのである。詳しくは【欧米には日本人の知らない二つの世界がある】を参照して欲しいのである。


【ひろゆき】イギリスが階級社会なら日本も階級社会。Ch’ti Saisonを呑みながら 2019/08/22 J01

 そう、何故欧米の労働者はソコまで手厚く保護されてるかって、上の階級の人間が「主体性の無いヤツはそのままでずっと単純労働を提供してればソレで良い」って見放してるからである。アメリカはまだ「主体性と実力あればワンチャンあるよ」ってアメリカンドリームが残ってるけど、欧州はほぼ完璧に分断状態で、下の人間を上手く宥めて気持ち良く下っ端労働を一生やってもらう状態である。そうなるとどういう結末が待ってるかって、フランスとギリシャが正にソレなのである。ニッポンは格差社会になるのは避けられなくても、階級社会のドツボにはハマってほしくない。そう願って止まない今日この頃であった。

f:id:LiongHMD:20210103234749j:plain